切り干し大根のさっぱりごまサラダ

日本人の知恵が詰まった万能食材、乾物。

乾物と聞くと、面倒なものと思われがちですが、昔の日本の家屋では当たり前のように大根や柿などが干してありました。旬の時期に食物を乾燥させることで保存性もさることながら、栄養価が高くなり、うまみも凝縮されるのです。作物の採れない時期には貴重な栄養源としても活用されてきました。乾物の調理方法は水で戻したり、絞ったりと手間がかかるイメージがありますが、時間のないときにはお湯で戻したり、水でさっと洗ってそのまま調理することも可能です。時間のないときにこそ乾物は活躍してくれます。無添加のインスタントフードといっても過言ではありません。

乾物のメリット

1.長期保存ができる
2.即席メニューがつくれる
3.うまみと栄養がアップ

今回のレシピで使用するのは、コレ!


切り干し大根

大根を細く切り、天日で干して乾燥させたもの。太陽の光を浴びることによって糖化が進み甘みが増す。食物繊維が豊富。胃や腸のなかで水分を吸収し膨らむので、少量でも満腹に。選ぶ時は明るいあめ色をしたものを。(白いものは漂白しているので注意)また、ホコリなどをかぶっている可能性があるので、使う前にはかならず洗い、水気をよく切ること。長期保存する場合は密閉容器や保存袋に入れ冷蔵庫で保存します。
*レシピ応用ダシ代わりにスープや汁ものにそのまま入れたり、生野菜と和えてサラダやナムルに。また炒め物にも相性が良い。

シャキシャキっとした食感
さっぱりごまサラダ


材料(2人分)
切り干し大根…大さじ2
もやし…1/3袋分(約65g)
にんじん(千切り)…1/2本
スプラウト…1/2パック(約50g)

[A]
白すりごま…大さじ1
しょうゆ…大さじ1と1/2
レモン果汁(または酢)…大さじ1と1/2
ごま油…大さじ1
てんさい糖…小さじ1
唐辛子パウダー…少々

作り方
1切り干し大根は水でさっと洗い、食べやすい長さに切る。にんじんは塩もみし、もやしと一緒にさっと湯通しする。
2ボウルにAの材料を入れ混ぜ合わせ、1を加え混ぜ合わせる。

Point
辛味が苦手な方は唐辛子パウダーを入れなくても。白すりごまの代わりに練りごまを使うとコクがアップ!
……………………………………………………….
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.18より抜粋

Translate »