大豆ミートを使ったレシピ3選

ベジタリアンだけでなく、ゆるーくベジな方にとっても“カラダにおいしいココロにうれしい”
菜食ごはんを楽しむ方法を伝授します!

おどろきの食感!精進料理から生まれた“もどき”

仏教の修行に努めて、悟りを極める過程である“精進”する方法のひとつとして、美食を戒め粗食にするという行いがあります。そこから生まれたのが精進料理です。その特徴のひとつとして肉類、魚介類などを使用せずに、穀物、豆類、野菜などの植物性食材を使って作られることが挙げられます。また食材の味を生かすために調味料は極力使用せずに、食材を余すことなく使い切ることも精進料理の基本のひとつ。さまざまな宗派のなかで工夫された精進料理がつくられてきました。なかでも肉や魚に似せてつくられた“もどき”料理は精進料理のみならず、幅広いお料理に活用されています。そんなもどき食材の使い方とレシピをご紹介いたします。

カラダに染みわたる優しい味
大根のだしそぼろ


材料(2人分)

大豆ミート ミンチタイプ…40g
大根…10cm
大根の葉…適量

A
・あわせだし(しいたけ・こんぶ)…1カップ
・しょうゆ…大さじ3
・みりん…大さじ2
・てんさい糖…大さじ2

塩…適量

B
・片栗粉…大さじ1
・水…大さじ1

作り方
1 鍋にお湯を沸かし、大豆ミートを入れ、かき混ぜながら5分ゆで、ザルにあげてよく搾る。

2 大根は皮をむき、2cm位の厚さの半月切りにし、角を削り面取りし、片方の面に十字の方向に隠し包丁を入れる。

3 鍋に2の大根と隠れるくらいの水を入れて、堅めにゆで、ザルにあける。

4 3の大根とAをなべ入れてひと煮立ちさせ、1の大豆ミートを入れて弱火で約10分間煮て、塩で味を調える。

5 Bの材料を溶き、4に加えてとろみをつけ、刻んだ大根の葉を加え、火を止める。

さっぱりとしたゆずの風味が絶妙
ソイハムと旬菜のゆず胡椒風味パスタ


材料(2人分)

パスタ…200g
ソイハムスライス(燻製タイプ)…5枚
れんこん…100g
水菜…1束
オリーブオイル…大さじ1

A
・しょうゆ…大さじ1
・ゆず胡椒…小さじ1/2

ゆずの皮…適量(お好みで)

作り方
1 れんこんは2mm程度の厚さの半月切りに、水菜は5cm程度の長さに切る。

2 鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩(分量外)を入れ、パスタを茹でる。

3 フライパンにオリーブオイルを熱し、食べやすい大きさに切ったソイハムスライスを中火で両面に焼き色がつくまで焼き、さらにれんこんを加えて、れんこんが透き通るまで炒める。

4 3に茹で上がったパスタを加えて、あわせたAを加えて味を調え、さいごに水菜を混ぜ合わせる。

5 器に盛り、好みでゆずの皮をきざんだものを散らす。

大豆の梅しそ巻きフライ


材料(2人分)

大豆ミート(スライスタイプ)…12枚
大葉…6枚
梅干し(ペースト状にしておく)…3個
塩・こしょう…適量
薄力粉…適量

A
・くず粉…大さじ1
・水…大さじ1

パン粉…適量
揚げ油…適量

作り方
1 鍋にお湯を沸かし、大豆ミートを入れ5分ゆで、ざるにあけて軽く搾り、塩・こしょうしておく。

2 1に縦半分に切った大葉、ペースト状にしておいた梅干しを巻き、つまようじなどに刺す。

3 2に薄力粉をまぶし、溶いたAにくぐらせ、パン粉をつける。

4 170℃の油できつね色になるまで揚げる。

雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.14より抜粋

 

 

Translate »