Loading...
Travel

パワースポット・セドナでエネルギー・チャージ Vol.1

古くからネイティブアメリカンに聖なる地として崇められてきたセドナ。その神聖なエネルギーに引き寄せられるかのように、世界中からこの地を訪れる人々が後を絶ちません。宇宙からのポジティブなエネルギーが渦巻くボルテックス巡り、ホリスティックな暮らしが根付くセドナの人々の暮らしを尋ねました。

取材/吉良さおり

まずはセドナの基礎知識から! セドナって何処なの?

Information

セドナ:アメリカ南西部、アリゾナ州中北部

セドナへの玄関口:アリゾナ州都フェニックス

飛行時間:乗り継ぎ1回で13~14時間ぐらい

フエニックス空港からセドナまで:2~2.5時間ぐらい

標高:1371m

人口:約1万人

時差:日本時間マイナス16時間

言語:英語

 

なぜセドナがパワースポットだといわれているの?

そもそもネイティブアメリカン(先住民)の人々が居住地としていた場所で、古くから聖地として崇めていたエネルギーの高い場所が多く点在し、その後白人の人々が移住し、近年はアーティストやヒーラーの人々が多く集まる地となっています。

 

セドナで暮らしていた著名人といえば?

*ウォルト・ディズニー!

ビッグサンダーマウンテンのモデルになった山もあり、ディズニー自身は1940〜1950年代ぐらいに住んでいたそうです。

 

それでは、これからボルテックスを巡りますよ〜!

 

■Airport Mesa エアポートメサ

Access:The“Y”から車で約10分。

セドナの街全体を見渡せる360度の絶景パノラマが人気。ボルテックスの中では磁場が強く街中からのアクセスも良く、その心地よい解放感からヨガや瞑想を楽しむ人々も多い様です。特に日の出と日の入りの眺めは最高で、セドナ全ての山々が太陽を受けてオレンジ色になる様は神秘的です。エネルギーとしては男性性が強いようです。

 

■Chapel of the Holy Cross

Access:The“Y”から車で約20 分。

建築家フランク・ロイド・ライトの弟子、マルグリット・B・スタウドがデザインしたモダンな教会。イエスを抱きかかえたマリア様と、それを見守るシスターに見えることから名づけられた“マドンナ&チャイルド”と“ザ・ナン”の側にそびえ立つチャペルはとても神秘的。チャペル・ショップで販売している、聖水やオリジナルの自然派スキンケアはお土産にオススメです。

■Bell Rock ベルロック

Access:The“Y”から車で約20分弱。

ベル(鈴)の形に似ていることが名前の由来だというベルロック。こじんまりとした可愛らしい形が印象的ですが、実は男性性のエネルギーがとても高いレッドロックなのです。そのせいか、登る際に恐怖心や不安に駆られる人が多いらしく、登ったはいいけれど降りれなくなる人が続出しているのだそうです。傾斜が強く滑りやすいため、雨の日の登山は避けましょう。

 

■Cathedral Rock カセドラルロック

Access:The“Y”から車で約15分。

男性性と女性性のエネルギーが入り混じった、やや女性性が強めのボルテックスです。“ブッダ(釈迦)の手”と呼ばれるポイントが中心にあり、全体のエネルギー同様にバランスのいいシルエットが特徴的で、その側を流れる小川がこの場所のヒーリング効果を高めているようです。見る角度によって様々な表情が現われますが、少し険しい道もあるので注意しましょう。

 

■Boynton Canyon ボイントンキャニオン

Access:The“Y”から車で約27分。

ネイティブアメリカンの人々が人類発祥の地として信じている場所で、古代ネイティブアメリカンの遺跡が92カ所も発見されているらしく、上空からは古代の人々の生活の足跡も眺められるようです。カチーナウーマン(女性性の岩)と、ノウル(男性性の岩)の間で瞑想をすると、男性性と女性性のバランスがとれてグラウンディング力が高まるそうです。

 

*The Y(ザ・ワイ)とは?

セドナ内の移動の基点となる交差点のこと。車の移動の際にはまずこのYを覚えておきましょう。

 

 

■ボルテックス入門 

ボルテックスを歩く際のポイント〜

 

 山々は急な傾斜が多いので、両手が自由になる服装と歩きやすい靴で登りましょう。時季によっては朝晩が冷え込んだり、日差しが強いため、軽く羽織るものがあると便利です。

 

 各ボルテックスのある場所では強力なエネルギーを発しているスポットが多々あり、手をかざすとビリビリとしびれるような感じがあったり、人によって感じ方は様々です。

 レッドロックの石を記念に積み上げるのがボルテックス巡りの主流。ただし石を持ち帰るのはお勧めできないようで、持ち帰ってもほとんどの人が送り返してくるそうです。

 

4 満月と新月の夜のエネルギーは格別なので、もしスケジュールの都合がつけばどちらかの日を選んでみましょう。新月は魂の浄化、満月はパワーチャージにオススメです。

 

5 ボルテックスのエネルギー自体がスパイラル状に渦を巻いているような雰囲気なので、ボルテックス周辺の木はどれもこんな感じのうねりが強い不思議でホーリーな木ばかり。

6 ジュニパー、サイプレス、パインなどの木が多いボルテックスでは、ワイルドな天然のアロマがずっと漂っている場所も多く、その香りがまたヒーリング効果を高めてくれます。

Translate »