高野豆腐のミートソース風パスタ

日本人の知恵が詰まった万能食材、乾物。

乾物と聞くと、面倒なものと思われがちですが、昔の日本の家屋では当たり前のように大根や柿などが干してありました。旬の時期に食物を乾燥させることで保存性もさることながら、栄養価が高くなり、うまみも凝縮されるのです。作物の採れない時期には貴重な栄養源としても活用されてきました。乾物の調理方法は水で戻したり、絞ったりと手間がかかるイメージがありますが、時間のないときにはお湯で戻したり、水でさっと洗ってそのまま調理することも可能です。時間のないときにこそ乾物は活躍してくれます。無添加のインスタントフードといっても過言ではありません。

乾物のメリット

1.長期保存ができる
2.即席メニューがつくれる
3.うまみと栄養がアップ

今回のレシピで使用するのは、コレ!


高野豆腐
凍らせた豆腐をそのまま熟成させて、スポンジ状に乾燥させたもの。良質なたんぱく質が豊富。最近ではダイオキシンの体内蓄積を阻止し、排出を手助けてくれることが研究報告されている。選ぶ時はキメが細かいものを。割って使うことにより、味が染みやすくなりうまみがアップ! さっと水で濡らして使いましょう。高温多湿の場所は避けて、常温か冷蔵で保存します。

 *レシピ応用 みりん・しょうゆ・だしで下味をつけて使う。細かく砕いて使えばひき肉のような食感に。れんこんのすりおろしと混ぜ合わせて、下味をつけて焼けばふわふわ卵みたいに。

コクとうまみがお口にジュワっ!
ミートソース風パスタ



材料(2人分)
高野豆腐…2枚
玉ねぎ(みじん切り)…1/2個
マッシュルーム(みじん切り)…5個
セロリ(みじん切り)…茎部分1/4本
にんにく(みじん切り)…1かけ
オリーブオイル…大さじ1
無塩トマトジュース(無塩)…1と1/2カップ
フレッシュバジル(粗みじん切り)…1/3カップ
塩・こしょう…適量
パスタ…130g

Point
トマトジュースの代わりにピューレを使っても。お好みで唐辛子を入れても美味しくいただけます。ソースはバゲットにのせたり、グラタン風にしたりとバリエーションも広がります。

作り方
1.高野豆腐をフードプロセッサーで細かくなるまでかくはんする。または、すりおろす。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを香りが立つまで炒めたら、玉ねぎ、塩ひとつまみ(分量外)を入れ、しんなりするまで炒め、セロリ、マッシュルームを入れ軽く炒める。
3.すりおろした高野豆腐とトマトジュースを入れ、沸騰させ、軽く煮る。
4.バジル、塩・こしょうで味を調える。
5.たっぷりのお湯でゆでたパスタと4を和える。
……………………………………………………….
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.18より抜粋

Translate »