レンコンとアスパラガス入りパスタ

インド料理研究家のミラ・メータさんのレシピ。
今回は、レンコンを使ったパスタをご紹介いたします。

蓮根(レンコン):Lotus Root【英】
蓮根は食物繊維、ビタミンC、ビタミンB6、チアミン、リボフラビン、カリウム、銅、鉄分を多く含み、不飽和脂肪が低いと言われています。蓮は種、葉、花、根、全て食べることができ、東洋医学では昔から薬効があるとされ、特に蓮根の節部分に最も効果があるとされています。そもそも蓮根の形が体の肺部分に似てるという事から、咳や痰、呼吸困難などの呼吸器官系に良いと伝えられ、今でも東洋医学では、生のすりおろし蓮根汁が肺の病気の薬として使われているそうです。私は子供の頃、蓮の実を取って生で食べるのが大好きでした。インドでは乾燥した蓮の実をポップコーンの様に膨らませて料理に使いますが、特に北インドでは蓮根と同じくとてもポピュラーな食材なのです。

レンコンとアスパラガス入りパスタ
材料(4人分)
お好みのショートパスタ…200g
レンコン…小1コ
ニンジン…1/2コ
アスパラガス…3~4コ
ピーマン…1コ
生トマト…小1コ
ニンニク…1片
ショウガ…少々
ナツメグ…小さじ1/4
黒コショウ…小さじ1/2
ドライバジル…小さじ1
ドライオレガノ…小さじ1/4
ひまわりの種…小さじ1
塩…小さじ1/2
オリーブ油…大さじ2
レモン汁…少々

作り方
1.お好みのショートパスタを茹でておく。
2.レンコンの皮をむいて薄い輪切りにし、ニンジンは薄く半円に切り、アスパラガスは2cmに切り、ピーマンの種を取り角切りにする。
3.フライパンにオリーブ油を入れて火にかけ、ニンニクとショウガを入れる。
4.香りが出てきたらレンコンを入れて少し炒め、ニンジンを入れて炒める。蓋をして2分野菜を蒸す
5.ピーマンとアスパラガスを加え、蓋をして少し弱火で蒸し、ナツメグ、黒コショウ、バジル、オレガノとトマトを入れて、ザッと混ぜ合わせる。
6.蓋をして野菜が柔らかくなるまで弱火で蒸し煮にする。
7.パスタと塩を入れて軽く混ぜ、ひまわりの種を入れる。
8.食べる時にレモンを少し絞る。

Point各野菜の歯ごたえを残し、様々な食感を楽しみましょう!

Mira Mehta ミラ・メータ

ムンバイ(ボンベイ)出身のインド料理研究家。ムンバイ大学で科学を専攻し、卒業後に料理学校で料理とテーブルセッティングを学ぶ。1974年、ご主人の仕事の関係で来日し、1979年からインドのスパイス等の効果を教えながら料理教室を開く。雑誌、新聞、テレビなどで本場のインド料理を紹介しつつ、南青山にインド家庭料理の店「ビンディ」を20年間営む。お店を閉めた現在は、インターナショナル・スクールで学校給食のアドバイザーとして携わるかたわら、毎週土日に料理教室を開いている。
お問い合わせ先 info@miramehta.com

雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.15より抜粋

Translate »