”NEXT LEVEL MEAT” の新商品、ナゲットを食べてみた!

こんにちは、ベルリン在住のイラストレーター・KiKiです◎

ベルリンがロックダウンに入って、1ヶ月が経ちました。大切な周りの人たちと、自分自身を守るために、ほとんどの日を家で過ごしています。

日本のニュースも毎日見ていて、外出自粛の要請が出ていると聞きました。どうか皆さん、くれぐれもお体にお気をつけてお過ごし下さい。

ベルリンは春を迎え、太陽の光がとても気持ちがいい季節になりました。運動不足を解消するためにも、お家の日当たりの良い場所でヨガをすることも日課になっています。

こちらでは外出は必要最低限に限られており、スーパーへ買い出しに行くか、人との距離を保つことは必須ですが、健康のためのランニングや公園に行くことなどは許可されているので、週末早朝の人がいない時間帯に公園に行って、読書をしたり、緑の中でゆっくりしています。

そんな毎日の中での楽しみは、食べる事と料理する事です。美味しいご飯を食べて、適度な運動をして、ぐっすり眠る。これに勝る健康法はないなあと、実感しています。

スーパーでは買い出しもなるべく週一に抑えたいので、じっくり商品を見て、わくわくしながら1週間の献立を考えています。

そんなある日。スーパーで、またしてもヴィーガンミートブランド”NEXT LEVEL MEAT”の新商品を発見!今度は、なんとナゲット!続々と新しい商品が出ていて嬉しい。

以前のコラムでも、ヴィーガンミートブランド”NEXT LEVEL MEAT”についてご紹介しているので、よろしければこちらも合わせてご覧ください。

ベルリンのスーパーで発見!本物そっくりヴィーガンミートひき肉『NEXT LEVEL HACK』

環境に配慮された紙パッケージを採用!進化が止まらないドイツのヴィーガンミート『NEXT LEVEL MEAT』シリーズ

今回は、このナゲットを食べてみたレポートをお送りしたいと思います◎ワクワク感を、皆さんとシェアできたら嬉しいです。

NEXT LEVEL MEAT の新商品、ヴィーガンナゲット!

ちなみに、特にスーパー内に”NEXT LEVEL MEAT”のコーナーがあるわけではありません。以前紹介したひき肉やハンバーガーのパテは、ある日、本物のお肉と同じコーナーに、あたかも”私はお肉です”という顔をして並んでいました。パッケージに”vegan”のマークが記載されていて、とても驚いたのを覚えています。

このナゲットも商品棚をなんとなく眺めていたら、お肉のナゲットの隣に”私はお肉です”という顔をして並んでいました。なので新商品を店内で見つけた時は、なんだかお宝を発見したような、嬉しい気持ちになります。笑

お値段は2.49ユーロ(約290円)。相変わらず、躊躇せずに購入しやすいお値段です。

成分表をみると、トウモロコシ粉、小麦粉、小麦セモリナ、ヒマワリ油、エンドウ豆粉などからつくられているそう。

早速箱を開けて、中を見ていきましょう!

箱を開けてみると…

ナゲットと専用のディップも2パック入っていました。ディップの味は、スイートチリ。甘辛らさが癖になる味です。

袋から出して、並べてみるとこんな感じ。見た目は相変わらず、本物のお肉と区別がつきません。

調理方法の説明として、以下の3つがパッケージに記載されていました。

オーブン:220°Cで約10〜12分間焼く。

フライパンで:フライパンに油を少し入れ、中火で約5〜7分間繰り返し回転させる。

天ぷら鍋:天ぷら鍋を165°Cに加熱してから、約3〜4分間あげる

私はプライパンで、コロコロあげてみました。出来上がったものは、こちら!

揚げたてを早速頂きます!

食感はナゲット。味は、”本物のお肉より、あっさりした味のお肉”という感じ。付属のSWEET CHILIソースと合わせて食べると、美味しさ倍増!揚げたてはサクサクしていて、とても美味しかったです。

本物のナゲットの代わりに食べたとしても、全く不満はない味と満腹感でした◎どんどん進化しているヴィーガン食品。。本当に奥が深くて、面白いです。

ちなみに調べてみると、私はまだスーパーで発見できていないのですが”ヴィーガンボロネーゼ”も新商品として販売されているのだそう。。!いつか出会いたい…!

いつどこのコーナーで発見できるのかわからない、神出鬼没なNEXT LEVELシリーズ。笑 今後の展開が、ますます楽しみです!

そして、最後にもう1つ。最近、よく行くスーパーの割引シールの表記が変わりました。

”ich bin noch gut” ドイツ語で、直訳すると”私はまだ良い”。ニュアンス的には、”僕はまだ元気だよ、食べれるよ:)”という感じです。

なんだか、こういう前向きな言葉の表記になると、消費者側も受け取る印象が変わりますよね。

また、まだ元気な食べ物たちを集めた”ich bin noch gut”コーナーもできています。食品ロスを減らすためと、自分のお財布のためにも、このコーナーを覗くのが定番になっています◎

西伊豆の小さな美しい村出身。京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科卒業後、同大学マンガ学科研究室にて副手として3年間勤務。その後フリーランスに。2016年夏よりベルリンに移住。例えば、私のように小さな集落で暮らしている子が旅立つ時期を迎えたとき、『世界はこんなにも広くて、こんなにも選択肢があるんだ』と気付けるようなものを残していけたら、最高だなと想いながら絵と文章をかいています。

Portfolio site : kiyonosaito.com instagram: @kikiiiiiiy/

Translate »