veggyレシピ「2種類のお豆のスープ」

ベジタリアンのたんぱく源として欠かせない豆。
栄養価が高く、さまざまな料理に大活躍してくれます。
今日のレシピで使用する豆を紹介します!


女性の美と健康に、うれしい効果がいっぱい
白いんげん豆

解毒・止血作用があり、月経過多や生理痛を緩和し、肝機能の向上にも効果的だといわれています。ただし高温で煮過ぎると解毒作用のある成分が破壊されるので注意が必要。お腹が張る原因にもなるため食べ過ぎも禁物です。近年では炭水化物分解酵素「ファセオラミン」によるダイエット効果も期待されています。


ベジタリアン御用達!栄養バランスもばっちり
ひよこ豆

たんぱく質、食物繊維、イソフラボン、カリウム、ビタミンB1などを含み、貧血や便秘を改善する作用があるといわれています。また、生活習慣病の予防にも効果的。ホクホクしたボリュームのある食感から、ベジ料理ではハンバーグやコロッケのようなメインディッシュの具材として使われ、世界中で親しまれています。

白いんげん豆&豆乳で美容効果もばっちり
白いんげん豆ときのこの冷製ポタージュ


材料(2人分)
白いんげん豆(6時間浸水させる)…100g
玉ねぎ(千切り)…1/2個
ぶなしめじ(みじん切り)…1/2パック(約50g)
しいたけ(みじん切り)…2個
水…1カップ
豆乳…1と1/2カップ
塩…少々
パセリ…少々

作り方
1.圧力鍋に大豆と倍量の水(分量外)を入れ、蓋をしめ、高圧に設定し、強火にかける。圧力ピンがあがり、シューっと音を立てたら、弱火にし、5分煮て火を止める。
2.5分経ったら、火を止める。ピンが下がったら、蓋を開けて豆をザルにあけておく。
3.鍋になたね油を熱し、玉ねぎ、ぶなしめじ、しいたけを入れ弱火で10分炒める。
4.フードプロッセッサーに2のいんげん豆と、3を入れ、かくはんする。(フードプロッセッサーがない場合は、マッシャーやフォークでよく潰す)
5.鍋に4と水を入れ、火にかけて沸騰したら弱火にし、10分煮て、豆乳を入れて塩で味を整える。
6.粗熱がとれたら、冷蔵庫などで冷やし、器に流し入れパセリを飾る。

Point
お好みで白みそ(大さじ1)を入れても、コクがでておいしい。

ほんのり香る麦みそがおいしさの秘密
ひよこ豆のノンオイル和風ミネストローネ


材料(2人分)
ひよこ豆(水煮)…50g
大根…30g
にんじん…30g
玉ねぎ…1/4個
キャベツ…1枚
水…2カップ
トマトピューレ…60g
麦みそ…小さじ2

作り方
1.野菜は全てさいの目切りにする。
2.鍋にひよこ豆、大根、にんじん、玉ねぎ、水を入れて強火にかけ、沸騰したら弱火にし15分煮る。
3.2の鍋にトマトピューレとキャベツを加え、さらに弱火で10分煮る。
4.火を止めて、麦みそを溶き入れる。

……………………………………………………….
雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.18より抜粋

Translate »