玉ねぎソースの玉ねぎステーキ丼

なにかと菜食生活はお金がかかりそうなイメージがありませんか?
そんなことはありません。500円玉一枚でもボリューム満点のおいしい野菜料理が作れるんです。
そんな財布にも優しい節約ベジィレシピをお届けします。

一品の野菜をとことん楽しむ 玉ねぎソースの玉ねぎステーキ丼

<材料>2人分
小さめの玉ねぎ…4コ
ごま油 …大さじ1強

(玉ねぎソース)
A 玉ねぎ…2コ
醤油…大さじ4
みりん…大さじ2
水…1カップ

炊いたご飯…2膳
七味…お好みで少々
紅生姜…少々

<作り方>
1.フライパンでごま油を温め、2cm位に輪切りにした玉ねぎを両面に焼き色がつくまで弱火でじっくり焼く。
2.焼いている間に玉ねぎソースを作る。Aの玉ねぎをすりおろし、鍋にAの材料全てを入れ10分位煮詰める。
3.工程1が両面焼けたら2のソース適量をジューっとまわし入れ玉ねぎ両面にからめる。
★余ったソースはハンバーグ、野菜炒め等にも使えます。冷蔵庫で一週間位は保存可能。
4.どんぶりにご飯、3を盛り紅生姜を飾り好みで七味をふりかける。

節約memo1
材料費:玉ねぎ40円、ご飯110円、ごま油50円、玉ねぎソース他15円(使った分)
※紅生姜は生姜を千切りにして瓶に入れ梅酢(梅干を漬けた後に残ったエキス)を入れて一晩置くだけで簡単に出来ます。

ホクホクかぼちゃの豆腐マヨネーズサラダ

<材料>2人分
かぼちゃ(種・わたを除いた状態) …250g
玉ねぎ…1/2コ
コーン…40g
梅酢…適量

(豆腐マヨネーズ)
木綿豆腐…1丁(水きりしておく)
白味噌…小さじ2
米酢…大さじ1
梅酢…小さじ2
塩…小さじ1/2
レモン汁…大さじ1
白胡椒…少々

<作り方>
1.かぼちゃは適当な大きさに切り、塩少々をまぶし蒸し器で15分位中火で蒸す。
2.玉ねぎは縦に薄く切って水にさらす。10分位さらしたら搾り30分位梅酢に漬ける。 ※沢山作っておいて常備菜、サラダの材料等にも使えます。
3.豆腐マヨネーズを作る。全ての材料をなめらかになるまでフードプロセッサーにかける。
4.かぼちゃが蒸しあがったらホクホク感が程よく残る程度に皮ごとつぶし、  工程2の玉ねぎ、コーンと和える。
5.工程4に豆腐マヨネーズの1/4量位を和え器に盛る(若干冷やしたほうがおいしい)。
★残った豆腐マヨネーズは熱湯消毒した瓶に入れ冷蔵保存で一週間位は保存可能。温野菜サラダ、マカロニサラダ等に。

節約memo2
材料費:かぼちゃ125円、玉ねぎ15円、コーン30円、豆腐マヨネーズ材料65円(使った分のみ)

この料理を教えてくれたのは・・・


へるし~どい

本人公認・日本唯一のへるしーアーティスト(自称)。体調不良をきっかけに菜食生活に一氣にシフト。以来、医療費・薬代は15年以上0円という記録をもつ。普段の料理はあるものだけで目分量でパパっと作るイメージ先行スタイル。 著書『パーティーやさい飯』など。

雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.24より抜粋

Translate »