ヨガから始める手放し上手 — 吉良さおり編集長コラム

− From Editor in Chief

ヨガから始める手放し上手

私が思い出したようにヨガや瞑想をするのは、特に意識はしてないけれど、多分何かモヤモヤなどをリリース(手放す)したい時だと思います。大体はまだ子供が寝静まっている早朝か、眠りについた夜、しかもかなり時間にゆとりがある時しか気が向きませんから、今は週に1度ぐらいそんな時間が作れればいいかな、という程度です。多くのママがそうであるように、小さな子供がいると、自分と向き合える時間を作るのは難しいもの……、そう思っていました。それはとてもごく最近まで。それが本当にふとした時に、“もしかしたら、時間軸は自由に動かせるかも!?”と思ったのです。

そもそも私がいつも何かを思いついたり、気づいたりするのは、決してヨガや瞑想をしている時ではありません。かつて仏陀が“瞑想では何も悟れなかった”と云ったのは、もしかしたらそういう事だったのかな? とも感じています。ですから私にとってヨガや瞑想とは、単にココロをクリーンに透明にするためだけのものなのかもしれません。例えばダイビングなどで海の中に潜った時、海の水が濁った状態では周りはほとんど見えませんが、透明な海の中では、実に遥か遠くのものまで見渡せますよね。ですから人間のココロというものも、きっとそんな海と同じような仕組みなのでは? と思うのです。昔の様々な国の先住民たちは、“自然の中には全ての気づきがある”とよく云ったものですが、本当にそうだな〜とつくづく感じています。

そうそう、この号は年末年も挟みますが、みなさん様々な神社仏閣に参拝する際はどんなことを願いますか? 私はいつからか、どこの神社仏閣であっても、どんな国の宗教的な建物を訪ねた時であっても、さらに先祖のお墓参りであっても、いつも感謝の気持ちだけを贈り、願い事などは一切しません。“欲望は執着を生み、執着は不幸をもたらす”と仏陀は説きましたが、この説は確かに一理あるかもしれないと感じています。意外かもしれませんが、願い事だからこそ、まずはリリースする必要があると思うのです。他にも例えば、嫌なことをされた相手、又は自分にとって“敵”であるかのような相手を許すことは、気持ち的に難しいとされているのかもしれませんが、そんな事こそリリースにつきますし、それが楽に自然とできるようになると、人生が本当に楽しくなると思うのです。

私はヨガと瞑想のプラクティスのおかげでリリースしやすい体質になったせいか、自然と色んな物事について執着がなくなってきましたが、それでも人間なので、全く無くならないという事はないのかもしれません。今でも無に近づきたいという思いはありますが、それは別に出家するわけではなく、ごく普通に人生を歩みながら誰もができることだと思うのです。


2014年10月27日 編集長 吉良さおり
veggy vol.37(2014年11月号)より抜粋

 

 “デトックス”に関する『veggy』のバックナンバー 

veggy vol.64 →最新号!!!
「デトックス」

veggy vol.24
「デトックス&免疫力UP!玄米と味噌汁」

veggy vol.28
「アンチエイジング&デトックス!こころがはずむフルーツの魔法」

veggy vol.47
「酵素・発酵・デトックス」

veggy vol.51
「おいしいデトックス」

デトックスに関するveggy booksの一部はこちら

焙煎玄米粉でつくる デトックスおやつ
定価:1,296円

心のデトックス?!
ハタ照らすヨーガ
定価:1,728円

酵素の力でデトックス!
無理せず理想のボディメイクを目指す
スーパーフードファスティングダイアリー
定価:1,080円

 

おうちでカフェごはんレシピ(1)

今回ご紹介するのは、野菜をたっぷり使った栄養バランスバッチリのレシピ。
カフェやレストランで食べるような豪華なワンプレートを、おうちで楽しんじゃいましょう。

いろんな野菜をまるごとサラダで
根菜のキンピラと野菜和風サラダ

材料(2人分)
[根菜キンピラ]…50g
にんじん(イチョウ切り)…25g
大根…25g(イチョウ切り)
れんこん(皮を剥き3mm幅に切り、水にさらす)…25g
ごぼう(3mm幅の斜め切りにし、水にさらす)…25g
鷹の爪…1本
酒…20g/しょうゆ…8g
砂糖…3g/白ごま…少々
ごま油…少々
オリーブオイル…適量

[バルサミコドレッシング]…10〜15g
玉ねぎ…1/2個(130g)
にんにく…10g
バルサミコ酢…180g
しょうゆ…40g/砂糖…8g
オリーブオイル…100g
塩・こしょう…適量

[A]
ソテーきのこ…30g
お好みの生野菜…30g〜
しょうゆ…少々/塩・こしょう…適量

[トッピング]
玉ねぎスライス、きざみねぎ、トマト、オリーブオイル…適量

作り方
1.根菜のキンピラを作る。フライパンにオリーブオイルを入れ火にかけ、カットした野菜、鷹の爪を入れ軽く炒め、少ししんなりしてきたら酒を加えアルコールをとばす。さらにしょうゆ、砂糖、白ごまを加え全体に味が馴染んだら仕上げにごま油を加え冷ましておく。

2.バルサミコドレッシングを作る。鍋にオリーブオイル、にんにくを入れ、火にかけ色づいてきたら、玉ねぎ、塩(分量外)を加え甘味がでるまで炒める。さらにバルサミコ酢を加えて半量位まで弱火で煮詰め、一度冷まし残りの材料をすべて加えミキサーにかけ、塩・こしょうで味を調える。

3.ボウルに1と2、Aを入れ混ぜ合わせ、皿に盛りつけ、トッピングの材料を飾る。

ほくほくクリーミーな定番サラダ
ポテトサラダ

材料(2人分)
じゃがいも(メークイーンを使用)…1個(200g)
玉ねぎ(薄くスライス)…100g
オリーブオイル…30g
豆乳…50〜80cc
白ワインビネガー…適量
ドライバジル…適量
塩・こしょう…適量

作り方
1.じゃがいもは皮を剥き2〜3cm位の乱切りにし、鍋に水と一緒に入れて火にかけ沸騰したら火を弱め、塩を加える。

2.別の鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎを甘味がでるまで炒める。

3.じゃがいもに火が通ったら水を切り、再び鍋に戻しマッシャーなどで水分を飛ばしながら潰す。

4.3に2の玉ねぎを加え、豆乳、オリーブオイルで固さを調節しながら、仕上げに白ワインビネガー、ドライバジル、塩・こしょうで味を調えて冷ます。

このレシピを教えてくれたのは・・・



森 浩樹 さん

雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.20より抜粋

オーロラソース風のトマトドレッシングを使ったサラダ

トマトドレッシング


とろ〜りなめらかなオーロラソース風。
まろやかな口当たりと爽やかな酸味のバランスが絶妙な一品。さっぱりとした葉野菜や海藻との相性は抜群です。

材料(約300cc)
トマト…中1個(150g ・ざく切り)
酢…大さじ4 オリーブオイル…大さじ2
塩…小さじ1/2みりん…小さじ1

作り方
材料全部をミキサーにかける。

乾物と赤い野菜の夏サラダ


切り干し大根と海藻の食感がアクセントに

材料(2人分)
トマト 中1個(150g・ざく切り)
赤パプリカ 1個
玉ねぎ 1/6個(30g・みじん切り)
カットわかめ 大さじ2(水で戻す)
切り干し大根 6g(軽く水で戻す)
ひじき 大さじ1(さっと茹でて戻す)
トマトドレッシング 大さじ2(30cc)

作り方
1.野菜と乾物をボウルに入れて混ぜる。
2.1を皿に盛りつけ、トマトドレッシングを回しかける。

夏野菜のピザ風サラダ


パリパリの春巻きの皮でボリュームもUP!

材料(2人分)
レタス 1枚半(50g・手でちぎる)
ゴーヤ 50g(綿をとって薄切り)
きゅうり 1/2本(小口切り)
ズッキーニ 1/4本(小口切り)
スプラウト 1カップ(30g)
トマトドレッシング 80cc
春巻きの皮 1枚
油 適量

作り方
1.フライパンに油をしいて春巻きの皮をのせ、弱火でパリッとするまで焼く。
2.野菜をボウルに入れて混ぜる。
3.1を皿にしいて2をのせ、トマトドレッシングを回しかける。

雑誌『veggy(ベジィ)』バックナンバーVol.22より抜粋

きゅうりとキウイのドレッシングを使ったサラダ

きゅうりとキウイのドレッシング


さっぱり爽やかな フルーツソース風。
口当たりの軽いきゅうりとみずみずしいキウイフルーツを使った初夏にぴったりのドレッシング。フルーツやお豆腐とあわせても◎

材料(約250cc)
きゅうり…1本(ざく切り)
キウイ…1個(ざく切り)
酢…大さじ1 オリーブオイル…大さじ2 塩…小さじ1/4

作り方 
材料全部をミキサーにかける。

包丁いらずのちぎり野菜サラダ


ちぎってあえれば完成! デザート感覚の一皿

材料(2人分)
トマト 中1個(150g・手で一口大にちぎる)
なす 1本(100g・手で一口大にちぎる)
レタス 2枚(65g・手で一口大にちぎる)
きゅうりとキウイのドレッシング1/4カップ(50cc)

作り方
野菜をボウルで和えて皿に盛り、きゅうりとキウイのドレッシングをかける。

スイカと豆腐のサラダ


お洒落なカプレーゼ風の一品はおもてなしにも

材料(2人分)
スイカ 160g(7㎜厚さくらいに切る)
絹ごし豆腐 2/3丁(200g・水切りする)
きゅうりとキウイのドレッシング大さじ3(45cc)

作り方
1.絹ごし豆腐を7㎜厚さくらいに切る。
2.1とスイカを交互に並べて盛りつけ、きゅうりとキウイのドレッシングをかける。

雑誌『veggy(ベジィ)』バックナンバーVol.22より抜粋 

これからの季節にぴったり!スムージーレシピ

簡単で美味しい!手軽に栄養補給ができるスムージーレシピをご紹介いたします!今回のスムージーには、生姜を使っています。生姜には、殺菌作用や抗酸化作用のある「ショウガオール」や「ジンゲロール」などが含まれています。これからの季節は冷房などで冷えが心配というあなたにおすすめ!

さっぱりキイロのスムージー

材料(1杯分)
パインアップル…1/6個
グレープフルーツ…1個
しょうが(すりおろし)…小さじ1/2

作り方
1.パインアップルは適度な大きさに切り、グレープフルーツは皮をむく。

2.ミント以外のすべての材料をミキサーに入れ、なめらかになるまでかくはんする。

甘いオレンジのスムージー

材料(1杯分)
にんじん…1/2本
りんご…1/4個
オレンジ…1個
しょうが(すりおろし)…小さじ1/2

作り方
1.にんじん、りんごは適度な大きさに切り、オレンジは皮をむく。

2.すべての材料をミキサーに入れ、なめらかになるまでかくはんする。

元気になるレッドスムージー

材料(1杯分)
トマト…1個
グレープフルーツ(ルビー)…1/2個
バナナ…1本
しょうが(すりおろし)…小さじ1/2

作り方
1.トマトはヘタをとり、適度な大きさに切り、グレープフルーツはむき、バナナは皮をむく。

2.すべての材料をミキサーに入れ、なめらかになるまでかくはんする。

雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.17より抜粋 

 

高野豆腐のドライカレー&どっさりサラダ

高野豆腐×野菜×スパイスでぐっと本格的に
高野豆腐のドライカレー


材料(2〜3人分)

高野豆腐…4枚
玉ねぎ…3/4個(約150g)
じゃがいも…1個(約120g)
ピーマン…1個(約35g)
トマト…1個(約150g)
干ししいたけ…3枚
にんにく(みじん切り)…2かけ
しょうが(みじん切り)…5g
クミンシード…小さじ1/4
塩…小さじ1/2
赤唐辛子(小口切り)…少々
菜種油…大さじ2
[A]
豆乳マヨネーズ、にんにくじょうゆ、アプリコットジャム…各大さじ2
みそ…大さじ1
ターメリックパウダー…小さじ1/4
シナモンパウダー、こしょう…各少々

作り方
1.高野豆腐は100mlのお湯(分量外)でもどして水けを絞り、ミキサー(またはフードプロセッサー)でかくはんする。玉ねぎはみじん切り、じゃがいもは5mm角、ピーマンはヘタを取り、種ごと5mm角、トマトは2cm角に切る。干ししいたけは100mlの水(分量外)でもどし、みじん切りにする(もどし汁はとっておく)。
2.鍋に1の玉ねぎ、にんにく、しょうが、クミンシード、塩、赤唐辛子、菜種油を入れて中火でよく炒める。玉ねぎがしんなりしたら、1のじゃがいも、ピーマン、トマト、干ししいたけを戻し汁ごと加え、火を弱めてふたをする。
3.じゃがいもが柔らかくなったら、1の高野豆腐と[A]を加えて2〜3分煮る。

●にんにくじょうゆ
材料(できあがり50ml分)
にんにく…1個(6〜7かけ)

しょうゆ…約100ml(にんにくがかぶるくらい)
作り方
にんにくは薄皮をむいて根元の固い部分は切り落とす。清潔な瓶に入れ、しょうゆを注ぐ。冷蔵庫で3日ほどおいて使用する。

豆乳マヨネーズ
材料(作りやすい分量)
豆乳…100ml

菜種油…50ml
米酢・梅酢…各小さじ1
塩…小さじ1/4
こしょう…少々
作り方
ミキサーにすべての材料を入れ、なめらかになるまでかくはんする。清潔な瓶に入れて冷蔵庫で2週間保存可能。

かぼちゃの種入りドレッシングが決め手!
どっさりサラダ


材料(2人分)

サラダ菜…4〜5枚(約20g)
レタス…2枚(約30g)
ルッコラ…少々
ラディッシュ…2個
グリーンアスパラガス…2本(約40g)
揚げ油…適量
[ドレッシング]
かぼちゃの種…大さじ3
豆乳…大さじ4
梅酢…小さじ1
アップルビネガー…(または米酢など)…小さじ1

作り方
1.ドレッシングを作る。かぼちゃの種はミルサー(またはフードプロセッサー)で細かくし、すべての材料とよく混ぜ合わせる。
2.サラダ菜は食べやすい大きさにちぎる。レタスは細切り、ルッコラは2cmの長さ、ラディッシュは実を半分に切って薄切り、葉は粗みじん切り、アスパラガスは斜め薄切りにする。
3.揚げ油を高温(約180℃)に熱し、2のアスパラガスをさっと揚げる。
4.すべての野菜をざっくりと盛り合わせて器にもり、1をかける。
…………………………………………………………………………..
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.23より抜粋

れんこんボール(ベジタリアンレシピ)

しょうがを効かせたあんをたっぷり絡めて
れんこんボール


材料(10個分)

れんこん…1節(約100g)
玉ねぎ…1/4個(約50g)
玄米ごはん…約50g
パン粉…1/4カップ
塩…ふたつまみ
菜種油…小さじ1
揚げ油…適量
[A]
しょうが(すりおろし)…少々
しょうゆ…大さじ1
水…大さじ2
くず粉…小さじ1(大さじ1の水で溶く)

作り方
1.れんこんはすりおろす。玉ねぎはみじん切りにする。
2.フライパンに1の玉ねぎ、塩、菜種油を入れてよく炒める。
3.ボウルに1のれんこんと2、玄米ごはん、パン粉を入れてよく混ぜ、10等分にして丸める。
4.揚げ油を中温(約170℃)に熱し、3を入れる。箸で時々転がしながら、きつね色になるまで4〜5分ゆっくりと揚げて取り出す。
5.鍋に[A]を入れて中火にかける。沸いたら水溶きくず粉でとろみをつけ、4を加えて絡ませる。器に盛り、細ねぎ適量(分量外)を散らす。

甘酒が効いた酢みそソースがよく合う
のり湯葉巻き揚げ


材料(2人分)

板湯葉(7×15cmのもの)…6枚
にんじん…3cm(約30g)
グリーンアスパラガス…2本(約40g)
焼きのり…2枚
玄米ごはん…約120g
[A]
地粉、くず粉…各大さじ1
水…大さじ1と1/2
揚げ油…適量
[酢みそソース]
白みそ、甘酒…各大さじ1
米酢、かんきつ汁…各大さじ1
木の芽(みじん切り)…少々

作り方
1.にんじんは縦に6等分、アスパラは長さを3等分に切る。のりは縦に三等分に切る。
2.1のにんじんとアスパラガスは蒸気の上がった蒸し器で3分ほど蒸す。
3.湯葉に玄米ごはんの1/6量を薄く広げ、1ののり1枚をのせる。2を1本ずつのせてくるくると巻く。残りも同様に巻く。
4.ボウルに[A]を入れてよく混ぜ合わせる。
5.揚げ油を中温(約170℃)に熱し、3を4にくぐらせて2〜3分揚げる。食べやすい大きさに切って器に盛り、よく混ぜ合わせた酢みそソースと木の芽適量(分量外)を添える。
…………………………………………………………………………..
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.23より抜粋

 

【世界のヴィーガン放浪記】VOL.1 ベルギー・ブリュッセル

こんにちは、ヨーロッパのヴィーガン文化の首都と呼ばれているベルリン在住・イラストレーターのKiKiです◎

私は完全ベジタリアンではなく、野菜多めの食生活を好む柔軟主義者です。ベジタリアンやヴィーガンの文化にとても興味を持ちはじめたのは、ベルリンに引っ越してきた3年前から。

こちらのカフェやレストランに入ると、必ずと言っていいほど『ベジタリアン・ヴィーガン用メニュー』が用意されていています。

その理由としては、国際色豊かで、それぞれの個性を尊重することが自然と根付いているベルリンでは、どんな宗教・主義を持っていても、友人たちとみんなで美味しい食事を囲んでおしゃべりすることができる環境をづくりをしている、ということが挙げられます。

移住当初、日本では見かけたことがなかった『ベジタリアン・ヴィーガンメニュー』に、とても興味を惹かれました。

まず、野菜のそのままの味や色を生かしたアーティスティックな料理が多く、その見た目の美しさに魅了されました。どちらかというと私はお肉が好きな方なのですが、それがなくても全く気にならないくらい美味しい料理が多いということに驚きました。また環境問題に対する意識がとても高く、食べ物や物を自然と大切にしている様子に、とても居心地の良さを感じました。

それ以来、入ったお店にベジタリアンメニューを見つけると、注文してみることが多くなりました。

ヨーロッパ国内の移動が格安でしやすい、ベルリン。他のヨーロッパの国のベジタリアン・ヴィーガン文化はどうなっているのだろう…?友人を訪ねたり、アートイベントのために近隣諸国を訪れることも多いこの夏。『旅のついでに、その国のベジタリアン・ヴィーガンレストランにも寄ってみよう!』と思いついたのが、この企画です。

もちろんベルリンにも素敵なカフェがたくさんあるのですが、とりあえず第1回目は先日フランス人のイラストレーター友達Leaを訪ねて訪れたベルギーはブリュッセル編をご紹介したいと思います!

ベルギー・ブリュッセル



ベルギーの首都・ブリュッセル。EU本部があるこの街では、フランス語・オランダ語・ドイツ語の3つの言語が公用語として共存している、公用語が一つしかない私たち日本人から見ると、とても不思議な街です。

住んでいる人たちはベルギー人はもちろん、3つの公用語がある関係で他の国からの移民が多く暮らす、ベルリン同様国際的な都市です。フランス人の友人も、通っていたイラストスクールがブリュッセルにある関係で、こちらに移住してきました。街ではフランス語が多い印象でしたが、もちろん英語で話しかけると英語で返してくれます。

フランス人の友人に『オススメのヴィーガンレストランってある?』と聞いてみると…

『う〜ん、いろんな国の人や宗教を持つ人が住んでいるから、基本どこのお店でもベジタリアンやヴィーガンメニューはあるわよ』とのこと。

例えば、彼女自身も友人と集まって家でパーティーをするとき、様々なバックグラウンドを持った人たちが集まるので、ベジタリアンメニューは必須とのこと。これはベルリンで生活していても、よくあるお話です。

ちなみに彼女のボーイフレンドは、アフガニスタン人。宗教はイスラム教、ムスリムです。私が遊びに行った時は、ちょうどラマダン中で(イスラム教徒に課せられた五つの義務「5行」の一つで、30日間の断食を行う聖なる月のこと)深夜から早朝までの限られた時間内でしか飲食できず、終始疲れた様子でした。

滞在中、彼女はフランスの家庭料理・キッシュをつくってくれたのですが、『ムスリムの人がいるから、ベーコンは鳥のものを使うけどいい?(ムスリムは豚を食べることができません)』という会話が。こういう気遣いが日常的なのが、こちらでの生活です。

さて、彼女もどこのレストランがオススメなのかわからない!ということで、googleさんに尋ねてみました。そこで1件、目に止まったお店の名前が。『AMIだって!フランス語で友達って意味よ。きっと美味しいんじゃないかしら?』素敵な名前だね!と彼女と意気投合し、『AMI』に行ってみることに。

『AMI』に、行ってみました!



トラムに揺られ、15分ほど。『AMI』にやってきました!お店の外観も素敵。

開店時間の12時ちょうどに到着してしまったのですが、『まだ準備中なの〜、ちょっと待っててくれる?』と店員さんが。のんびり友人とおしゃべりしていたら、『OKよー!』との声。

Amiでは、ベジタリアンのヘルシーで美味しい料理をすべての人に届けるために、愛と情熱を込めた自家製のものを提供しているそうです。ベジタリアン、ビーガン、グルテンフリー。すべてオーガニックで安心な食べ物ばかりです。

店員のお姉さんに、オススメのメニューを尋ねると『AMIバーガーの”Veggie”がうちの看板メニューよ!』とのこと。早速注文してみました!

そしてやってきた、とてもカラフルで美味しそうなバーガーは、こちら !!!

まず驚いたのは、ハンバーガーのパン。自然で甘い味が、口の中に広がりました。そして、お肉が入っていないはずなのに、とってもジューシーで満足感がある野菜たっぷりのウィーガンパティ。お豆や人参などがミックスされて、つくられているそうです。特製ケチャップとマスタードも、お野菜と合って、本当に美味しい…!

一緒に添えられていた野菜チップスも、野菜そのものの甘さと、かかっているお塩が絶妙のコンビネーションでした。

店員のお姉さんに、ブリュッセルのベジタリアン・ヴィーガン文化について聞いてみると、
『この街では、とても有名なカルチャーよ。たくさんベジタリアン・ヴィーガンのお店もあるしね。あの角を曲がったところにも、数件お店があるわよ。…でも1番美味しいのは、うちだけどね!』と素敵な笑顔とともに、教えてくれました。笑

確かに、インターネットで探したらたくさんお店が出てきたけれど、私はこのフレンドリーな店員のお姉さんがいる『AMI』が好きです。店員さんともAMI(友達)になれるし、きっとベジタリアン・ヴィーガンAMI(友達)も見つけられるはず…?
———————————————–
AMI
Address : Rue Lesbroussart, 13 Ixelles
HP : https://ami-veggie.be/

———————————————–

KiKi / イラストレーター

西伊豆の小さな限界集落出身。交通機関もない、1番近いお店まで車で1時間。とにかく大自然しかない小さな集落で、紙とペンと空想で無限大に遊べることが、この上ない娯楽で贅沢でした。

2012年京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科卒業。その後、同大学マンガ学科副手を3年間務めながらイラストレーターとしての仕事を少しずつ増やしていき、2015年からフリーランスに。居場所を探して旅するように生きていたらベルリンに辿り着き、2016年の夏から移住。

例えば、私のように小さい集落で暮らしている子が、そこから旅立つ時期を迎えたときに、『世界はこんなにも広くて、こんなにも選択肢があるんだ』って気づけるようなものを残していけたら、最高だなと思いながら絵と文章をかいています。
Portfolio site : http://kiyonosaito.com/
instagram : https://www.instagram.com/kikiiiiiiy/

2種類のスパイスを使ったベジタリアンレシピ(コリアンダー&ターメリック)

ひとふりで体に効いて、味も決まる! そんな魅力にあふれるスパイス&ハーブを使ったレシピをご紹介いたします。作って簡単、食べて美味しい、スパイス&ハーブのマジックをお試しあれ!

夏野菜のグリル・コリアンダーソース



材料(2人分)

なす…1本
トマト…1個
黄パプリカ…1個
オリーブオイル…大さじ2

[コリアンダーソース]
コリアンダー(みじん切り)…2カップ
にんにく…1/2かけ
しょうが…1/2かけ
ピーナッツ(砕いたもの)… 大さじ2
レモン汁…大さじ2
クミンパウダー…小さじ1/2
赤唐辛子(種を取る)…1本
塩…小さじ1//2
はちみつ…小さじ1
水…少々

作り方
1.なす、トマトは輪切りに、黄パプリカは乱切りにする。
2.[コリアンダーソース]の材料をミキサーでペーストにする。
3.フライパンにオリーブオイルを熱し、1の野菜を焦げ目がつくまでじっくり焼く。
4.ソースを絡めて火を止めて完成。

ターメリックを使ったさっぱりキャベツのレモン風味



材料(2人分)

ターメリック 小さじ 1/8
マスタードシード 小さじ1/8
キャベツ 1/2
レモン 1/4
塩、オリーブオイル 適量

作り方
1.キャベツを千切りにする。
2.熱したフライパンにオリーブオイル、マスタードシードを入れる。
3.マスタードシードがパチパチと音がしてきたら、せん切りにしたキャベツを入れ、塩、ターメリックを加え軽く混ぜ、フタをして蒸し焼きにする。
4.キャベツがしんなりしてきたら、レモン汁を加えてできあがり。
…………………………………………………………………………..
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.23より抜粋

カリフラワーとじゃがいものカレー&発酵いらずの揚げパンレシピ

使いこなすのが難しそうなイメージのスパイスは、実は野菜料理の頼もしい味方。かんたんでおいしいインド式レシピを料理研究家のヘーマ・パレックさんに教えてもらいました。

辛さの中にさわやかさが香る、初夏にぴったりのカレー
カリフラワーとじゃがいものカレー

材料(4人分)
カリフラワー…200g
じゃがいも…3個
ひよこ豆(茹でであるもの)…50g
にんじん…50g
ホールトマト…1/2カップ
コリアンダー(生)…30g
オリーブオイル…小さじ2
水…1/2カップ
しょうが…1かけ
塩…小さじ1/2

[スパイス]
イエローマスタードシード、コリアンダーパウダー、ターメリック…各小さじ1
レッドチリパウダー、ガラムマサラ
…各小さじ1/2
フェヌグリークホール…小さじ1/4

作り方
1.カリフラワーは小房にわけ、じゃがいも、にんじんは2cm角に切る。カットした野菜は塩を加えたお湯で火が通るまで茹でる。
2.鍋にオリーブオイルを熱し、イエローマスタードシードとフェヌグリークホールを入れて香りがたつまで炒め、カリフラワー、じゃがいも、にんじん、ひよこ豆を加え、1/2カップの水を注ぐ。
3.塩、ターメリック、みじん切りにしたしょうがを加え、5〜7分煮る。
4.ホールトマトと残りのスパイスを加え、弱火で2〜3分煮込む。器に盛り、ざく切りにしたコリアンダーを散らす。

さくさくの軽い食感!
発酵いらずの揚げパンバトゥーラ


材料(12枚分)
全粒粉(薄力粉でも可)…2カップ
炭酸水…1カップ
プレーンヨーグルト…大さじ2
オリーブオイル…小さじ2
塩…小さじ1/4

[スパイス]
アジュワインシード…大さじ1

作り方
1.ボウルに全粒粉と塩、オリーブオイル、ヨーグルト、アジュワインシードを入れ、そぼろ状になるまで混ぜる。
2.炭酸水を少しずつ加え、なめらかになるまでこねる。生地がまとまったら棒状にのばし12等分にする。丸く形作り、麺棒で直径6cmくらいにうすくのばす。
3.180℃に熱した油に1枚ずつ入れ、片面がきつね色になったらひっくり返し、もう片面もきつね色になるまで揚げる。
…………………………………………………………………………..
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.16より抜粋

タピオカとじゃがいもの揚げ団子レシピ

使いこなすのが難しそうなイメージのスパイスは、実は野菜料理の頼もしい味方。かんたんでおいしいインド式レシピを料理研究家のヘーマ・パレックさんに教えてもらいました。

もちっとしたタピオカの食感が楽しい!
タピオカとじゃがいもの揚げ団子

材料(12人分)
じゃがいも…3個
タピオカ(3〜4mmのもの)…1/2カップ
ピーナッツ(ローストしたもの)…大さじ2
コリアンダー(生)…30g
グリーンチリ…2本
しょうが…1/2かけ
レモン果汁…小さじ1/2
塩…小さじ1/2
[スパイス]
クミンシード…大さじ1/2

作り方
※タピオカは軽く水洗いして、柔らかくなるまで2〜3時間程水につけておく。
※クミンシードは香りがたつまで煎り、すりつぶしておく。
1.じゃがいもは皮つきのまま茹で、熱いうちに皮をむいてつぶす。
2.グリーンチリは小口切り、しょうがはみじん切りにする。ピーナッツは粗く砕き、コリアンダーはざく切りにする。
3.じゃがいもに2、塩、クミンシード、レモン汁、タピオカを加えて均一に混ぜる。12等分にし、平らな円形に整える。
4.180℃に熱した油できつね色になるまで揚げる。

コリアンダー&ミントが香る、
定番ソースグリーン・チャツネ

材料(約200ml分)
スペアミント…30g
コリアンダー…30g
ピーマン…1個
玉ねぎ…1/4個
グリーンチリ…2本
にんにく…2かけ
しょうが…1かけ
レモン果汁…大さじ3
塩…少々
[スパイス]
クミンシード…小さじ1

作り方
1.ミントとコリアンダーは根元を除き、ざく切りに。ピーマンは種を除き、グリーンチリ、玉ねぎとともに粗いみじん切りにする。
2.フードプロセッサーにすべての材料を入れなめらかになるまでかくはんする。※水分が足りないときはレモン果汁を足す。
…………………………………………………………………………..
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.16より抜粋

「何食べればいいの?」ベジタリアン留学生が困る3つのこと

2月から始まったNPO法人日本ヴィーガンコミュニティ代表の工藤柊さんの連載!
今回は第6回目です!

「何食べればいいの?」ベジタリアン留学生が困る3つのこと

Hello Vegan!
みなさんこんにちは。ヴィーガンライフを2年と少し実践している大学生、工藤柊(@itllbedark)です。普段はNPO法人日本ヴィーガンコミュニティの代表を勤めながら、ライターとして活動しています。

僕が通っている神戸大学には、留学生が年間で1,300名ほど在籍していて、留学生と交流する機会は多くあります。僕自身もヴィーガンを実践しているということもあり、ベジタリアンやヴィーガンを実践している留学生と関わる機会がありました。そこで目の当たりにしたのは、ベジタリアンの留学生が日本で生活する上で、困ることが多くあるということです。

今回の記事では、実際に現役大学生としてベジタリアンの留学生と関わってみて感じた、ベジタリアン留学生が困る3つのこと、そしてその困りごとの解決策をご紹介したいと思います。

ベジタリアン・ヴィーガンとは


みなさん、ベジタリアンやヴィーガンという言葉を聞いたことがあるでしょうか。簡単に説明すると、ベジタリアンとは、お肉や魚介類を食べない人やそのライフスタイルのことを言います。そして、ヴィーガンは、お肉や魚介類に加えて、卵や乳製品などの動物性食品全般を避ける人やライフスタイルのことです。また、ヴィーガンは食事のみではなく、毛皮やファーなどのファッションの領域においても動物を利用した商品の消費を避ける場合もあります。

ベジタリアンやヴィーガンを実践する人は、イギリスやアメリカ、ドイツなどの先進諸国を中心に増加しており、イギリスでは160万人以上がベジタリアンかヴィーガンを実践しているそうです。ベジタリアンやヴィーガンを実践するのは、動物愛護や環境保全、自身の健康など、人によってさまざまな理由があります。

このように、日本ではまだマイノリティであるベジタリアンやヴィーガンですが、他の多くの先進諸国ではその人口は増加しています。そのため、日本の大学に滞在する留学生の中にも、ベジタリアンの方が高確率でいるのです。

ベジタリアンの留学生の困りごと


神戸大学に入学してすぐに、大学食堂にヴィーガンメニューを導入する活動を開始したところ、ベジタリアンやヴィーガンの留学生が協力してくれることになりました。そこで出会った留学生の仲間とともに活動していたのですが、やはり一緒に過ごす時間が増えれば増えるほど、彼女たちが困っている姿を見る機会も増えていきます。

ここからは、僕が実際に目の当たりにした、ベジタリアンの留学生が困っていたことの中から、3つを抽出して紹介していきたいと思います。

ベジ商品がわからない


まず1つめの困りごとは、ベジタリアンやヴィーガンでも食べられる、動物性食材を使っていない商品かどうかわからないということです。もっとも印象に残っているシーンがあります。それは、日本語の話せないヴィーガンの留学生が、コンビニのお菓子コーナーにある商品の裏側に書かれている原材料名を、グーグル翻訳して確認した結果、商品棚に並ぶ商品全て食べられないものでとても残念そうな顔をしていた場面です。

彼女の母国であるドイツでは、ヴィーガンやベジタリアンの商品にはマークが付いていることがほとんどで、コンビニやスーパーの商品選びに困ることはないのです。僕がベルリンに行った時にも、ベジタリアン・ヴィーガンの対応商品の多さや、そこにマークがついている便利さに驚いた経験があります。

日本ではまだコンビニやスーパーで購入できるベジタリアン商品は少ないですが、ネット上で購入できる通販サイトでなら購入できるものは多いです。通販サイトで購入する場合は、以前に僕がヴィーガン・ベジタリアン商品を扱うオンラインショップをまとめた記事があるので、参考にしてみてください。
【ヴィーガンの通販サイト5選】ネットで購入できるベジタリアンショップ

対応飲食店が少ない


ベジタリアンやヴィーガンの留学生が困ることの2つめは、ベジタリアンやヴィーガンに対応した飲食店が少ないということです。この対応飲食店が少ないという問題は、留学生に限った話ではなく、日本で暮らすベジタリアンやヴィーガンにも当てはまります。僕が住んでいる神戸だけを例にあげても、5店舗ほどしかヴィーガンのお店はありません。

しかし、東京や京都はじめ、主要都市には、ヴィーガンやベジタリアンの飲食店はある可能性が非常に高いです。Google mapで「vegan」や「vegetarian」で検索するのも一つですが、今回はvegewelというサービスを紹介します。このサービスでは、ベジタリアンやヴィーガンに特化して近くの飲食店を検索することができるので、ぜひ使ってみてください。
Vegewel公式サイト

言葉の意味が伝わらない


最後の一つは、ヴィーガンやベジタリアンという言葉の認知度や理解度が日本ではまだ低いため、言葉の意味が伝わらないという課題です。僕が2年間ヴィーガンを実践している中でも、牛乳を飲まないと伝えてもバターは別物と思っている人が多いことなど、困ることは多くあります。

留学生をはじめ、日本語を流暢に話せない訪日外国人にとって、動物性を全て食べないことを伝えることは難しいことです。僕たち日本人の、特に飲食に関わる人たちのベジタリアンやヴィーガンの認知度を高めていくことが必要だと感じています。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回の記事では、僕が実際に目にした、ベジタリアンやヴィーガンの留学生が困っていたこと3つを紹介しました。しかし、今回の記事で紹介したもの以外にも、ベジタリアンやヴィーガンの留学生が困ることは想像以上にあります。

留学生の受け入れ体制はもちろん、訪日外国人の観光や生活がより良いものになるよう、一人ひとりの個人、企業、行政など、さまざまなセクターが協力していく必要があると考えています。僕は、NPO法人日本ヴィーガンコミュニティの代表として、民間セクターを盛り上げ、日本を誰もがヴィーガンを実践できる“Hello Vegan!”な社会にすべくこれからも活動していきたいと思います。

では!


工藤柊/kudo shu

高校3年にぺちゃんこの猫をきっかけにヴィーガンへ。神戸大学入学後、誰もがヴィーガンを実践できる”Hello Vegan!”な社会を目指して、大学食堂へのヴィーガンメニュー導入、ヴィーガンカフェの店長などの活動を行う。2018年大学を休学し、NPO法人日本ヴィーガンコミュニティを創設。自身のブログを始め、ライターとしても情報発信を行う。

ブログ「そうは言っても工藤さん」:http://kudoshu07.com/

ツイッター:https://twitter.com/itllbedark

NPO法人日本ヴィーガンコミュニティHP:https://hellovegan.jp/

世界のレシピ・ドルマ(パプリカのクスクス詰め)

材料(2人分)

パプリカ…2個

[フィリング]
クスクス…1カップ
トマト(みじん切り)…1/2個
玉ねぎ(みじん切り)…1/4個
松の実…大さじ2
ミント(みじん切り)…大さじ2
オレガノ…小さじ1
オリーブオイル…大さじ2
オールスパイス…大さじ1/2
こしょう…大さじ1/2
塩…小さじ2

A
水…1と1/2カップ
・トマト(くし切りにして潰す)…1/2個
・布…5×3cm
・にんにく…1かけ
ライム又はレモン…適量

作り方

1.パプリカのヘタをくり抜き、種とワタを取り出し、ヘタ部分はとっておく

2.フィリングの材料を合わせて、1のパプリカに詰め、パプリカのヘタ部分でふたをする。 

3.鍋に2を立てて入れ、Aを加え、沸いたら極弱火にし、蓋をして15分蒸し煮にする。火からおろし、10分蒸らす。

4.お好みでライムやレモンをしぼっていただく。

POINT
クスクスは炊き上がると膨らむので、詰める量は8割くらいで調整しましょう。
…………………………………………………………………………..
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.17より抜粋

世界のレシピ・アマランサスとアボカドのアジアン生春巻き

アマランサスとアボカドのアジアン生春巻き
食べた瞬間
アマランサスがはじける、野菜たっぷりのさわやか生春巻き。

材料(22cmのライスペーパー6本分)

アマランサス…1/2カップ
水…1カップ
昆布…5×3cm
しょうが(スライス)…1枚
ライスペーパー…6枚
スプラウト…1/2パック(約30g)
水菜(ざく切り)…6本
にんじん(千切り)…1/2本
アボカド(12等分)…1個
香草…適量
葉野菜…適量
[アジアンスパイシーソース]
ピーナッツバタークランチ…大さじ3
なたね油…大さじ3
玄米甘酒(またはてんさい糖大さじ1)…大さじ2
たまりしょうゆ(または薄口しょうゆ)…大さじ1
米酢…大さじ1
しょうが(すりおろし)…10g
チリパウダー…小さじ2

作り方

1.アマランサスを炊く。目の細かいザルにアマランサスを入れ、水を変えながら5回ほど洗い、水とアマランサスを土鍋に入れ、弱中火でゆっくりと沸かす。沸いたら中火にし、トロリとするまでかき混ぜる。
2.1に昆布としょうがを加え、ふたをして極弱火にして15〜20分炊く。最後に5秒ほど強火を加え、火からおろして10分蒸らして天地を返す。
3.生春巻きを巻く。ライスペーパーを水にくぐらせ、アマランサス、スプラウト、水菜、にんじん、アボカドの順に並べ巻く。6等分にする。
4.ボウルにアジアンスパイシーソースの材料を入れよくかき混ぜる。
5.あらかじめソースを皿に広げ、3を立て、お好みの葉野菜や香草を散らす。

Point
アジアンスパイシーソースのピーナッツバタークランチが手に入らない場合は白ごまペースト大さじ3+ピーナッツを砕いたもの大さじ1で代用可能です。ライスペーパーはさっと水にくぐらせる程度で使用し、濡らし過ぎないように注意しましょう。
…………………………………………………………………………..
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.17より抜粋

世界のレシピ・夏野菜と豆乳チーズのイタリアンサラダ

今日ご紹介するのは、夏野菜と豆乳チーズのイタリアンサラダです!
あっさりした豆乳カッテージチーズと甘いバルサミコの香りで北イタリア気分。

材料(2人分)

[豆乳カッテージチーズ]
豆乳…1カップ
レモンジュース…大さじ3
塩…ひとつまみ
A
・バルサミコ酢…1/4カップ
・オリーブオイル…1/4カップ
・濃口しょうゆ…大さじ1
・にんにく(みじん切り)…1かけ
なす(2mm幅で縦にスライス)…2本
ミニトマト…6個
お好みの葉野菜…適量

作り方

1.豆乳カッテージチーズを作る。豆乳を温め(80℃くらい)火からおろし、レモンジュースを加えてサッとかき混ぜ、更に塩を加えてサッとかき混ぜる。コーヒーフィルターかキッチンペーパーに移し、1晩水をきる。
2.Aを全て混ぜ合わせておく。
3.なすとミニトマトを網でグリルし、2につけ、冷蔵庫で1時間ほど休ませる。
4.お好みの葉野菜、1、3を皿に盛り付ける。残ったマリネ液はドレッシングとして上から回しかける。

Point
なす、トマト以外にもパプリカ、ズッキーニ、きのこ類など、お好みの野菜マリネでお楽しみください。
…………………………………………………………………………..
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.17より抜粋

世界のレシピ・フライパンでベジパエリア

今日ご紹介するのは、スペイン料理でおなじみのパエリアをフライパン一つで作れちゃうレシピです!

材料(2人分)

玄米(洗って水気を切る)…1カップ
A
・オリーブオイル…大さじ1
・にんにく(みじん切り)…1かけ
・玉ねぎ(ざく切り)…1/2個
・エリンギ(輪切り)…1本
・白ワイン…70cc
B
・オリーブオイル…大さじ1
・にんにく(みじん切り)…1かけ
・玉ねぎ(みじん切り)…1/4個
・にんじん(みじん切り)…1/4本
C
・水…2.5〜3カップ
・サフラン(ターメリックでも可)…ひとつまみ
・昆布…5×3cm(分量の水に入れてもどしておく)

[飾り用野菜]
パプリカ(縦切り)…1/4個
トマト…6個
ライム…適量
イタリアンパセリ…適量

作り方

1.オリーブオイルとにんにくを極弱火にかけ、香りが出るまで炒めたら中火にして、玉ねぎ、エリンギの順に炒め合わせ、塩ひとつまみ(分量外)を加え、さらに白ワインを加えアルコールを飛ばし、別の容器に汁ごと移しておく。

2.1のフライパンにBの玉ねぎ以外の材料を入れ、極弱火で炒め、香りが出たら中火にし、玉ねぎをじっくりと炒める。

3.2に1と玄米を加え、玄米が透き通るまで良く炒める。

4.3にCを加え、沸いたら弱火にし、蓋をして20分炊く。

5.4に飾り用野菜を並べ、ふたをして火を止めたガス台の上でそのまま10分蒸らす。

6.最後に5秒ほど強火にかけ、ご飯をパリッとさせる。ライムとイタリアンパセリを散らす。

POINT
しっかりと玄米を炒めることが、柔らかく炊き上げるポイントです。
…………………………………………………………………………..
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.17より抜粋

世界のレシピ・フランスのベジ・ケークサレ

ベジ・ケークサレ
最近、日本でも大人気のフランスでお馴染みの塩ケーキを野菜だけでアレンジ!

材料(20×7×5パウンド型1本分)


[ドライ]
強力粉…山盛り1カップ
全粒粉薄力粉…3/4カップ
ベーキングパウダー(ノンアルミニウム)…大さじ2
[ウェット]
豆乳…1/2カップ
水…1/2カップ
なたね油…大さじ2
オリーブオイル…大さじ1
白みそ…小さじ1
塩…小さじ1/2
A
・オリーブオイル…大さじ2
・にんにく(みじん切り)…1かけ
・ローズマリー…1/2本
・ローリエ…1枚
・玉ねぎ…1/4個

B
・じゃがいも(乱切り)…1/2個
・芽キャベツ(8等分)…3玉
・にんじん(小さく乱切り)…1/4本
・昆布…5×3cm
・水…1/2カップ
・塩…ひとつまみ
白ワイン…1/4カップ
アボカド(乱切り)1/2個
オリーブの実(半分に切る)…5粒
玉ねぎ(薄切り)…1/2個

作り方


1.オーブンを180℃に予熱しておく。パウンド型に油を塗っておく。

2.ドライはふるいにかけ、よく混ぜておき、ウェットはよく混ぜ合わせておく。

3.Aを鍋に入れ極弱火で香りを出し、さらに玉ねぎを加え中火にして甘味が出るまでじっくり炒める。

4.Bを分量順に鍋に重ね、中火にかけ沸いたら極弱火にし、ふたをして3分蒸し煮にする。

5.4に3を加え、白ワインを加えて中火でざっくりと炒め合わせ、粗熱をとっておく。

6.ドライとウェットをざっくりと7割くらい混ぜ合わせ、5とアボカドを加え切り込むようにざっくり混ぜ合わせる。

7.パウンド型に流し込み、オリーブと玉ねぎをちらし、予熱したオーブンで25分焼く。

POINT
ドライとウェットはさっくり混ぜあわせるのが、ふっくら仕上げるポイント。生地に粉っぽさが残っている状態でお野菜を加えると、混ざり具合がちょうど良い加減になります。
…………………………………………………………………………..
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.17より抜粋

世界のレシピ・ドイツのシュラハトプラット

今回は、ドイツの郷土料理、シュラハトプラットをご紹介いたします!

材料(2人分)


A
・レンズ豆…1/2カップ
・水…2カップ
・昆布…5×3cm
B
・オリーブの実…5粒
・じゃがいも(乱切り)…1/2個
・玉ねぎ(縦8等分)…1/2個
・にんじん(乱切り)…1/2本
・ザワークラウト…200g ※作り方は下記へ
・昆布…5×3cm
白ワイン…1/4カップ

作り方


1.鍋にAを入れ、沸いたら極弱火にし、ふたをして10分炊く。

2.1の鍋にBを分量順に重ね、白ワインを加える。中火にし、沸いたら極弱火にし、ふたをして5〜10分蒸し煮にし、火から降ろしてそのまま5分蒸らす。

ザワークラウト
ドイツ、フランスのアルザス地方、ポーランドを中心に親しまれているキャベツの漬けもの

材料


キャベツ…1玉
塩…大さじ1
キャラウェイシード…小さじ1
ローリエ…1枚

作り方


1.キャベツを千切りにし、塩でもみ、水を出す。
2.水を捨て、キャラウェイシードとローリエを混ぜ合せ、密閉容器で常温保存する。
3.1日に1回ふたを開け、空気を入れ替えて天地を返す。もしカビが生えていたら取りのぞく。

夏なら2晩、冬なら3晩で乳酸発酵する。好みの酸味で冷蔵庫に移して保存する。アレンジでセロリを加えても良い。
…………………………………………………………………………..
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.17より抜粋

世界のレシピ・ココナッツサラダとタイ風フライドベジ 

[ココナッツ・サラダ]

材料(2人分)

にんじん(千切り)…1/2本
セロリ(千切り)…1本
A
・豆乳…1/2カップ
・レモン汁…大さじ3
B
・白みそ…小さじ1
・オリーブオイル…大さじ2
・ドライバジル…大さじ1
・クミン…ひとつまみ
・チリパウダー…ひとつまみ
・ココナッツフレーク…大さじ3
・塩…ひとつまみ

作り方

1.にんじん、セロリを塩ひとつまみ(分量外)で和える。
2.Aを混ぜ合わせ、かき混ぜながらBを分量順に加えていく。
3.1と2を合わせ、塩(分量外)で味を調える。良く冷やし、お好みの葉野菜などあわせていただく。

[タイ風フライド・ベジ]

材料(2人分)

[香味ソース]
玉ねぎ…1/2個
にんにく…1かけ
レモングラス(みじん切り)…大さじ2
薄口しょうゆ…大さじ2
たまりしょうゆ(または濃口しょうゆ大さじ1)…大さじ2
白みそ…大さじ1/2
酒…大さじ2
みりん…大さじ2
ココナッツシュガー(またはてんさい糖 )…大さじ1/2
チリパウダー…小さじ1
※お好みで調整
なたね油…大さじ2
にんにく(スライス)…1かけ

A
・エリンギ(縦切り)…2本
・パプリカ(縦切り)…1/2個
・タマネギ(ざく切り)…小1個
・にんじん(斜め切り)…1/3本
・厚揚げ(8等分)…1個
・カシューナッツ…大さじ2
ライム、香草(コリアンダー・パセリ・バジルなど)…適量

作り方

1.香味ソースを作る。すべての材料をフードプロセッサーに入れかくはんする。
2.フライパンになたね油を熱し、にんにくを極弱火で炒め香りを出す。
3.強火にし、Aの材料を分量の順に炒めていく。材料ごとに油が馴染んだら、次の材料を入れて同様に炒める。
4.香味ソース1/2の分量を回しかけて全体をザッと混ぜたら完成。お好みで香草とライムを散らす。

Point
余ったソースは冷蔵庫で2週間保存可能。
…………………………………………………………………………..
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.17より抜粋

世界のレシピ・テンペとアボカドのベジビビンバ

今日ご紹介するのは、韓国でおなじみのあのレシピです♫

材料(2人分)

[ベジ・ナムル]
豆もやし…1パック
ニラ(ザク切り)…1/3束
にんじん(千切り)…1/2本
A
・ごま油…大さじ1
・濃口しょうゆ…大さじ1
・塩…2つまみ
・白いりごま…小さじ1
[テンペそぼろ]
テンペ…1枚(約100g)
B
・濃口しょうゆ…大さじ1と1/3
・みりん…大さじ1
・水…大さじ1
・てんさい糖…小さじ1
・しょうが(すりおろし)…10g
炊いたご飯…適量
ヴィーガン・キムチ…適量  ※下記を参照
アボカド(半分に切る)…1個
コチュジャン…適量
刻み海苔、白いりごまなど…適量

作り方

1.少量の水をフライパンに沸かし、塩ひとつまみ(分量外)を加え、豆もやしをウォーターソテーにする。火を止める直前にニラを加えて混ぜ合わせ、火からおろし、ナムルの材料Aを分量順に加える。
2.にんじんに塩2つまみを合わせ、とAを分量順に加え、合わせる。
3.Bをフライパンで熱し、テンペを手でほぐして加え、さっと炒め合わせる。
4.ボウルに炊いたご飯をよそい、アボカドの中にテンペそぼろを詰めて、ナムル、キムチと一緒に盛り付ける。コチュジャン(約大さじ1)を添え、最後に刻みのりと白煎りごまをのせる。よく混ぜていただく。

ヴィーガンキムチ

材料(白菜1玉分)

キムチの素(A+B)
A
・しょうが…40g
・にんにく…40g
・長ねぎ…2本

B
・麦みそ…大さじ1
・唐辛子(輪切り)…大さじ4
・唐辛子(パウダー)…大さじ4
・てんさい糖…小さじ1
・りんごジュース…75cc
・たまりしょうゆ(または薄口しょうゆ)…大さじ1と1/2
・白いりごま…小さじ2
白菜…1玉
塩…80g

C
・キムチの素…上記1回分の量
・ニラ(ざく切り)…1束
・にんじん(千切り)…1本

作り方

1.キムチの素をつくる。Aをフードプロセッサーにかけ、ペースト状になるまでかくはんする。

2.1にBの材料を分量順に加える。

3.白菜を縦に4等分にして塩でもみ、重石をして2時間ほどおく。

4.Cをすべて合わせる。

5.白菜の葉1枚1枚に4を塗り、挟んでいく。

6.5を密閉容器に入れ、常温で保存する。1日に1回、新鮮な空気を入れる。この時カビが生えていないかチェックし、生えていたらとりのぞく。好みの酸味になったら冷蔵庫に保存する。他にも、大根、きゅうり、キャベツ、長いもなど、お好みの野菜で。塩加減は野菜の7%が目安。 

Point
野菜はキムチの素と合わせる前に よく水気を絞ってあげてください。白菜は芯の部分に丁寧にヤンニョンをもみこんであげると、均一でおいしい仕上がりになります。
…………………………………………………………………………..
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.17より抜粋

Translate »