野菜が主役のサラダごはん2

毎日食べても飽きない、簡単でおいしい生野菜のレシピと言えば、サラダ。ボリュームたっぷりで大満足できるサラダのレシピをご紹介致します!

季節の野菜をシンプルにいただく
初夏のグリーンサラダ


材料(2人分)

ベビーリーフ…適量
絹さや…10個
アスパラ…3本
そら豆…4本
[オレガノマスタードドレッシング]
オリーブオイル…大さじ2
しょうゆ…大さじ1
マスタード…大さじ1
水…大さじ1
酢…小さじ2
ドライオレガノ…小さじ2
みそ…小さじ1
にんにく(すりおろし)…1かけ
塩…少々

作り方
1.鍋に湯を沸騰させ、絹さやを数十秒、アスパラは1分ほど、そら豆はさやから豆を取り出し2分ほど茹で、冷ます。

2.オレガノマスタードドレッシングの材料をボウルに入れ、よく混ぜあわせる。

3.ベビーリーフを盛ったお皿に、1の野菜を盛り、2をかける。

スパイスが食欲をそそる
テンペとじゃがいものカレーサラダ


材料(2人分)

レタス…適量
テンペ…100g
じゃがいも…1個(約100g)
パプリカ(さいの目切り)…1/4個
玉ねぎ(薄くスライス)…1/4個
水菜…適量
[カレーディッピングソース]
ココナッツフレーク…大さじ3
カレー粉…大さじ1
オリーブオイル…大さじ1
水…大さじ2
しょうゆ…小さじ2
てんさい糖…小さじ1
塩…適量
こしょう…少々

作り方
1.じゃがいもは角切りにし茹でておく。
2.カレーディッピングソースの材料をボウルに入れ、混ぜあわせる。
3.2に適当な大きさに切ったテンペを入れ、ソースをからめる。
4.1のじゃがいも、パプリカ、玉ねぎレタス、水菜を加え、混ぜあわせ、皿に盛る。

Point
生のテンペが苦手な場合は、オイルで炒める、オーブントースターで焼いたりすると食べやすくなる。また、下味にしょうゆ、にんにく、しょうが、塩、ハーブなど好きな調味料を少量の水と一緒にテンペに浸しておくと、さらに美味しく調理できる。おすすめのテンペはモタイきのこ園の『あいテンペ(http://www.kinokoen.net/)』

このレシピを教えてくれたのは・・・


高嶋綾也
菜食料理人。マクロビオティックやローフードを経て、現在はより 広範囲に食から世界を変えていこうと、菜食料理教室、講演、各種プロデュース、イベントの開催などを行ない活躍中。ブログ『Peaceful Cuisine』:http://www.peacefulcuisine.com

雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.16より抜粋

野菜が主役のサラダごはん

毎日食べても飽きない、簡単でおいしい生野菜のレシピと言えば、サラダ。ボリュームたっぷりで大満足できるサラダのレシピをご紹介致します!

日本人好みの和風ベース
納豆サラダそば


材料(1人分)

そば…1束
納豆…1パック
ラディッシュ(薄い輪切り)…1個
レタス…適量
炒り白ごま…適量
海苔…適量
[わさびしょうゆタレ]
しょうゆ…大さじ2〜3(お好みで調整)
みりん…大さじ1
水…大さじ3
わさび…適量

作り方
1.そばを茹でる。

2.わさび醤油タレを混ぜあわせる。

3.レタスとラディッシュを皿に盛り、そば、納豆、海苔を盛り付け白ごまをふりかける。

4.2を全体にかけていただく。

クセになるコクと食感
シーザーサラダ


材料(1人分)

ロメインレタス…適量
トマト…適量
[クルトン]
食パン…1枚
オリーブオイル…大さじ4
にんにく(薄くスライス)…1かけ
塩…小さじ1/4
パセリ…小さじ2
[ノンオイルシーザードレッシング]
アーモンド…10g
カシューナッツ…20g
水…120cc
レモン汁…小さじ2
にんにく…1かけ
塩…小さじ1/2
サイリウム…小さじ1

作り方
1.シーザードレッシングのすべての材料をミルサーに入れ、よくかくはんする。

2.クルトンを作る。食パンを1cmほどの角切りにしてオーブントースターで焦げないように熱して水分を飛ばし、カリカリにする。

3.フライパンにオリーブオイル、にんにく(薄くスライス)、塩、パセリを入れてニンニクの香りが出てくるまで少し熱し、2の食パンを入れて炒め、水分がなくなりカリカリになるまで弱火で炒め、よく冷ましておく。

4.ロメインレタスを適当な大きさにちぎり、大きなボウルでシーザードレッシングをよくからめる。皿に盛りつけ、クルトンとトマトを飾る。

Point
シーザードレッシングのアーモンド、カシューナッツ、サイリウムなどが手に入りにくい場合、ミルサーがない場合は、水100cc、オイル50g、レモン汁小さじ2、にんにく1かけ、塩小さじ1/2、以上の材料をよく混ぜあわせるとオイル控えめのシーザードレッシングができる。

ピリ辛のみそダレが効いてる!
発芽玄米サラダ


材料(1人分)

発芽玄米…200g(玄米0.5カップ)
くるみ…20g
レーズン…20g
水菜…1束
にんじん(千切り)…30g
玉ねぎ(薄いスライス)…30g
アボカド(さいの目切り)…1/2個
[辛みそダレ]
みそ…20g(約大さじ1と1/2)
水…20g(約大さじ1と1/2)
炒り白ごま…10g(約大さじ2)
豆板醤…2g

作り方
1.発芽玄米を作る。玄米をたっぷりの水に浸水させて発芽させる。(夏:半日〜1日、冬:1〜2日程度。)1日1〜2回ほど浸水用の水を替える。早く発芽させたい場合は、約35℃の湯で浸水させるとよい。

2.発芽させた玄米を軽く水でとぎ、水気をきり、玄米と同量(玄米1カップなら水1カップ)の水で、白米と同じように炊く。

3.辛みそダレの材料を大きめのボウル入れ、よく混ぜあわせる。

4.3のボウルに残りの材料をすべて入れ、混ぜあわせて皿に盛る。

このレシピを教えてくれたのは・・・



高嶋綾也
菜食料理人。マクロビオティックやローフードを経て、現在はより 広範囲に食から世界を変えていこうと、菜食料理教室、講演、各種プロデュース、イベントの開催などを行ない活躍中。ブログ『Peaceful Cuisine』:http://www.peacefulcuisine.com

雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.16より抜粋

 

Translate »