veggyレシピ「豆とかぼちゃの温かいサラダ」

豆とかぼちゃの温かいサラダ

材料(4人分)
ひよこ豆(ガルバンゾー)…1/2缶
赤いんげん豆…1/2缶
いんげん豆…3~4本
かぼちゃ…小1/4個
モロッコインゲン…4個
赤ピーマン…1個
千切り生姜…少々
ターメリック…小さじ1/4
ガラムマサラ…小さじ1/4
ブラックペッパー粉…小さじ1/4
チリパウダー…小さじ1/4
クミンパウダー…小さじ1/4
レモン汁… 大さじ1~2
塩…小さじ1
レーズン…少々
サラダ油…小さじ2
プチトマト…5~6個
サラダ菜…数枚

作り方
1、かぼちゃの皮をむき、2cm角に切る。ひよこ豆と赤いんげん豆の水気をきっておく。いんげん豆を斜め切りにして半茹でしておく。 2、かぼちゃを鍋に入れて、大さじ1~2の水を入れて、弱火で蒸し煮する。
3、フライパンに油を入れて、はじけてきたら生姜と赤ピーマンを入れて炒め、続いて豆とインゲンを入れて1分炒める。塩、ターメリック、ガラムマサラ、ブラックペッパー粉、チリパウダー、クミンパウダーを入れて混ぜ合わせて火を止める。
4、続いてかぼちゃの形を壊さないように、レーズン、レモン汁を入れて優しく全体を混ぜ合わせる。
5、お皿にサラダ菜をのせ、その上にサラダを盛り、4等分に切ったプチトマトを飾る。

*Point
ひまわりの種、かぼちゃの種、刻んだくるみ、アーモンドスライスなど、 お好みのナッツをトッピングするとよりおいしくいただけます。

*クスクスとは・・・
一般的には、デュラムセモリナ粉を原料とした小さな粒状のパスタをクスクスと呼んでいます。モロッコをはじめとする北アフリカでは主食として定着しているクスクスは、日本でも比較的手に入りやすく、輸入食材を扱うスーパーのパスタコーナーではどこでも見かけるようになりました。お湯につけて3分ぐらいで食べられるので、お米を炊く時間がない時にとても重宝します!

…………………………………………………………………………
南瓜(カボチャ):PumpkinまたはSquash【英】
鮮やかなオレンジ色が特徴のカロチン(ビタミンA)豊富なカボチャには、ビタミンC、B1、B2、E、食物繊維も多く、動脈硬化の予防や老化防止になると言われています。 そしてカボチャの種にも、もちろんビタミンやミネラルが豊富で、コレステロールを下げてくれる働きがあるそうです。 インドでは一般的に様々な料理に入れて煮込んだり、焼いたり、料理のトッピングとして飾ったりすることが多く、大人から子供までみんなが大好きなスナックなどのおやつとしても親しまれています。
…………………………………………………………………………

Mira Mehtaミラ・メータ
ムンバイ(ボンベイ)出身のインド料理研究家。ムンバイ大学で科学を専攻し、卒業後に料理学校で料理とテーブルセッティングを学ぶ。1974年、ご主人の仕事の関係で来日し、1979年からインドのスパイス等の効果を教えながら料理教室を開く。雑誌、新聞、テレビなどで本場のインド料理を紹介しつつ、南青山にインド家庭料理の店「ビンディ」を20年間営む。お店を閉めた現在は、インターナショナル・スクールで学校給食のアドバイザーとして携わるかたわら、毎週土日に料理教室を開いている。
お問い合わせ先 miramehta@bindi.org

主な著書
「はじめてのインド料理」「もっと食べたいインド料理」「インド、カレーの旅」他、素晴らしい料理本が多数
…………………………………………………………………………

雑誌veggy(ベジィ)バックナンバーVol.7より抜粋

Translate »