おうち時間で日常洗剤を手作りしよう!ドイツのとびっきりのレシピ満載の本をご紹介◎

こんにちは、ベルリン在住・イラストレーターのKiKiです。

おうち時間が長い中、いつもよりお料理を凝ってみたり、ヨガをしてみたり、本を読んだり、それからきっと新しいことに挑戦している人もいるのではないでしょうか。

そんなおうち時間の過ごし方の1つの提案として、今回はドイツのある本をご紹介したいと思います◎

Fünf Hausmittel ersetzen eine Drogerie (ドラッグストアに代わる5つの家庭薬)

画像提供:smarticular

Fünf Hausmittel ersetzen eine Drogerie (ドラッグストアに代わる5つの家庭薬)

この本はタイトル通り、ドラックストアに変わる5つの家庭薬として、なんと手作り日常洗剤のレシピがたくさん載っているのです!

材料は化学物質を一切使わず、お酢やレモンなど天然で自然に優しいもの。自分で手作りするのもとても楽しいですし、なにより”何”が使われているのかはっきりわかることが安心できます。

私はもともと敏感肌で、化学物質が使われているものを使用すると肌が赤くなったり、痒くなったりします。なるべくBIOのものを選んでいますが、オーガニック先進国のドイツで身近な存在であっても、やはりすべてBIOで揃えると生活費が高くなってしまいます。

例えば、BIOの洗濯用洗剤は8ユーロ(約1000円)!

そう悩んでいると、ドイツ人のルームメイトがこの本を勧めてくれました。彼女はいつもなんでも自分で手作りしていて、”洗濯用洗剤も簡単に手作りできるし、材料費もとっても安いのよ”と、教えてくれたのです。

実際に作ってみたのですが、とても簡単で材料費も安い。使い心地もよくって、かれこれ半年ほど愛用しています。

この本は、ドイツ語で販売もドイツ国内に限られていますが、公式サイトにもたくさんのお役立ちレシピが公開されています!

公式webサイトより: https://www.smarticular.net/

サイトは英語とドイツ語のみですが、PCをMacを使っている方なら右クリックで自動日本語翻訳ができますし、google翻訳などのサービスを活用しても十分読むことができると思います。

レシピだけでなく、日常生活を送る上でのアイディアもたくさん◎ ぜひチェックしてみてください。

ちなみに私が半年間愛用してる洗濯用洗剤のレシピはこちら↓

Biowaschmittel selbst herzustellen ist leicht, umweltfreundlich und preiswert(独自の有機洗剤を作ることは簡単で、環境にやさしく、安価です)

https://www.smarticular.net/biowaschmittel-selbst-herzustellen-ist-leicht-umweltfreundlich-und-preiswert/

以上のページを参考に、実際に洗濯用洗剤を手作りしてみたレポートもお届けします◎

必要な材料は、たったの4つ!


3つ入りで、1.05ユーロ(約130円)
【2リットルの洗濯用洗剤に必要な量】
1つの石鹸の1/3だけ(30g)!なので約0.14セント(約17円)


500g入りで、0.95セント(約116円)
【2リットルの洗濯用洗剤に必要な量
スプーン大さじ4杯。1杯分を約10gとして考えると、約8セント(約10円)


10ml入りで、1.95セント(約240円)

【2リットルの洗濯用洗剤に必要な量】
お好みで数滴…計算が難しい!

そして、最後に2リットルのお水。

このたった4つの材料で、2リットルの洗濯用洗剤ができてしまいます。細かすぎて計算できない部分もありましたが、だいたい30円ほどで出来てしまうのではないでしょうか。。日本でこれらの材料を集めても、そんなに高くないものたちな気がします。

さあ、実際に作ってみよう!

1、まずは、おろし金でソーダ石鹸を細かくします。

2、鍋に水2リットル・炭酸ソーダをスプーン大さじ4杯・先ほど細かくしたソーダ石鹸を入ます。

3、全てがきちんと溶け合うように、混ぜながら沸騰させます。

4、沸騰し、全てが混ざりきったら、1時間寝かせます。その後、またかき混ぜながら沸騰させます。すると、こんな白い液体になります。このまま今度は24時間寝かせます。

5、24時間後、少し固まっていると思いますので、また温めながらかき混ぜます。十分冷めたら、お好みの香りのエッセンシャルオイルを数滴入れます。わたしは、レモングラスを選んでみました。

6、お好みの空き瓶などに入れて完成です!使用方法は、普通の液体洗濯用洗剤と同じ要領ですが、使う前に液体を混ぜることがポイント。

冷ましたり、寝かすことに時間がちょっとかかりますが、材料もたった4つで、つくり方も簡単。何かの片手間に、キッチンで出来てしまうレシピです。

実際に使ってみての感想は、もちろん私が嫌だったケミカルな匂いは一切なし。エッセンシャルオイルのレモングラスの香りが残るのかなとも思いましたが、それもほぼなかったです。でもスッキリ爽快の無臭!柔軟剤は使用していませんが、乾いたお洋服は柔らかかったので、その必要性も感じません。そして自分で作ったものなので、なんだか愛着が湧いて、お洗濯が楽しくなりました!笑

地球にも、お財布にも優しい手作り洗濯用洗剤。ぜひ、おうち時間でチャレンジしてみてください◎

——————————————————————————–

smarticular公式サイト:https://www.smarticular.net/

本:Fünf Hausmittel ersetzen eine Drogerie (ドラッグストアに代わる5つの家庭薬)

※本とレシピの掲載については、smarticular様に許可を頂いています。

——————————————————————————–

西伊豆の小さな美しい村出身。京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科卒業後、同大学マンガ学科研究室にて副手として3年間勤務。その後フリーランスに。2016年夏よりベルリンに移住。例えば、私のように小さな集落で暮らしている子が旅立つ時期を迎えたとき、『世界はこんなにも広くて、こんなにも選択肢があるんだ』と気付けるようなものを残していけたら、最高だなと想いながら絵と文章をかいています。

Portfolio site : kiyonosaito.com instagram: @kikiiiiiiy/

”NEXT LEVEL MEAT” の新商品、ナゲットを食べてみた!

こんにちは、ベルリン在住のイラストレーター・KiKiです◎

ベルリンがロックダウンに入って、1ヶ月が経ちました。大切な周りの人たちと、自分自身を守るために、ほとんどの日を家で過ごしています。

日本のニュースも毎日見ていて、外出自粛の要請が出ていると聞きました。どうか皆さん、くれぐれもお体にお気をつけてお過ごし下さい。

ベルリンは春を迎え、太陽の光がとても気持ちがいい季節になりました。運動不足を解消するためにも、お家の日当たりの良い場所でヨガをすることも日課になっています。

こちらでは外出は必要最低限に限られており、スーパーへ買い出しに行くか、人との距離を保つことは必須ですが、健康のためのランニングや公園に行くことなどは許可されているので、週末早朝の人がいない時間帯に公園に行って、読書をしたり、緑の中でゆっくりしています。

そんな毎日の中での楽しみは、食べる事と料理する事です。美味しいご飯を食べて、適度な運動をして、ぐっすり眠る。これに勝る健康法はないなあと、実感しています。

スーパーでは買い出しもなるべく週一に抑えたいので、じっくり商品を見て、わくわくしながら1週間の献立を考えています。

そんなある日。スーパーで、またしてもヴィーガンミートブランド”NEXT LEVEL MEAT”の新商品を発見!今度は、なんとナゲット!続々と新しい商品が出ていて嬉しい。

以前のコラムでも、ヴィーガンミートブランド”NEXT LEVEL MEAT”についてご紹介しているので、よろしければこちらも合わせてご覧ください。

ベルリンのスーパーで発見!本物そっくりヴィーガンミートひき肉『NEXT LEVEL HACK』

環境に配慮された紙パッケージを採用!進化が止まらないドイツのヴィーガンミート『NEXT LEVEL MEAT』シリーズ

今回は、このナゲットを食べてみたレポートをお送りしたいと思います◎ワクワク感を、皆さんとシェアできたら嬉しいです。

NEXT LEVEL MEAT の新商品、ヴィーガンナゲット!

ちなみに、特にスーパー内に”NEXT LEVEL MEAT”のコーナーがあるわけではありません。以前紹介したひき肉やハンバーガーのパテは、ある日、本物のお肉と同じコーナーに、あたかも”私はお肉です”という顔をして並んでいました。パッケージに”vegan”のマークが記載されていて、とても驚いたのを覚えています。

このナゲットも商品棚をなんとなく眺めていたら、お肉のナゲットの隣に”私はお肉です”という顔をして並んでいました。なので新商品を店内で見つけた時は、なんだかお宝を発見したような、嬉しい気持ちになります。笑

お値段は2.49ユーロ(約290円)。相変わらず、躊躇せずに購入しやすいお値段です。

成分表をみると、トウモロコシ粉、小麦粉、小麦セモリナ、ヒマワリ油、エンドウ豆粉などからつくられているそう。

早速箱を開けて、中を見ていきましょう!

箱を開けてみると…

ナゲットと専用のディップも2パック入っていました。ディップの味は、スイートチリ。甘辛らさが癖になる味です。

袋から出して、並べてみるとこんな感じ。見た目は相変わらず、本物のお肉と区別がつきません。

調理方法の説明として、以下の3つがパッケージに記載されていました。

オーブン:220°Cで約10〜12分間焼く。

フライパンで:フライパンに油を少し入れ、中火で約5〜7分間繰り返し回転させる。

天ぷら鍋:天ぷら鍋を165°Cに加熱してから、約3〜4分間あげる

私はプライパンで、コロコロあげてみました。出来上がったものは、こちら!

揚げたてを早速頂きます!

食感はナゲット。味は、”本物のお肉より、あっさりした味のお肉”という感じ。付属のSWEET CHILIソースと合わせて食べると、美味しさ倍増!揚げたてはサクサクしていて、とても美味しかったです。

本物のナゲットの代わりに食べたとしても、全く不満はない味と満腹感でした◎どんどん進化しているヴィーガン食品。。本当に奥が深くて、面白いです。

ちなみに調べてみると、私はまだスーパーで発見できていないのですが”ヴィーガンボロネーゼ”も新商品として販売されているのだそう。。!いつか出会いたい…!

いつどこのコーナーで発見できるのかわからない、神出鬼没なNEXT LEVELシリーズ。笑 今後の展開が、ますます楽しみです!

そして、最後にもう1つ。最近、よく行くスーパーの割引シールの表記が変わりました。

”ich bin noch gut” ドイツ語で、直訳すると”私はまだ良い”。ニュアンス的には、”僕はまだ元気だよ、食べれるよ:)”という感じです。

なんだか、こういう前向きな言葉の表記になると、消費者側も受け取る印象が変わりますよね。

また、まだ元気な食べ物たちを集めた”ich bin noch gut”コーナーもできています。食品ロスを減らすためと、自分のお財布のためにも、このコーナーを覗くのが定番になっています◎

西伊豆の小さな美しい村出身。京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科卒業後、同大学マンガ学科研究室にて副手として3年間勤務。その後フリーランスに。2016年夏よりベルリンに移住。例えば、私のように小さな集落で暮らしている子が旅立つ時期を迎えたとき、『世界はこんなにも広くて、こんなにも選択肢があるんだ』と気付けるようなものを残していけたら、最高だなと想いながら絵と文章をかいています。

Portfolio site : kiyonosaito.com instagram: @kikiiiiiiy/

世界一流のヴィーガン・コースを堪能できる夢のイベントを開催 World Vegan Project Vol.1

昨年から企画していた、本誌ベジィがベジタリアン&ヴィーガンフードカルチャーを通じて世界と日本を繋ぐ! という思いから ONODERA GROUPのエグゼクティブシェフとして知られる杉浦仁志氏との協力で実現した“世界一流のヴィーガン・コースを堪能できる夢のイベント”『World Vegan Project』。

 記念すべき第1回目は、イタリアで毎年開催される“The Vegetarian Chance”2017で見事優勝に輝いた世界が認める注目のベジタリアンシェフGijs Kemmeren氏(オランダ)がゲストシェフとして特別来日。同大会でトップ8シェフとして評価され、日本の“Vegetarian award” 2019でも料理人賞を受賞された独創的な料理で日本・世界のヴィーガンファンを魅了する杉浦仁志氏と世界トップシェフ達による“世界と日本を繋ぐ”夢のヴィーガンコラボレーションは告知直後に即定員に達し、キャンセル待ちとなるほど。
 今回のイベント会場となったレストランは、270度の大パノラマで東京を一望しながら美食を楽しむ上質な空間を堪能できる“オリゾントウキョウ”。当レストランのエグゼクティブシェフである大村雅博氏による渾身のヴィーガンディッシュも杉浦氏やGijs氏同様にヴィーガンという概念を覆す驚きのメニューばかり。

左から、杉浦仁志シェフ、ベジィ編集長・吉良さおり、Gijs Kemmerenシェフ、大村雅博シェフ。

 まずウェルカムドリンクとして、ランチはミネラル豊富なリードオブジャパン株式会社のココナッツウォーターを使用したモクテル、ディナーはミネラル感のあるジューシーな白ワインのスペイン産Mesta Organic Verdejo White(メスタ オーガニック ベルデホ)。そしてワインペアリングの最初の乾杯は辛口のロゼ・スパークリングワインCODORNIU BARCELONA 1872(コドーニュ バルセロナ 1872)。一皿目は日本におけるスプラウトのパイオニアとして知られる村上農園の美しいスプラウトを沢山散りばめたビーツとグリーンピースが美しい一品。2皿目は滋養の高い菊芋を使用し、フルーティーなフランス産ビオディナミの白ワインドメーヌ・カズのego(エゴ)とペアリング。3皿目は巨大な芽キャベツの固まりをその場でシェラスコのようにカットしてサーブし、ヴァカンスのワインと呼ばれるフルーティーなドメーヌ・カズのLE CANON DU MARECHAL(カノン・デュマレシャル ロゼ2018)のペアリング。4皿目はマッシュルームステーキにエノキやアーモンドクリームや燻製マッシュルームなどを合わせた一品。5皿目は長期熟成させたビーツのステーキに、フレッシュ感と丸みのあるタンニンが絶妙なバランスの上品な赤ワインドメーヌ・カズのego(エゴ)のペアリング。そして最後は国産米粉や国産ライスミルクを使用したグルテンフリーデザートでした。そして食事の際のパンは全てグルテンフリーでした。美味しく健康的なプラントベースの食事がより身近で日常的になるよう、次回も開催企画を考えていますので、ぜひ楽しみにしていください。

オーガニック・ワインのペアリングとしてセレクトしたワイン。左からMesta Organic Verdejo White (メスタ オーガニック ベルデホ)、CODORNIU BARCELONA 1872 (コドーニュ バルセロナ 1872)、ドメーヌ・カズego(エゴ)白、ドメーヌ・カズLE CANON DU MARECHAL(カノン・デュマレシャル ロゼ2018)、ドメーヌ・カズego(エゴ)赤の5種。こちらは全てWEBサイト「ドリンクス」にて購入可能。HP https://drinx.kirin.co.jp/wine/

ランチ会とディナー会でサーブされたのは、こだわり抜いた完全グルテンフリーのパンは株式会社BIOSSA(ビオッサ)。文京区に本店を構え、都内の様々なレストランでも提供。アレルギー体質や低糖質を目指す方にオススメのパンはHPから通販でも購入可能。 HP   biossajapan.com


?今回のゲストシェフ

Gijs Kemmeren
14歳からキッチンで働き始め、そのまま料理の世界へ。2014年からベジタリアン料理や野菜などのフードロスを意識し、オランダ独自のローカルフードを使用したサステナブルな料理に携わり、ベジタリアンレストランHerbergのヘッドシェフとして活躍。2017年にはVegetarian Chanceで最優秀賞に輝く。   現在はGKFoodsとしてベジタリアン・グルメ界の新しい提案をしながら、シェフ向けのアイデアジェネレーターであるGastronomixsに参加し、アドバイザーやメニュー開発などのサポートを行う。
HP   Hgkfoods.nl
Instagram @gkfoods
Twitter  @Gastronomixs

?杉浦仁志
1976年生まれ。24歳で料理を始め国内で数々の修業の後2009年渡米。アメリカLAのレストラン“PATINA”(ジェームズ・ビアード受賞)・NY“Lincoln Ristorante” (ミシュラン1つ星)にて感性と技術を磨く。 2014年・15年と2年連続で、NY国連日本政府代表部大使公邸で開催された、安倍首相はじめ世界の国賓約300名が集うレセプションで日本代表シェフを務める。2017年“The Vegetarian Chance”(イタリア)野菜のみ使用の世界料理大会で“トップ8シェフ”受賞。 2018年“ザ・ベスト・オブ・シェフ50”受賞。 2019年”Vegetarian Award 料理人賞”受賞。活躍の場を国際舞台に広げつつ、現在はONODERA GROUPのエグゼクティブシェフとして活躍。
HP  hitoshisugiura.com
  leoc-j.com

?大村雅博
博多生まれ大阪育ち。料理人を志し18歳で上京。プロムナード、ホテル東京、タイユバン・ロブションなどの名店で腕を磨いた後、オーシャンズクラブ葉山の料理長を務め、2017年にオリゾントウキョウとグランブリエ東京の料理長に就任。葉山時代から大切にしてきた鎌倉野菜などの素材と和の調味料を使い独自のフレンチ・スタイルを確立。見目麗しい数々の料理で舌の肥えた汐留のゲストを魅了している。

?今回の開催場所となったオリゾントウキョウとは?
オリゾンはフランス語で水平線、地平線の意味で使われる言葉で、限界や境界線と言う意味。浅草、浜離宮、ベイサイドに囲まれ、偶然にも視界を遮る高層ビルなどがないカレッタ汐留の最上階(地上210)に位置するレストラン。皇居、東京駅方面は地平線、ベイサイド方面はレインボーブリッジから広がる水平線を一望!見事な絶景が広がる、ラグジュアリーな空間。
HP   horizon.tokyo

Translate »