veggy vol.64 デトックス

veggy vol.64

最新号の雑誌「veggy(べジィ)」の特集は、“デトックス”。新しい元号を始めるにあたり、まずは心機一転、平成で溜めこんだ古いものをデトックスしましょう。
シンプルにするほど人生が輝く!ココロとカラダをまるごとデトックス。

スペシャルデトックス対談! 片岡鶴太郎&ケン・ハラクマ 
【Beauty, Health, Trip, and more……】

48 長時間炊き玄米で内からデトックス! 「千坂メソッド」
50 肝臓の働きを助けてくれる
「ゴジベリー」のデトックス効果
52 スムージーやジュースの悩みを解決! 
デトックスも糖質オフの時代
54 大地の恵みたっぷりのミネラルファスティング
56 “体の本来の機能を正常に”
今必要とされている「天然水」とは
藤田紘一郎インタビュー
58 室内環境もカラダも全てが活性「ガンマプロ」
60 「環境汚染物質検査」のすすめ
63 至高のデトックスサロン japayurveda和堂
66 ALISHAN ORGANIC LIFE TIMES MAY

▷▷ veggy 初めてのペット特集! ! 

69 ペットのためのナチュラルライフ
NATURAL LIFE FOR PETS
70 ヘルシーで簡単! ペットレシピ
/鳴島律子
74 ペットたちのナチュラルライフ
76 大切な愛犬・愛猫に ナチュラルペットアイテムBest5
78 「薬膳ドッグフード」という希望の光
80 ペット&スパホテル伊豆高原
82 私たちの少しのチョイスが地球のハッピーへと繋がる
LINAインタビュー
86 「食」の大切さにきづいたら、「調味料」を変えてみよう! 
88 Organic Certificates Worldwide! 
今こそ世界のオーガニック認証を知ろう
92 Beauty the “organic” way
96 美しさは指先から決まる 〜新しい自分へと〜
120 LET’S EAT OUT TODAY 北陸編
141 BOOK
142 veggy JOURNAL
145 INFORMATION

【Features】

14 丁寧な暮らしの実践で
ココロとカラダのデトックス
/スペシャルDetox対談 片岡鶴太郎×ケン・ハラクマ
18 体・心・脳、全てつながっているから
“三位一体”でデトックスしよう! 
23 ヘルスコンシャスな人に聞く、ベジィな暮らし
/高田有紗/ダンテ・オレール/アレキサンダー・デルチ
/NOMA/Reme/小野瑠璃/大河内志保/杉浦千春
/小宮山順子/渡辺ゆきよ/小松和子/長堀優
32 Let’s Detox & Cleanse!!
36 心身を浄化する! 
初夏のデトックスレシピ

▷▷ SERENDIP TRAVEL

with Kids 聖なるバリ島・ウブドの旅
100 ウブドで行くべきパワースポット
102 ウブドで行くべきヴィーガンレストラン&カフェ
104 神々しいワイルドなジャングルに泊まる
108 アグン山を望むクラシカルなバリ建築とライスフィールド
110 グランピングよりもワイルドでラグジュアリーなテント・ステイ
112 Ubudian ウブドに暮らす人々

【Regulars】

7 GO! VEGGY GO! ロサンゼルス/ロンドン/日本
62 Enjoy Your Herby Time 最終回
64 サウンドヒーリングの旅 vol.4
122 「 Sayuri healing foodカフェ」通信 Vol.15
124 カヒミ カリィのベジタリズモ Vol.56
128 RINA’s Healthy & Yogi LIFE Vol.7
129 ハーバリストはははるなのハーブ漫画エッセイ
みたり・きいたり・ためしたり vol.6
130 熊谷真実のホリスティック・ビューティー・ライフ 第18回 
132 やさしいアーユルヴェーダ vol.2 
134 ギルトフリーの小宇宙 第6回
136 マクロビマウスの日本ベジカフェガイド vol.30
教えて! ぴーぽーくん Vol.3
138 ホリスティック・スペシャリストインタビュー Vol.6
140 有機農家の声 vol.9

ご購入は、こちらから
▷▷ veggy vol.64
▷▷ Amazon

野菜でデトックスレシピ

春が近づいてきましたね!
しかし、まだまだ夜は冷え込む日が続いています。
本日は、体を温めて、 体内の老廃物を解毒・浄化するデトックス・レシピを紹介します。


材料
生姜…20g
玉ねぎ…160g
人参…120g
レンコン…120 g
ブロッコリー…80 g
ひよこ豆(缶詰)…160 g
玄米…1.3カップ
昆布椎茸だし…350cc
オリーブオイル…適量
塩…少々
コショウ…少々
サフラン …ひとつまみ (ない場合はターメリック小さじ1/4)
コリアンダー(ホール)…小さじ1

作り方
1.玄米は1.2倍の水とともに炊飯器の通常白米モードで固く炊く。圧力なべを使う場合もいつもより固めに炊く。
2.人参は5mm幅の拍子切りにして軽く塩をする。レンコンも5mm幅でスライスし、半月(大きければ4つ)に切る。温めたタジン鍋にオリーブ油少々を敷き、サッと炒めてボールにあける。
3.生姜は千切り、玉ねぎは薄い廻し切り、ブロッコリーは食べ易い小房に切り分ける。サフランは50ccの熱湯に漬けておく。
4.タジン鍋にオリーブオイルを少々敷き、生姜と玉ねぎ、コリアンダーを入れ、玉ねぎが茶色に色づくまでよく炒める。
5.玄米ご飯を4に入れ、ひと混ぜしたら、昆布椎茸出汁とサフランを湯ごと注ぎ、塩、コショウで味を調える。玄米ご飯の上に、人参、レンコン、ひよこ豆をのせてタジン鍋の蓋をし、弱火にかけて12~13分炊き込む。炊き上がる3分前にブロッコリーを入れる。炊き上がったら火を止めて、2~3分蒸してできあがり。

Point
タジン鍋独特のスチーム効果により、多湿低温調理となるため、野菜の栄養素を壊すことなく、素材の風味を引き出します。オレンジ色がキレイなサフランは子宮を活性化する働きがあり、生理不順や婦人病に効果的とされ、血行促進の働きもあるので、美肌も期待できます! 体を温める生姜、そして人参、ブロッコリーなどの緑黄色野菜を豊富に取ることで、冬の寒さに負けない身体づくりをしましょう。

使っている野菜のそれぞれの効能

玄米
デトックスの王様といえばやっぱり玄米。
フィチン酸による高いデトックス作用で、毒素や老廃物をしっかりと排出してくれます。

ブロッコリー
カロテンとビタミンCが多く、抗酸化作用、解毒作用、ガン予防で注目されるスルフォラファン、糖尿病予防に効果的だとされるクロムも豊富です。

レンコン
抗酸化作用や咳止め効果のあるタンニン、整腸作用のある不溶性の食物繊維が豊富です。
※記事初出時、粘り成分の総称として「ムチン」について記述しておりましたが、
「ムチン型糖タンパク質」との誤解が生じかねないものであったため、削除いたしました。

人参
豊富に含まれるカロテンが免疫力をアップし、皮膚や粘膜を強化します。生のニンジンジュースは酵素とビタミンの宝庫なので、自然な解毒を促します。

玉ねぎ
有害物質とくっつくことで、毒素の影響を防ぐというケルセチンが多く含まれ、動脈硬化予防、毛細血管の増強など様々な効果が期待されています。

生姜(新生姜)
身体を温める作用があるのはもちろん、消化器系を刺激し、食物の栄養分を身体に吸収されやすくし、毒素が体内に蓄積するのを抑える働きがあります。
……………………………………………………….
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.7より抜粋

Translate »