もう料理に困らない!ヴィーガンレシピアプリ「V-cook」が7月リリース!

NPO法人日本ヴィーガンコミュニティ代表の工藤柊さんの連載!
今回は第7回目です!


Hello Vegan!
みなさん、こんにちは。ヴィーガン生活3年目の、工藤柊(@itllbedark)です。

これまでに500名ほどのヴィーガンの人と出会ってきました。そして、ヴィーガンやベジタリアンを実践する上で、いくつかの課題があることに気がつきました。

その一つが、「ヴィーガン料理のレシピが少ない」ということです。僕自身もヴィーガンを実践し始めて1ヶ月ほどは、何を食べられるのかがわからず、水炊きや塩むすびばかりを食べていました。

今回の記事では、そんな悩めるヴィーガンやベジタリアンの実践者に、7月にリリースされる、ヴィーガンレシピ投稿アプリ「V-cook」をご紹介します。

ヴィーガンって?

ヴィーガンという言葉を聞いたことはあるでしょうか。ベジタリアンがお肉や魚介類を食べないことに加え、卵や乳製品などの動物性食品を全て避けるのが、ヴィーガンというライフスタイルです。また、食事のみではなく、ファッションでも、毛皮やファーなどの動物を利用したものの消費を避ける人たちを言います。

ヴィーガンやベジタリアンを実践する理由は、主に「動物愛護」や「環境保全」、「健康」など、さまざまです。もともとは、ヴィーガニズム(veganism)という、動物を利用せずに生きることを目指す主義を実践する方や、そのライフスタイルを指す言葉でしたが、近年は色やファッションなどにおいて動物製品を避けるライフスタイルを呼ぶことが多いです。

ヴィーガンって何食べてるの?

みなさんが「ヴィーガンなんだ」と話した時、どのような反応が返ってくるでしょうか。

その一つが「何を食べているの?」です。実際、僕自身もヴィーガンを実践しようと思い、最初に直面した課題も「何を食べられるかわからない」というものでした。

そのため、冒頭の通り1ヶ月もの間、水炊きや塩むすびで生き延びることになってしまったのです。しかし、調べてみればネットにもヴィーガンレシピが掲載されているサイトがあったり、たまに本屋さんにヴィーガン料理本があったりと、少しずつヴィーガン料理の幅が広がっていきました。そのおかげで、今では水炊き生活とはお別れすることができています。

ただし、ネット上のヴィーガンレシピの情報が散在していることや、レシピアプリにはヴィーガンという名前が付きながら動物性の食材が使われているなど、まだまだ課題があります。また、美味しいヴィーガン料理が作られるようになったとしても、料理の幅を広げるのは難しく、単調になってしまうことも多いです。

ヴィーガンレシピ投稿アプリ「V-cook」

「美味しいヴィーガン料理を作れない」「ヴィーガン料理の幅が狭い」という課題を持つ、ヴィーガンやベジタリアンに朗報があります。

ヴィーガンレシピ投稿アプリ「V-cook」が、2019年7月リリースが決定しました!

V-cookは、NPO法人日本ヴィーガンコミュニティが運営する、日本初のヴィーガンレシピ投稿アプリです。V-cookでは、無料で登録して、ヴィーガンレシピの投稿や検索、タイムラインや保存機能などを使うことが可能です。

「みんなでつくるヴィーガンレシピ集」というコンセプトで、登録者がみんなで協力し合い、ヴィーガン料理のレシピを投稿し、一緒に作り上げていくオンライン上のレシピ集を目指します。みんなでつくることで、既存のレシピサイトやレシピ集を圧倒するレシピ数や、これまでになかった料理アイデアとの出会いが生まれるでしょう。

既に、NPO法人日本ヴィーガンコミュニティのメンバーをはじめとした、先行利用者50名が利用を開始しており、日々新しいレシピの投稿がタイムラインに掲載されています。さらに、インスタグラムには、投稿されたレシピを毎日1つずつ紹介しています。1月から始めたインスタグラムも、今では4,500名がフォローしてくださるほどになっています。ぜひフォローしてください。

インスタグラム「V-cook」

7月のリリースは、インスタグラムや、NPO法人日本ヴィーガンコミュニティの公式SNSにて報告するので、お見逃しのないよう、お気をつけください!

NPO法人日本ヴィーガンコミュニティ

日本ヴィーガンコミュニティは、今回紹介した「V-cook」を開発・運営しているNPO法人です。全国の100人のベジ・ヴィーガンの当事者から構成される、協同組合モデルのNPOとして2018年11月から運営されています。

誰もがヴィーガンを実践できる“Hello Vegan!”な社会を目指し、他人任せではなく、メンバーが出資・運営・利用を行なっています。7月にリリースされる「V-cook」も、メンバー一人一人の出資や、運営への参加によって実現できました。

NPO法人日本ヴィーガンコミュニティへのメンバー加入や、サポーターとしての寄付などを承っていますので、下記のリンクよりご確認ください。共に、誰もがヴィーガンを実践できる社会を創っていきましょう!

メンバーになる

サポーターになる

ま と め

これまで、500人のベジ・ヴィーガンと会って、レシピに困っている人が非常に多かったです。今回7月にリリースする「V-cook」を通して、その課題を解決できればと思います。そして、ヴィーガンでも、ヴィーガンでなくても笑顔で食卓を囲めるよう、今後も開発・運営に尽力していきます。

では、皆さん楽しみにしていてください!

インスタグラム「V-cook」


工藤柊/kudo shu

高校3年にぺちゃんこの猫をきっかけにヴィーガンへ。神戸大学入学後、誰もがヴィーガンを実践できる”Hello Vegan!”な社会を目指して、大学食堂へのヴィーガンメニュー導入、ヴィーガンカフェの店長などの活動を行う。2018年大学を休学し、NPO法人日本ヴィーガンコミュニティを創設。自身のブログを始め、ライターとしても情報発信を行う。

ブログ「そうは言っても工藤さん」:http://kudoshu07.com/

ツイッター:https://twitter.com/itllbedark

NPO法人日本ヴィーガンコミュニティHP:https://hellovegan.jp/

 

Translate »