【イタリア】豆腐ヴィーガン・ラザニア

イタリアの中でも特に地中海料理は、スパイス&ハーブをしっかり使用するレシピが多いのですが、古来は現在のように年中いろんな食材が入手できなかったことから、
長期保存食用にスパイス&ハーブが使用されていました。

Vegan Tofu Lasagne
豆腐ヴィーガン・ラザニア

材料(4〜5人分)
ラザニアシート……6〜8枚
豆腐チーズ……1カップ
ソース
オリーブオイル……大さじ2
セロリ……1/2本(みじん切り)
人参……1/2本(みじん切り)
玉ねぎ……小1個(みじん切り)
ほうれん草……1束
ニンニク……2片
ナツメグパウダー……小さじ1/2
カットトマト……1缶
ベジタブルブイヨン(又は水)……1/2カップ
ドライバジル……小さじ1
ドライオレガノ……小さじ1
ブラックペッパー……小さじ1/2
塩……小さじ1

作り方
1.オーブンを200℃に予熱する。

2.ラザニアシートを塩水で茹で、ほうれん草は洗って小さく切り、少し蒸しておく。

3.ソースを作る。フライパンにオリーブオイルをひき、人参、セロリ、玉ねぎを加えて炒める。柔らかくなったらニンニクを加えて炒める。

4.3にハーブとスパイスを加え混ぜ、さらにトマトを加えてよく煮込む。

5.オーブン皿に少しオリーブオイルを塗り、トマトソースをのばし、ラザニアシートを広げておく。その上にトマトソースをのばし、1/3のほうれん草をかけておく。さらにその上に豆腐チーズをかける。

6.5の工程をもう一度繰り返すように、ラザニアシート、トマトソース、ほうれん草、豆腐チーズの順で重ねる。

7.6をオーブンに入れ、10分焼く。(グリルで焼いてもOK)

※保存する場合は、ラザニアを焼く前に保存容器に入れ、冷凍する。

Italian Tuscan Bean Soup
イタリア・トスカーナ風の豆スープ

材料(4人分)
A 玉ねぎ……小1個分(みじん切り)
ポロネギ又は下仁田ねぎ……1本分(みじん切り)
じゃがいも……中1個(1cm角)
ニンニク……1片(みじん切り)
シナモンスティック……1/3本
ベイリーフ……1枚
豆乳クリーム……大さじ2〜3(市販のベジチーズなどでもよい)
塩、胡椒……適量
オリーブオイル……大さじ3
水……4カップ
白いんげん豆(茹でたもの)……400g
パセリ……大さじ1(みじん切り)
オレガノ……大さじ1

作り方
1.鍋にオリーブオイルをひいて熱し、シナモンスティック、ベイリーフを加え、Aも加え、火が通るまで5分ほど炒める。

2.白いんげん豆と水を加えて蓋をし、10分ほど煮込む。

3.パセリ、オレガノ、豆乳クリームを加えて軽く混ぜ、塩、胡椒で味を調えたら蓋をし、具が柔らかくなるまで10分ほど煮込む。

4.3を器に盛り、パセリをトッピングする。

ポロネギ(西洋ねぎ)は日本の下仁田ねぎに似ており、加熱すると甘みが強いのが特徴で「リーキ」とも呼ばれる。ポロネギか下仁田ねぎが手に入らない場合は、長ねぎ1本で代用できる。

 


ミラメータ

Mira Metha
インド、ムンバイ出身。大学で科学を専攻。料理学校で料理を学び、1974年にご主人の仕事で来日。1979年からスパイス等の効果を教える料理教室を開き、料理本、雑誌などで本場のインド料理又はアーユルヴェーダ的な料理を紹介。インド家庭料理の店「ビンディ」も営業していた。現在は料理教室や講演などを行う。

 雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.53より抜粋

Translate »