ヒト、ハチ、そして地球環境に優しいオーガニックハチミツをつくるMielizia(ミエリツィア)

イタリアのオーガニックハチミツを代表する
トップブランド「Mielizia(ミエリツィア)」。
その多彩なラインナップを生み出すのは、 イタリア全州の養蜂家が加盟するCONAPI(コナピ)。
生物多様性を担うハチを守る
サステナブルな取り組みに注目します。

ハチと養蜂家がつくり上げる風味豊かなハチミツ 

「CONAPI(コナピ)」の略称で知られる1979年設立の「イタリア全国養蜂家協同組合(COnsorzio Nazionale APIcoltori)」は、イタリアの養蜂業を代表する協同組合です。加盟できるのは、伝統的な手法をもとに統一された技術を用い、最高品質の鮮度を約束できる養蜂家のみ。北はピエモンテから南はシチリアまで、600名以上の養蜂家が加盟しています。 

彼らの仕事は、採蜜地特有の風味や香りを伝える製品作りの手伝いをすること。ハチミツには一切高温処理を加えません。ミツバチの巣箱の中の温度と同じ40度前後の環境を保つことで、天然の風味や香り、栄養をまるごと残したハチミツをお届けしています。 

養蜂家の仕事はハード。開花時期に合わせて果樹園とコミュニケーションを取り巣箱を設置したり、ミツバチたちにはできない巣のメンテナンスなど、天候や気温の変化に配慮しながら様々な作業をこなします。  

地球の生物多様性を守るオーガニック農法 

 ミツバチは花の蜜を集めると同時に、体毛に付着した花粉も運びます。食用作物の7割は、彼らが貴重な遺伝データを伝達してくれるおかげで存在するのです。そんな生物多様性のカギを握るミツバチを守るため、CONAPI     は化学薬品を一切使わず環境に配慮した採蜜法を実践します。             

 養蜂家たちの声を公的機関に伝えるという役割も拡大しており、 2000 年には浸透性殺虫剤の有毒性を訴える活動を開始。昆虫の生態や地球に優しい農法を提案しています。 

 自然の多様性を守る戦いの最前線に立つ CONAPI。その活動が、人々をも農薬から守っているのです。         

ミエリツィア イタリア産アカシアの有機ハチミツ  スクイーザーボルト(左)250g/1,550円+税  ミエリツィア イタリア産  ピエモンテの森の有機ハチミツ(右)  250g/1,200円+税    ※値段は編集部調べ  

http://www.mielizia.jp/

↑ハチミツを使ったレシピ等の情報はこちら  

日仏貿易株式会社    
東京都千代田区霞が関 3-6-7
0120-003-092
info@nbkk.co.jp

Translate »