veggyレシピ「ナスとズッキーニの豆カレーとチャパティ」

Ingredients(serves4)材料4人分

Chapati
チャパティ

全粒小麦粉…3カップ
サラダ油…大さじ1
水…3/4カップ
ギー…適量

ギーとは?

本来は動物性の高純度バターで作られているギーだけれど、インドでは昔から100パーセント植物性で作られたギーもある。もともとラクト・ベジタリンの多いインド本国でさえ、近年の健康志向な風潮からか、ベジタリアン・ギーを使用する家庭が増えているという。最近はデパ地下の輸入食品コーナーなどで手軽に入手出来るので、是非探して使ってみよう!

アーユルベーグ基本のスパイス
コリアンダーパウダー/クミンパウダー/クミンシード/ターメリック/塩/チリペッパー/シナモン

Recipe作り方

1、ボウルに全粒小麦粉とサラダ油を入れ、水を少しずつ加えながらよくまぜる。耳たぶぐらいのやわらかさにまとめ、表面がなめらかになるまでよく練る。
2、ピンポン玉よりやや大きめに丸め、両手のひらではさんで平たくする。
3、2をめん棒で丸くなるように、直径18cm、厚さ1~2mmほどにのばす。
4、油をひかずにフライパンを火にかけ、3をのせ、ぷつぷつと膨らんできたら、反対側も軽く焼く。
5、フライパンから取り出し、ガスの直火で軽くあぶる。ふくらんできたら、反対側も軽くあぶる。
6、お皿に取り、ギーを薄く塗って次々に重ね,温かいうちに食べる。

POINT
インドでは、食事はいつも出来たてを新鮮なうちに食べるのが一般的。日本の様に、一晩寝かしたカレーは通常食べない。

なすとズッキーニの豆カレー

中なす…4個
ズッキーニ…2個
ピーマン…1~2個
ガルパンゾー豆…1缶(缶の水は使わない)
ショウガ…少々
ニンニク…1カケ
青唐辛子…1個
生トマト…1個
クミンシード…小さじ1
ターメリック…小さじ3/4
コリアンダーパウダー…大さじ1 1/2
クミンパウダー…小さじ1  1/2
レッドチリパウダー…小さじ1/4
塩…小さじ1
サラダ油…大さじ2
コリアンダーの葉…少々
レモンスライス…4枚

1、ズッキーニを水洗いし、皮をむいて2cm角に切る。ピーマンとなすも2cm角に切る。しょうがとニンニクをおろし、青唐辛子とトマトをみじん切りにする。
2、厚手の鍋に、サラダ油とクミンシードを入れて火にかける。クミンシードがはじけてきたら、ピーマンを入れて少し炒める。
3、続いてズッキーニとなすを入れて、中火でサッと妙める。
4、カップ1の水を加え、蓋をして弱火で蒸し煮する。
5、スパイス、皮のままみじん切りにしたトマト、ショウガを入れて妙める。
6、野菜に3/4ぐらい火が通ったら、豆と塩を入れてザッと混ぜ合わせ、蓋をして弱火で5~7分蒸し煮にして出来上がり。お皿に盛り付け、お好みでコリアンダーの葉とレモンを添える。

POINT
他に赤インゲン豆など色んなお豆を使って、それぞれ違った風味の豆カレーを楽しんで!

 

Mira Mehtaミラ・メータ
ムンバイ(ボンベイ)出身のインド料理研究家。ムンバイ大学で科学を専攻し、卒業後に料理学校で料理とテーブルセッティングを学ぶ。1974年、ご主人の仕事の関係で来日し、1979年からインドのスパイス等の効果を教えながら料理教室を開く。雑誌、新聞、テレビなどで本場のインド料理を紹介しつつ、南青山にインド家庭料理の店「ビンディ」を20年間営む。お店を閉めた現在は、インターナショナル・スクールで学校給食のアドバイザーとして携わるかたわら、毎週土日に料理教室を開いている。
お問い合わせ先 miramehta@bindi.org

主な著書
「はじめてのインド料理」「もっと食べたいインド料理」「インド、カレーの旅」他、素晴らしい料理本が多数

 

雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol2より抜粋

Translate »