おうち時間で日常洗剤を手作りしよう!ドイツのとびっきりのレシピ満載の本をご紹介◎

こんにちは、ベルリン在住・イラストレーターのKiKiです。

おうち時間が長い中、いつもよりお料理を凝ってみたり、ヨガをしてみたり、本を読んだり、それからきっと新しいことに挑戦している人もいるのではないでしょうか。

そんなおうち時間の過ごし方の1つの提案として、今回はドイツのある本をご紹介したいと思います◎

Fünf Hausmittel ersetzen eine Drogerie (ドラッグストアに代わる5つの家庭薬)

画像提供:smarticular

Fünf Hausmittel ersetzen eine Drogerie (ドラッグストアに代わる5つの家庭薬)

この本はタイトル通り、ドラックストアに変わる5つの家庭薬として、なんと手作り日常洗剤のレシピがたくさん載っているのです!

材料は化学物質を一切使わず、お酢やレモンなど天然で自然に優しいもの。自分で手作りするのもとても楽しいですし、なにより”何”が使われているのかはっきりわかることが安心できます。

私はもともと敏感肌で、化学物質が使われているものを使用すると肌が赤くなったり、痒くなったりします。なるべくBIOのものを選んでいますが、オーガニック先進国のドイツで身近な存在であっても、やはりすべてBIOで揃えると生活費が高くなってしまいます。

例えば、BIOの洗濯用洗剤は8ユーロ(約1000円)!

そう悩んでいると、ドイツ人のルームメイトがこの本を勧めてくれました。彼女はいつもなんでも自分で手作りしていて、”洗濯用洗剤も簡単に手作りできるし、材料費もとっても安いのよ”と、教えてくれたのです。

実際に作ってみたのですが、とても簡単で材料費も安い。使い心地もよくって、かれこれ半年ほど愛用しています。

この本は、ドイツ語で販売もドイツ国内に限られていますが、公式サイトにもたくさんのお役立ちレシピが公開されています!

公式webサイトより: https://www.smarticular.net/

サイトは英語とドイツ語のみですが、PCをMacを使っている方なら右クリックで自動日本語翻訳ができますし、google翻訳などのサービスを活用しても十分読むことができると思います。

レシピだけでなく、日常生活を送る上でのアイディアもたくさん◎ ぜひチェックしてみてください。

ちなみに私が半年間愛用してる洗濯用洗剤のレシピはこちら↓

Biowaschmittel selbst herzustellen ist leicht, umweltfreundlich und preiswert(独自の有機洗剤を作ることは簡単で、環境にやさしく、安価です)

https://www.smarticular.net/biowaschmittel-selbst-herzustellen-ist-leicht-umweltfreundlich-und-preiswert/

以上のページを参考に、実際に洗濯用洗剤を手作りしてみたレポートもお届けします◎

必要な材料は、たったの4つ!


3つ入りで、1.05ユーロ(約130円)
【2リットルの洗濯用洗剤に必要な量】
1つの石鹸の1/3だけ(30g)!なので約0.14セント(約17円)


500g入りで、0.95セント(約116円)
【2リットルの洗濯用洗剤に必要な量
スプーン大さじ4杯。1杯分を約10gとして考えると、約8セント(約10円)


10ml入りで、1.95セント(約240円)

【2リットルの洗濯用洗剤に必要な量】
お好みで数滴…計算が難しい!

そして、最後に2リットルのお水。

このたった4つの材料で、2リットルの洗濯用洗剤ができてしまいます。細かすぎて計算できない部分もありましたが、だいたい30円ほどで出来てしまうのではないでしょうか。。日本でこれらの材料を集めても、そんなに高くないものたちな気がします。

さあ、実際に作ってみよう!

1、まずは、おろし金でソーダ石鹸を細かくします。

2、鍋に水2リットル・炭酸ソーダをスプーン大さじ4杯・先ほど細かくしたソーダ石鹸を入ます。

3、全てがきちんと溶け合うように、混ぜながら沸騰させます。

4、沸騰し、全てが混ざりきったら、1時間寝かせます。その後、またかき混ぜながら沸騰させます。すると、こんな白い液体になります。このまま今度は24時間寝かせます。

5、24時間後、少し固まっていると思いますので、また温めながらかき混ぜます。十分冷めたら、お好みの香りのエッセンシャルオイルを数滴入れます。わたしは、レモングラスを選んでみました。

6、お好みの空き瓶などに入れて完成です!使用方法は、普通の液体洗濯用洗剤と同じ要領ですが、使う前に液体を混ぜることがポイント。

冷ましたり、寝かすことに時間がちょっとかかりますが、材料もたった4つで、つくり方も簡単。何かの片手間に、キッチンで出来てしまうレシピです。

実際に使ってみての感想は、もちろん私が嫌だったケミカルな匂いは一切なし。エッセンシャルオイルのレモングラスの香りが残るのかなとも思いましたが、それもほぼなかったです。でもスッキリ爽快の無臭!柔軟剤は使用していませんが、乾いたお洋服は柔らかかったので、その必要性も感じません。そして自分で作ったものなので、なんだか愛着が湧いて、お洗濯が楽しくなりました!笑

地球にも、お財布にも優しい手作り洗濯用洗剤。ぜひ、おうち時間でチャレンジしてみてください◎

——————————————————————————–

smarticular公式サイト:https://www.smarticular.net/

本:Fünf Hausmittel ersetzen eine Drogerie (ドラッグストアに代わる5つの家庭薬)

※本とレシピの掲載については、smarticular様に許可を頂いています。

——————————————————————————–

西伊豆の小さな美しい村出身。京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科卒業後、同大学マンガ学科研究室にて副手として3年間勤務。その後フリーランスに。2016年夏よりベルリンに移住。例えば、私のように小さな集落で暮らしている子が旅立つ時期を迎えたとき、『世界はこんなにも広くて、こんなにも選択肢があるんだ』と気付けるようなものを残していけたら、最高だなと想いながら絵と文章をかいています。

Portfolio site : kiyonosaito.com instagram: @kikiiiiiiy/

Translate »