田中さゆりさんのスーパーフード薬膳レシピ3

本来何もしなくても、体がデトックスしてくれる時間帯と云われる朝は、できればあまり食べないのが理想です。ですから体の浄化作用をサポートしてくれて、なおかつデトックス効果の高いジュースやスーパーフードブレンドしたスムージーは、私が朝におすすめしたい基本メニューなのです。ただ寒い冬や体質によって体が冷え気味の方は、食べ物の力を借りて体を温めてあげることも必要です。特に冷えが気になる方は、例えば血行を良くするショウガ葛湯などがお勧めです。もちろん酵素を食事で取り入れることも大事ですが、体の酵素がフルパワーで活躍できる体内環境をサポートしてくれる食事法も同じように大切です。
まず体を温めて血の巡りを良くする食材を摂取し、さらに胃腸にあまり負担をかけないスープ、酵素玄米、トニックハーブ(※1/下記参照)などを取り入れて体温を正常に保ちつつ免疫力をアップし、それによって自らの自己浄化力や自然治癒力を高めることで、統合的なデトックスできるのではないかと私は考えます。
そこで今回は、酵素がたくさん取れるローフード、そしてマクロビオティックの要素である一物全体(丸ごといただくこと)と身土不二(その土地、その季節にあったものをいただくこと)、生命力と栄養密度が非常に高い様々な有効成分を含む“スーパーフード”、さらに、今海外で最も注目されているアダプトゲン効果(※2/下記参照)のあるトニックハーブや薬膳・漢方に使われる生薬や食材を取り入れた、冬のデトックスメニューをご紹介します。

薬膳レシピ  — デザート

中国茶入り簡単ローチョコ
薬膳ナッツトッピング

冬には常温でも固まるココナッツオイルを使って、テンパリング無しの簡単ローチョコが作れます。生のカカオは抗酸化作用が飛び抜けており、血液循環を良くしてくれる、美容とアンチエイジングの強い味方です。ココナッツオイルは免疫を強化し、新陳代謝を高め、体内で素早くエネルギーに変換されるので元気になります。醗酵されたプーアール茶は、マイルドな口当たりと深い味わいで、チョコレートと良く合います。脂肪の分解・排出を助け、ダイエット効果も期待できます。そうはいってもデトックス中は、ご褒美程度にしましょう。ローチョコに含まれる成分はリラックスを促し、幸せいっぱいの気持ちになります。

材料(1カップ分)
ココナッツオイル  80g

ローカカオパウダー 1/2カップ+大さじ2〜3
メープルシロップ又は好みの甘味料 大さじ1〜2
粉末にしたプーアール茶 小さじ1〜1 1/2
塩 ひとつまみ
トッピング
お好みの薬膳ナッツ&ドライフルーツ 適量(黒ごま、カボチャの種、ナツメ、クコの実、くるみ、松の実等)

1.ボールにココナッツオイルを入れ、湯煎で溶かす。
2.完全に溶けたら残りの材料を加え、全てが解けてよく混ざり合うまで混ぜます。
3.好みの型に流し込み、上からお好みのトッピングで飾る。
4.冷蔵庫で1時間ほど固まるまで冷やす。

夏は常温で溶けるので、冷蔵庫から出したらすぐ食べるか、カカオバターで代用しましょう。

チアシードで栄養満点
タピオカ風黒ごまプディング

チアシードには消化しやすいたんぱく質、理想的なバランスでのオメガ3と6などの栄養素が豊富に含まれます。免疫力を強化し、抗酸化作用を発揮することからデトックスの強い味方です。水につけると10倍にも膨らみ、少量で満足できるため、ダイエットにも最適です。薬膳では腎臓に作用すると言われる、黒ごま、松の実、くこの実でからだを温め、血流を良くして風邪や冷え性に対する抵抗力を高めましょう。

材料(2人分)
ぬるま湯 2と1/2カップ

チアシード 大さじ4
黒練りごま 大さじ4
蜂蜜 大さじ2
デーツ(刻む) 大さじ3〜4
バニラエキストラクト 小さじ1
塩 小さじ1/4

トッピング
クコの実 大さじ2
松の実 大さじ2

1.チアシードをぬるま湯に入れ、泡立て器で固まりがなくなるまで、1分ほど混ぜる。
2.チアシードが水分を吸収するまで10分ほど置く。
3.残り全ての材料を加え、よく混ぜる。
4.仕上げにクコの実と松の実を飾る。

クルミのお汁粉

残りご飯がデザートに大変身。寒い日の朝ごはんにもぴったりです。薬膳でもよく使われるクルミは体を温め、代謝をアップし、滋養強壮・疲労回復はもとより、生命力そのものを養います。ナツメの実は気と血を補う効果が高く、疲労回復にも効果的です。忙しい毎日にほっと一息つける、身体と心に染み入る美味しさと優しさの、癒しのお汁粉です。

材料(2人分)
炊いた玄米ご飯 100g

クルミ(浸水する) 50g
メープルシロップ  大さじ2
水 250cc
塩 小さじ1/2
トッピング
ナツメ(種を取り刻む) 適量

1.全ての材料をブレンダー(ミキサー)でなめらかになるまで撹拌する。
2.弱火で、時々かき混ぜながらとろみがつくまで数分煮詰める。
3.仕上げに刻んだナツメを飾る。

プロフィール

田中 さゆり
バリ在住、ロー/ビーガンフードシェフ&ローフード講師。
バリ島、“Sayuri Healing Food”カフェを拠点に、バリにて定期的にローフードシェフトレーニングや、リトリートを開催する。
詳細はHPから:www.sayurihealingfood.com
お問い合わせ:info@sayurihealingfood.com

雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.37より抜粋

 

Translate »