【世界のヴィーガン放浪記】VOL.2 エストニア・タリン

こんにちは、ヨーロッパのヴィーガン文化の首都と呼ばれているドイツはベルリン在住・イラストレーターのKiKiです◎

友人を訪ねたり、アートイベントのために近隣諸国を訪れることも多いこの夏。『旅のついでに、その国のベジタリアン・ヴィーガンレストランにも寄ってみよう!』と思いついた企画、『世界のヴィーガン放浪記』。第2回目は、ベルリンから飛行機で2時間半ほどの距離。北欧・バルト三国の一つ、エストニア・タリンでの旅をお届けしたいと思います!

北欧・バルト三国の一つエストニア・タリン

ユネスコ世界遺産に登録されているタリン旧市街

エストニアの首都・タリン。公用語はエストニア語ですが、街の人に話しかけるとほとんどの方が英語で返してくれました。

聞きなれない・見慣れないエストニア語ですが、街で見かける言葉を見ていると、時々『ん?ドイツ語?』と見間違えることがあるくらい、似た単語を見つけることができました。

例えばドイツ語で芸術は『Kunst』というのですが、エストニア語も『Kunst』。薬局はドイツ語で『Apotheke』、エストニア語はちょっと似ている『Apteek』。ヨーロッパの言語は親戚同士だから、文法だったり似ている部分が多いというのはベルリンに3年ほど住んで、ヨーロッパの他の国の人と話すたびに実感していますが、それにしても似ているところが多くて気になり、エストニア人の方に聞いてみました。

『エストニアは昔、ドイツに占領されていた歴史があるんだ。だから、ところどころにドイツ語のようなものが残ってるんだよ。食べ物も、ドイツ料理に似たものが多いね。おじいちゃん・おばあちゃんの世代では、ドイツ語を話す人もいるよ。他にも歴史的背景から、ロシア語しか話せない年配の方たちもいるんだ』

エストニアは昨年の2018年に、1918年2月24日の独立宣言から100周年を迎えました。

街はのどかで、平和そのもの。エストニア人は静かで、シャイで、お礼の後の笑顔が素朴だけれども暖かい、とても親切な人たちでした。国も人も、たくさん大変なことを乗り越えた経験がある方が、暖かくて、優しい気がします。4日間滞在して、大好きな国の1つになりました。

さて、そんな心暖かい国・エストニアはタリンで出会った、ヴィーガンフードをご紹介しますね◎

Vegan Inspiratsioon

旧市街地を散策してみると、かなり『Vegan』という言葉を見つけることができました。どのお店に入ろうかな…と悩んでいると、『Vegan Inspiratsioon』の文字が目に止まりました。

『Inspiratsioon』はエストニア語ですが、雰囲気から察するにきっと『Inspiration(インスピレーション)』と言う意味なのでは…?と早速翻訳アプリで調べると、ビンゴ!前回のブリュッセル編もそうでしたが、名前からして素敵なお料理が出てきそうな予感…!

店内に入ると、内装も素敵で、落ち着いた雰囲気。すでにたくさんのお客さんで賑わっていました。若い男性グループ・カップル・友達同士でワイワイしている人など、客層も様々。

店員のお姉さんに、エストニアのヴィーガン事情について聞いてみると『エストニアでは、とても日常的な文化よ。多くの人が環境や健康について考えて、食事を選んでいるわ』とのこと。

店内にはヴィーガンの雑誌と、こどもたち用の塗り絵も。

『CREATE THE WORLD YOU WANT TO LIVE IN. (あなたが住みたいと思う世界をつくろう!)』なんて、すてきな塗り絵!

そして、本当にたくさんあるメニューの中から迷って選んで注文したお料理は、こちら◎

実は、タリン空港についてすぐになぜか発熱してしまったので(手持ちの薬を飲んだら熱は下がりましたが…)、栄養をとらなくちゃと、とにかく野菜たっぷりでボリューミーなものをチョイスしてみました。

特製ソースとチェダーチーズソースに絡まって、本当に美味しかったです。特に、紫花豆とひよこ豆が中にぎっしり詰まっていて、お腹がとても満たされました。ヴィーガン料理は、お肉の代わりに豆を多く使うことが多いのですが、ヴィーガン料理を食べ始めてお豆の美味しさに気づきました。

美味しいごはんで満たされて、ハッピーになりながら店内をもう一度散策してみると壁にペインティングしている女の子を発見!彼女、Maari Soekovはタリン在住のアーティストで、今日と明日でこの壁画を完成させるのだそう。残念ながら完成した実物は見ることができませんでしたが、彼女のinstagramで見ることができるので、ぜひ。見ていてとても元気がもらえるパワフルなイラストです。

———————————————
『Vegan Inspiratsioon』
Address : Pagari 1/Lai 44, Tallinn

URL:https://veganinspiratsioon.ee/
———————————————

Karu talu šokolaad

さて、今回はもう1件訪れてみました。壁画のアーティスト・Maariにおすすめよ!と教えてもらった『ヴィーガンチョコレート』のお店です。

店内には、まるでアート作品のようなチョコレートがずらり。ひとかけらの大きさは、ケーキ1ピースくらいで結構ボリューミー。すべてグルテンフリー、ミルクフリー、そしてハンドメイド。

悩みに悩んで、わたしが選んだものはこちら◎

王道のいちごを選んでみました。とても大きなピースですが、甘さ控えめで食べ進めてもしつこくない、とても優しい味でした。上に乗っているドライストロベリーも、チョコレートととてもマッチしています。店員のお兄さんに『あなたもヴィーガンなの?』と聞いてみると、『僕の両親がずっと動物愛護家で、生まれたときから動物は食べたことがないんだ。だから26年間ヴィーガン生活を送っているよ』とのこと!とても笑顔が優しいお兄さんでした。

——————————————————————-
『Karu talu šokolaad』
Address : Voorimehe 4 80032 Tallinn, Estonia

URL:https://www.facebook.com/karutalu.chocolate
——————————————————————-

様々な考えや意思を持って、ヴィーガン料理を選んでいる人たちが多いということが改めてこの旅でわかりました。強制するわけではありませんが、日本でもヴィーガン料理を選択できる環境が普及したら、また少し世界の味方も変わってくるかも知れません。

さて、わたしはベルギーとエストニアの旅を終えてベルリンでの生活に戻っています。次回は、ベルリンの大好きなヴィーガンカフェをご紹介しますね◎

西伊豆の小さな限界集落出身。交通機関もない、1番近いお店まで車で1時間。とにかく大自然しかない小さな集落で、紙とペンと空想で無限大に遊べることが、この上ない娯楽で贅沢でした。

2012年京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科卒業。その後、同大学マンガ学科研究室にて副手を3年間務めながらイラストレーターとしての仕事を少しずつ増やしていき、2015年からフリーランスに。居場所を探して旅するように生きていたらベルリンに辿り着き、2016年の夏から移住。

例えば、私のように小さい集落で暮らしている子が、そこから旅立つ時期を迎えたときに、『世界はこんなにも広くて、こんなにも選択肢があるんだ』って気づけるようなものを残していけたら、最高だなと思いながら絵と文章をかいています。

Portfolio site : http://kiyonosaito.com/
instagram : https://www.instagram.com/kikiiiiiiy/

veganハワイアンカフェ「スウェルボウルズ」6月7日広尾にオープン!

veggy編集部に、嬉しいニュースが飛び込んできました!
なんと、100%プラントベース(vegan)のハワイアンなごはんが楽しめるカフェ

「Swell Bowls」(スウェルボウルズ)が、本日(2019/6/7)東京・広尾にオープンするというのです!

もともとこの場所は、2018年4月にオープンした「Vegan Cafe」。
この度、株式会社みんなのごはんさんの監修のもと、店名・コンセプト・提供メニューを含め、全面的に刷新されることになりました!
ハワイアンのごはんといえば、お肉やお魚がたっぷり使われているイメージですが、それを植物性のものだけで再現されているなんて、とっても興味がありますよね!!

veggy編集部は早速、一足お先にこちらのカフェを取材させていただき、メニューを堪能してきました!!

こちらが、実際にお店で販売されるメニュー。

Vegan “POKI” rice bowl (regular)/1,200円(税別)

一般的にはまぐろがのっているポキ丼。この、赤いものは、ビーツと寒天から作られていて、食べてみると本当にまぐろそっくり!感動的な味でした!

Swell Deli Bowl/1,450円(税別)

色々なデリが楽しめるボウル。野菜をたっぷり食べたい日に選びたい一品^^

Vegan Boll Dog /780円(税別)

石井食品(所在地:千葉県船橋市)さんのヴィーガンミートボールを使用したドッグ。さすが石井食品さん!というくらいに美味しかったです!!

Tofu Benedict/1,480円(税別)

卵を使っていないエッグベネディクト。チーズに見立てた黄色のソースは、かぼちゃとターメリックが入っているよう一瞬、本物のチーズと間違えてしまうほど濃厚でした。

Vegan Loco Moco  Rice Bowl/1,280円(税別)

通常、ロコモコ丼にかかっているグレービーソースは、動物のお肉から出汁をとってコクを出すのですが、このヴィーガンロコモコ丼のソースは、植物性なのにとってもコクがありました!

 

Sparkling Raspberry&Rose/Sparkling Non Alcohol Mojito/Organic GingerAle  各480円(税別)
どれもこれも感動的な美味しさで、始終ほっぺたが落ちまくる編集部。

皆さんにも、この感動が伝わったらいいのですが。。。゚(゚´ω`゚)゚。

 

こちらの方が、この「Swell Bowls」のオーナー、猪野裕子(いの ゆうこ)さん。
「Swell」とは、うねりという意味。猪野さんご自身がサーフィンをされているということと、お店自身が、良い波に乗っていきたいという想いが込められているようです。
また、「Bowls」は日本人の大好きな丼(どんぶり)を表しており、実際に、お店で用意されているメニューも、丼ものが大半です。
とっても明るく気さくなオーナーさんで、それがそのまま、お店の居心地の良さにも現れているようでした。

気になるカフェ情報は、こちらから。
店名:Swell Bowls(スウェルボウルズ)
住所:〒106-0047 東京都港区南麻布4-5-65広尾アーバン1F
※日比谷線広尾駅1番出口から徒歩3分
OPEN 11時30分CLOSE 19時
皆さんの「行ってきたよ」報告、お待ちしていますね٩(ˊᗜˋ*
[株式会社みんなのごはん]
みんなのごはんはベジタリアンや健康志向、ダイエッターなど、健康面やライフスタイルによる食の多様性に柔軟に対応できる社会を目指します。そして多様な食のスタイルの人たちがストレスなく食事を共にできる「みんなのごはん」を創り出すことがわたしたちのミッションです。
主要取引先:JAL、SHARP、石井食品株式会社など

おうちでカフェごはんレシピ(4)

ローフード Rawfood
日本でも美容や健康に関心の高い人たちがこぞって取り入れはじめた、ローフード。野菜や果物を非加熱、または低温調理していただく食事法を指し、リビングフードと呼ばれることも。生で食べることで、食物が持っている加熱によって失われがちな酵素やビタミン、ミネラルを効率よく摂ることができます。消化の負担が少なく、たくさん食べてもすっきり軽いのがうれしい!

コクのあるピリ辛ダレがポイント
韓国風海苔巻

材料(2人分)
海苔…全形2枚
切干大根(水で戻す)…適量
にんじん(千切り)…1/2本
ニラ(4センチ幅に切る)…5〜6本
きゅうり(千切り)…1/2本
アボカド(縦切り)…1/2個
サンチュ(またはグリーンカール)…適量

[A]
ごま油…大さじ2
にんにく(すりおろし)…小さじ1
塩…少々
粉唐辛子…適量
[B]
ごま油…小さじ2
白みそ…小さじ2
白すりごま…小さじ2
塩…小さじ1/2
粉唐辛子…適量

作り方
1.にら、にんじん、切干大根をAで和える。

2.海苔に、ごま油(分量外)を薄くぬり、サンチュ、1、きゅうり、アボカドの順にのせる。

3.2を巻き、Bで海苔のはしをとめる。お好みでBをつけて食べる。

シャキシャキとした食感のねぎが主役
ねぎサラダ

材料(2人分)
お好みのねぎ…80g
[A]
酢…大さじ2
しょうゆ…大さじ1
ごま油…大さじ1
白ごま…大さじ1
メープルシロップ…小さじ2
粉唐辛子…小さじ1

作り方
1.ねぎは長さ5〜6cmの長さで適当に細切りし、水にさらす。
2.Aを1とさっとあえて完成。

このレシピを教えてくれたのは・・・

加藤 馨一 さん

雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.20より抜粋

 

 

 

おうちでカフェごはんレシピ(1)

今回ご紹介するのは、野菜をたっぷり使った栄養バランスバッチリのレシピ。
カフェやレストランで食べるような豪華なワンプレートを、おうちで楽しんじゃいましょう。

いろんな野菜をまるごとサラダで
根菜のキンピラと野菜和風サラダ

材料(2人分)
[根菜キンピラ]…50g
にんじん(イチョウ切り)…25g
大根…25g(イチョウ切り)
れんこん(皮を剥き3mm幅に切り、水にさらす)…25g
ごぼう(3mm幅の斜め切りにし、水にさらす)…25g
鷹の爪…1本
酒…20g/しょうゆ…8g
砂糖…3g/白ごま…少々
ごま油…少々
オリーブオイル…適量

[バルサミコドレッシング]…10〜15g
玉ねぎ…1/2個(130g)
にんにく…10g
バルサミコ酢…180g
しょうゆ…40g/砂糖…8g
オリーブオイル…100g
塩・こしょう…適量

[A]
ソテーきのこ…30g
お好みの生野菜…30g〜
しょうゆ…少々/塩・こしょう…適量

[トッピング]
玉ねぎスライス、きざみねぎ、トマト、オリーブオイル…適量

作り方
1.根菜のキンピラを作る。フライパンにオリーブオイルを入れ火にかけ、カットした野菜、鷹の爪を入れ軽く炒め、少ししんなりしてきたら酒を加えアルコールをとばす。さらにしょうゆ、砂糖、白ごまを加え全体に味が馴染んだら仕上げにごま油を加え冷ましておく。

2.バルサミコドレッシングを作る。鍋にオリーブオイル、にんにくを入れ、火にかけ色づいてきたら、玉ねぎ、塩(分量外)を加え甘味がでるまで炒める。さらにバルサミコ酢を加えて半量位まで弱火で煮詰め、一度冷まし残りの材料をすべて加えミキサーにかけ、塩・こしょうで味を調える。

3.ボウルに1と2、Aを入れ混ぜ合わせ、皿に盛りつけ、トッピングの材料を飾る。

ほくほくクリーミーな定番サラダ
ポテトサラダ

材料(2人分)
じゃがいも(メークイーンを使用)…1個(200g)
玉ねぎ(薄くスライス)…100g
オリーブオイル…30g
豆乳…50〜80cc
白ワインビネガー…適量
ドライバジル…適量
塩・こしょう…適量

作り方
1.じゃがいもは皮を剥き2〜3cm位の乱切りにし、鍋に水と一緒に入れて火にかけ沸騰したら火を弱め、塩を加える。

2.別の鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎを甘味がでるまで炒める。

3.じゃがいもに火が通ったら水を切り、再び鍋に戻しマッシャーなどで水分を飛ばしながら潰す。

4.3に2の玉ねぎを加え、豆乳、オリーブオイルで固さを調節しながら、仕上げに白ワインビネガー、ドライバジル、塩・こしょうで味を調えて冷ます。

このレシピを教えてくれたのは・・・



森 浩樹 さん

雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.20より抜粋

【世界のヴィーガン放浪記】VOL.1 ベルギー・ブリュッセル

こんにちは、ヨーロッパのヴィーガン文化の首都と呼ばれているベルリン在住・イラストレーターのKiKiです◎

私は完全ベジタリアンではなく、野菜多めの食生活を好む柔軟主義者です。ベジタリアンやヴィーガンの文化にとても興味を持ちはじめたのは、ベルリンに引っ越してきた3年前から。

こちらのカフェやレストランに入ると、必ずと言っていいほど『ベジタリアン・ヴィーガン用メニュー』が用意されていています。

その理由としては、国際色豊かで、それぞれの個性を尊重することが自然と根付いているベルリンでは、どんな宗教・主義を持っていても、友人たちとみんなで美味しい食事を囲んでおしゃべりすることができる環境をづくりをしている、ということが挙げられます。

移住当初、日本では見かけたことがなかった『ベジタリアン・ヴィーガンメニュー』に、とても興味を惹かれました。

まず、野菜のそのままの味や色を生かしたアーティスティックな料理が多く、その見た目の美しさに魅了されました。どちらかというと私はお肉が好きな方なのですが、それがなくても全く気にならないくらい美味しい料理が多いということに驚きました。また環境問題に対する意識がとても高く、食べ物や物を自然と大切にしている様子に、とても居心地の良さを感じました。

それ以来、入ったお店にベジタリアンメニューを見つけると、注文してみることが多くなりました。

ヨーロッパ国内の移動が格安でしやすい、ベルリン。他のヨーロッパの国のベジタリアン・ヴィーガン文化はどうなっているのだろう…?友人を訪ねたり、アートイベントのために近隣諸国を訪れることも多いこの夏。『旅のついでに、その国のベジタリアン・ヴィーガンレストランにも寄ってみよう!』と思いついたのが、この企画です。

もちろんベルリンにも素敵なカフェがたくさんあるのですが、とりあえず第1回目は先日フランス人のイラストレーター友達Leaを訪ねて訪れたベルギーはブリュッセル編をご紹介したいと思います!

ベルギー・ブリュッセル



ベルギーの首都・ブリュッセル。EU本部があるこの街では、フランス語・オランダ語・ドイツ語の3つの言語が公用語として共存している、公用語が一つしかない私たち日本人から見ると、とても不思議な街です。

住んでいる人たちはベルギー人はもちろん、3つの公用語がある関係で他の国からの移民が多く暮らす、ベルリン同様国際的な都市です。フランス人の友人も、通っていたイラストスクールがブリュッセルにある関係で、こちらに移住してきました。街ではフランス語が多い印象でしたが、もちろん英語で話しかけると英語で返してくれます。

フランス人の友人に『オススメのヴィーガンレストランってある?』と聞いてみると…

『う〜ん、いろんな国の人や宗教を持つ人が住んでいるから、基本どこのお店でもベジタリアンやヴィーガンメニューはあるわよ』とのこと。

例えば、彼女自身も友人と集まって家でパーティーをするとき、様々なバックグラウンドを持った人たちが集まるので、ベジタリアンメニューは必須とのこと。これはベルリンで生活していても、よくあるお話です。

ちなみに彼女のボーイフレンドは、アフガニスタン人。宗教はイスラム教、ムスリムです。私が遊びに行った時は、ちょうどラマダン中で(イスラム教徒に課せられた五つの義務「5行」の一つで、30日間の断食を行う聖なる月のこと)深夜から早朝までの限られた時間内でしか飲食できず、終始疲れた様子でした。

滞在中、彼女はフランスの家庭料理・キッシュをつくってくれたのですが、『ムスリムの人がいるから、ベーコンは鳥のものを使うけどいい?(ムスリムは豚を食べることができません)』という会話が。こういう気遣いが日常的なのが、こちらでの生活です。

さて、彼女もどこのレストランがオススメなのかわからない!ということで、googleさんに尋ねてみました。そこで1件、目に止まったお店の名前が。『AMIだって!フランス語で友達って意味よ。きっと美味しいんじゃないかしら?』素敵な名前だね!と彼女と意気投合し、『AMI』に行ってみることに。

『AMI』に、行ってみました!



トラムに揺られ、15分ほど。『AMI』にやってきました!お店の外観も素敵。

開店時間の12時ちょうどに到着してしまったのですが、『まだ準備中なの〜、ちょっと待っててくれる?』と店員さんが。のんびり友人とおしゃべりしていたら、『OKよー!』との声。

Amiでは、ベジタリアンのヘルシーで美味しい料理をすべての人に届けるために、愛と情熱を込めた自家製のものを提供しているそうです。ベジタリアン、ビーガン、グルテンフリー。すべてオーガニックで安心な食べ物ばかりです。

店員のお姉さんに、オススメのメニューを尋ねると『AMIバーガーの”Veggie”がうちの看板メニューよ!』とのこと。早速注文してみました!

そしてやってきた、とてもカラフルで美味しそうなバーガーは、こちら !!!

まず驚いたのは、ハンバーガーのパン。自然で甘い味が、口の中に広がりました。そして、お肉が入っていないはずなのに、とってもジューシーで満足感がある野菜たっぷりのウィーガンパティ。お豆や人参などがミックスされて、つくられているそうです。特製ケチャップとマスタードも、お野菜と合って、本当に美味しい…!

一緒に添えられていた野菜チップスも、野菜そのものの甘さと、かかっているお塩が絶妙のコンビネーションでした。

店員のお姉さんに、ブリュッセルのベジタリアン・ヴィーガン文化について聞いてみると、
『この街では、とても有名なカルチャーよ。たくさんベジタリアン・ヴィーガンのお店もあるしね。あの角を曲がったところにも、数件お店があるわよ。…でも1番美味しいのは、うちだけどね!』と素敵な笑顔とともに、教えてくれました。笑

確かに、インターネットで探したらたくさんお店が出てきたけれど、私はこのフレンドリーな店員のお姉さんがいる『AMI』が好きです。店員さんともAMI(友達)になれるし、きっとベジタリアン・ヴィーガンAMI(友達)も見つけられるはず…?
———————————————–
AMI
Address : Rue Lesbroussart, 13 Ixelles
HP : https://ami-veggie.be/

———————————————–

KiKi / イラストレーター

西伊豆の小さな限界集落出身。交通機関もない、1番近いお店まで車で1時間。とにかく大自然しかない小さな集落で、紙とペンと空想で無限大に遊べることが、この上ない娯楽で贅沢でした。

2012年京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科卒業。その後、同大学マンガ学科副手を3年間務めながらイラストレーターとしての仕事を少しずつ増やしていき、2015年からフリーランスに。居場所を探して旅するように生きていたらベルリンに辿り着き、2016年の夏から移住。

例えば、私のように小さい集落で暮らしている子が、そこから旅立つ時期を迎えたときに、『世界はこんなにも広くて、こんなにも選択肢があるんだ』って気づけるようなものを残していけたら、最高だなと思いながら絵と文章をかいています。
Portfolio site : http://kiyonosaito.com/
instagram : https://www.instagram.com/kikiiiiiiy/

Translate »