veggyレシピ「ラッサム」

南インドを代表するタマリンドの酸味と唐辛子などの辛みが効いたスープ。
南インドでは通常ご飯とともに、もしくは軽食のティファンと一緒に食べるのが主流。

材料(4人分)
トマト…大3個
ツール豆…大さじ3~4
水…4カップ
ギー(または植物油)…大さじ1
A
赤唐辛子…2個
青唐辛子(みじん切り)…1個
マスタードシード…小さじ1/2
アサフェティダ(ヒング)…小さじ1/2
B
カレーリーフ…4~5枚
にんにく(すりおろし)…2かけ
しょうが(みじん切り)…少々
黒コショウパウダー…小さじ 1 ½
クミンパウダー…小さじ1
レッドチリパウダー…小さじ1/2
ターメリック…小さじ1/2

タマリンド(浸水させてペースト状にしておく)
…少々
塩…小さじ1
コリアンダーの葉…少々

作り方
1、トマトを湯むきにして適当に潰す。
2、鍋に軽く茹でたツール豆と水4カップを入れて沸騰させる。
3、フライパンを熱してギー(または植物油)を入れ、Aを入れ、スパイスがはじけてきたらBを入れ、少し炒めて1のトマトを加える。
4、3とタマリンドを2の鍋に入れ、蓋をして中火で2~3分煮る。全体に火が通ったら、塩で味付けし、適当に切ったコリアンダーの葉を入れる。

……………………………………………………………………….
南インド料理に欠かせない食材
……………………………………………………………………….
1.ツール豆(樹豆)
ヒヨコ豆やレンズ豆に似たホクホクと柔らかい食感。インドではヒヨコ豆に次いで多く生産されている。スープやカレーに最適。
トゥールダル(1kg) 630円(税込)
アンビカトレーディング株式会社

2.フェヌグリークパウダー
インドではフェヌグリークの種はカレーのスパイスに、若芽はサラダや炒め物などに使用する。種を粗く挽いてハーブティーにすると、強壮・消化促進などに効果的だといわれている。
オーガニックフェネグリークパウダー(40g) 420円(税込)
株式会社ヴォークス・トレーディング

3.タマリンド
インドでは酸味料、ピクルス、シロップなどと広く使われているタマリンドを、ペースト状にしたもの。ペーストにする手間が省ける便利な食材。
タマリンドペースト(200g) 420円(税込)
アンビカトレーディング株式会社

………………………………………………………………………….


Mira Mehtaミラ・メータ

ムンバイ(ボンベイ)出身のインド料理研究家。ムンバイ大学で科学を専攻し、卒業後に料理学校で料理とテーブルセッティングを学ぶ。1974年、ご主人の仕事の関係で来日し、1979年からインドのスパイス等の効果を教えながら料理教室を開く。雑誌、新聞、テレビなどで本場のインド料理を紹介しつつ、南青山にインド家庭料理の店「ビンディ」を20年間営む。お店を閉めた現在は、インターナショナル・スクールで学校給食のアドバイザーとして携わるかたわら、毎週土日に料理教室を開いている。
お問い合わせ先 miramehta@bindi.org

主な著書
「はじめてのインド料理」「もっと食べたいインド料理」「インド、カレーの旅」他、素晴らしい料理本が多数
…………………………………………………………………………

雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.11より抜粋

Translate »