子ども達も大活躍!エコブリックの取り組み

こんにちはロンドン在住のデルガド倫子です。

今回は、ここ数年で注目度が高まっている「エコブリック」についてです。

今イギリスの教育現場ではエコブリックを作ることを通して、子ども達にプラスチック破棄問題や海洋汚染といった環境問題に関心を持ってもらうことを目指す取り組みが増えてきています。

さてこの「エコブリック」、皆さんご存知でしょうか?

私たちが普段生活する中で出る、食料品やお菓子のパッケージ、野菜や果物の包装に使われているビニール袋、その他生活用品などを買い物した時にほぼ全てについてくるプラスチック製のビニールや包装紙。このようにすでに流通し使い捨てられるだけの大量のプラスチックを有効活用することを目的とし、これらを利用して作られる「プラスチック製」リサイクルボトルのことです。

エコブリックの活用範囲は様々で、そのカラフルな色合いから壁に埋め込まれたり、子ども達の遊具の一部として使われたり、学校で使う椅子や机の一部など家具を作る材料として、まだガーデンスペースや建物を建設するときの壁の一部に使われたりなど幅広く使われています。繰り返し何度も利用できるのも特徴です。

エコブリックの作り方

エコブリックを作るのはとても簡単で、包装などに使われていたプラスチックやビニールをハサミで小さく切り刻んで、空のペットボトルに詰めるだけ。ギューっとしっかり上から押さえてボトル一杯いっぱいまでギッシリ詰め込むことがポイントです。一度作って見られるとお分かりいただけるかと思いますが、1本のボトルにかなりの量のプラスチック片を詰め込むことができます。詰め込むプラスチックですが、汚れている場合は洗って、しっかり乾燥させます。ガラスや紙類などリサイクルできるものは入れずに、プラスチックのみを入れることも重要です。硬いプラスチックと柔らかいラップやビニールなどを組み合わせてボトルに詰め込むと、しっかりと隙間なく詰め込むことができます。長い棒や枝などを使って、上からギュッギュっと押し込みながらボトルが満杯になるまでどんどん入れていき、最後にキャップを閉めるとエコブリックの出来上がりです!

エコブリックを通して環境問題に関心を持つ

出来上がったエコブリックはプラスチックに印字された色々な文字や絵柄が混ざり合ってとってもカラフル。これが何本も集まると、とても鮮やかな見た目のブリックとして活用できるのです。プラスチックが隙間なくしっかりと詰め込まれたボトルは耐久性にも優れています。

工作のような感覚で子ども達も喜んで取り組むことができるので教育現場でも取り入れられています。さらにどうしてこのような活動をするのか、ゴミを減らすにはどうしたらいいのか、プラスチックが海に流れ込むとどのようなことが起こるのか、などといった環境問題に対して子ども達自身が考えて行動できるきっかけとなる良い取り組みです。

また学校だけでなく、それぞれの家庭でも簡単に取り組むことができるのが、このエコブリックの素晴らしいところ。我が家でも子どもと一緒に家庭で出るプラスチックを集めており、少し溜まったらハサミで小さく切り刻みペットボトルにどんどん詰め込んでいます。おかげで家庭から出るゴミの量も大幅に減りました。始めてみると、今までどれほど大量のプラスチック包装を無駄にしていたかということがよく分かります。ちょっと意識してみるだけで、家庭から出るビニール袋、お菓子や食品の包装袋、ストロー、キッチンで使うラップ、セロテープなどなど周りを見渡しても日常生活でどれほどのプラスチックに囲まれているのかに改めて気付かされます。

エコブリックの用途

作られたエコブリックですが、学校などで利用される他にイギリスでは各自治体にボランティアグループがあり、そこにまとめて送ると発展途上国に寄付してくれるという活動をしているところもあります。

アフリカやアジアの国では先進国から送られてきたこのエコブリックを使って、家や学校の壁を作ったり家具を作るのに役立てられています。

エコブリックを作るのには特別な技術も道具も必要ありません。個人、学校、家庭、地域単位で今すぐ取り組める地球環境を保護する活動です。無駄なゴミを減らし、かつてはただの廃棄物だったプラスチックに新たな価値を見出すこの取り組み。もちろん普段の生活で出る無駄な包装を減らすことを目指すのが一番大切ですが、すでに生産され市場に出回っているゴミを有効活用することに意識を向けるための小さな一歩に繋がっています。

プロフィール

デルガド倫子

2001年よりイギリス在住。ロンドンの出版社勤務を経て、フリーに。書籍、ファッション雑誌、カルチャー誌、メンズ誌、ウェブサイト等に幅広い分野でイギリスからの情報を提供。趣味は旅行、読書、片付け。

ベルリンで注目され続ける植物性ミルクたち。

こんにちは、ベルリン在住・イラストレーターのKiKiです。

ベルリンは、まだまだ寒い毎日が続いていますが、皆さんは風邪などはひいていませんか?

先日あまりにも寒いので、温かいシチューが食べたいなあと思い、スーパーへ。今年から体調のこともあり、ベジタリアン生活をメインにしているので、牛乳ではなく植物性ミルクを購入することに。

初めてのベジタリアン生活チャレンジ in Berlin の記事は、こちらになります。よろしければ、そちらも読んでくださったら嬉しいです!

前から日本よりも植物性ミルクの種類が多いなあとは思っていたのですが、今回じっくりスーパーで品揃えをチェックしてきました。

大きな棚を占領する、様々な種類の植物性ミルクコーナー

こちらはdmという、ドイツの大手ドラックストア。BIO食品も多く取り揃えています。見つけた植物性ミルクのコーナーは、3つほどの大きな棚を植物性ミルクたちが占領していました。


dmの自社ブランドのほか、様々なブランドが取り揃えられています。

こちらは日本人の私たちにとって定番の植物性ミルクの豆乳。

ちなみに私の誕生日10月12日は豆乳の日というご縁もあり、豆乳が大好きなのですが、せっかくなので日本であまり見かけない他のものを見てみましょう。

左から、アーモンドミルク・ココナッツミルク・豆乳・ライスミルク・麦ミルク。

せっかくなので他のスーパーの品揃えもチェックしに行ってみよう!ということでREWEにも。

こちらも大きな棚を占領して同じく、豆乳・ライスミルク・ココナッツミルク・麦ミルク・アーモンドミルクと種類豊富。

私は悩みに悩んで、今回はアーモンドミルクを購入してみました。実はveggyさんのinstagramのポストで見た、筑波乳業さんの「濃いアーモンドミルク」が飲みたいなあとずっと気になっていたのです…!残念ながらこちらでは筑波乳業さんのアーモンドミルクは購入できませんが、アーモンドミルク事態を飲んだことがないので、今回初挑戦です。

なぜこんなにも植物性ミルクが注目されているのか?

ドイツは、もともとチーズや牛乳などの乳製品が日常的に食卓に並ぶ文化の国。それでも、これだけの植物性ミルクの選択肢が広く、身近なのは、それだけヴィーガン文化が当たり前に日常生活の一部として捉えられている証です。それは様々な人種の人々が住んでいるからという背景に加えて、ドイツ国民のもともとの環境問題への意識の高さからという理由も強く感じます。

その配慮からベルリンでは、カフェでラテを注文をする際、お願いすれば豆乳やオートミルクに変えてくれるところも多くあります。

今まで、こちらの食べ物のヴィーガン文化についてご紹介していますが、買い物に出かけるたびに、最近あらゆるカテゴリーでヴィーガンが注目されているように感じます。お洋服・化粧品・シャンプーなど、使ってみて心地良いなと感じた商品には、必ず”BIO(オーガニック)”と”ヴィーガン”のマークがついています。

今後、商品を買う基準に、食品以外でも”ヴィーガン”であるかどうかを重視する人たちが、どんどん増えていきそうです。

そしてアーモンドミルクでつくってみたシチューは、こちら!

ルーは使わず、アーモンドミルクと小麦粉でとろみを出し、塩胡椒、オリーブオイルで味付け、具はジャガイモ・人参・ネギ・ヴィーガンミートを使用しています。


牛乳と、豆乳ともまた違った、濃厚なシチューができて大満足です◎

”ルー”というものは、こちらでは売っていないことから、ネットで調べて1から自分で作るようになりました。

何かがないと”自分で作り出す”、という発想になります。日本に住んでいた頃はカレーも、シチューも、”ルー”がないと作れないものだと思い込んでいました。

もちろんこちらにあって日本にないもの、こちらになくて日本にあるもの。それぞれが良いところで、面白い文化だと感じています。

でも、ちょっと何かが足りないくらいが、クリエイティブな発想と発見があって楽しいなと感じるこの頃です◎

西伊豆の小さな美しい村出身。京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科卒業後、同大学マンガ学科研究室にて副手として3年間勤務。その後フリーランスに。2016年夏よりベルリンに移住。例えば、私のように小さな集落で暮らしている子が旅立つ時期を迎えたとき、『世界はこんなにも広くて、こんなにも選択肢があるんだ』と気付けるようなものを残していけたら、最高だなと想いながら絵と文章をかいています。

Portfolio site : http://kiyonosaito.com/ instagram: https://www.instagram.com/kikiiiiiiy/


初めてのベジタリアン生活1週間チャレンジレポート in Berlin 【後編】

こんにちは、ベルリン在住・イラストレーターのKiKiです。

前回より2020年の目標のうちの1つ、『ベジタリアン生活に1週間チャレンジ』してみたレポートをお届けしています。今回は、その後編です!

前編は、こちら

気になる体調の方は、3日目あたりから体の中のものがすっかり消化された気分になり、軽くなってきた反面、食べてもすぐに消化されてしまって満腹感が続かなくなってきました。そんな3日目の夜にSirplusさんのキックオフパーティーで食べた、プロの料理人さんが作られたヴィーファン料理の美味しさと満腹感に感動!

真剣にベジタリアン生活を続けていくのなら、ただ野菜だけを食べればいいというわけではない、栄養のことも、調理方法のことも、きちんと勉強していかなくてはいけないんだということに気づきました。

そんなベジタリアン生活後半、私の自炊は上達したのか?さらなる体調の変化は?

後半レポート、スタートです!

ベジタリアン生活チャレンジ5日目(水曜日)

残っていた野菜も使い切ったので、買い出しに行きました。今回は栄養のことも考えて、植物性たんぱく質をとろう!ということで、ひよこ豆を買うことに。

ベルリンはトルコからの移民も多く、スーパーのほか、トルコ系の市場なども多く見かけ、特に野菜や果物が比較的安く購入することができるので良く覗きに行きます。今回は作りませんでしたが、クスクスも大きいパックが売っているので、ここで良く買います!

ひよこ豆はトルコ料理によく使われることから、トルコ系スーパーに大きめの缶に入ったものを安く購入することができるので、トルコ系スーパーEURO GIDAへ。

購入したひよこ豆は、こちら!

この量で、0.90セント(約109円)!

そして、もう1つこのスーパーでオススメしたいところがあります。それは運がいいと、痛み始めた野菜や果物たちを、傷んだ部分をカットして、これでもか!というくらい詰め込まれた袋が1つ1ユーロで購入できてしまうところ!お財布にもとても優しいし、これも小さなフードロスを減らす活動の1つかなと思うと、気持ちも良いです。

今回運良く出会った、袋詰めたち。左がズッキーニと右がカラフルなパプリカが、たくさん詰まっています◎

よくこのスーパーに買いに行くので、店員のおっちゃんが覚えていてくれて(おそらくアジア人なので目立つ)、「また来たのか〜!」と、タマネギを2つおまけしてくれました◎

あと、おやつにBIOのバナナも購入。1総、0.69セント(約83円)。

それから、Lidlで大きなトマト瓶を0.76セント(約92円)で購入。

買い出し: 合計4.35ユーロ(約526円)

以上の買い出しで、これでもかと言うくらい野菜具沢山のトマトカレーを作ってみました。具沢山なのと、ひよこ豆が良い仕事をしてくれたのか、満腹感も続きました◎

ベジタリアン生活チャレンジ6日目(木曜日)

昨日のトマトカレーが残っているので、それを食べつつ、この日は外出する予定があったので、外食をしました。

ベルリンだと、外食だとしてもベジタリアン・ヴィーガンメニューを探すのはとても簡単です。どこのカフェのメニューにも、ベジタリアン・ヴィーガン・BIOの表記があり、自分自身で選択できる環境が整っています。

このピンクの可愛いハンバーガーは、もちろんヴィーガン。お肉の部分は、オーガニックでこだわってつくられた自家製のお豆腐で作られています。ふわふわして、とても優しい味でした◎

外食:5.50ユーロ(約665円)

tofutussis』… Markthalle Neunという市場にお店を出店されています。

ベジタリアン生活チャレンジ7日目(金曜日)

最終日はトルコ系スーパーで購入した野菜がまだ山ほどあるのと、日曜日に野菜の皮でつくったお出汁が残っているので、それをとにかく使わないと!と言う事で、リゾットをつくってみました。それでも野菜がまだまだあるので、ズッキーニを焼いて、醤油と生姜でシンプルに頂いてみたり。お腹いっぱい、お野菜を食べた1日でした。

ベジタリアン生活を1週間チャレンジをしてみて

これでベジタリアン1週間チャレンジで、食べていたものの紹介は終わりです。カレーやチャーハン、リゾットなど簡単なものが多かったのですが、きっと日々の自炊ってこんな感じですよね…?私は、お野菜をたくさん食べれたので満足です◎

さて以下、私がベジタリアン1週間チャレンジをしてみて感じたことです。

【ベジタリアン生活をしてみて感じたメリット】

・圧倒的に肌荒れが改善されました。もともと、とても敏感肌で化粧品も使えるものが限られています。そして食生活が乱れたり、添加物が入っていると、ニキビができたり、顔が赤くなって痒くなったりするのですが、それはもちろん一切なく。お肌は、すごくストレスフリーな感覚になりました。

・体が軽くなりました。体重が減ったというより、体の中から毒素というか余分なものが出て行って、優しいものだけが残っている感じで、自然とスキップしたくなるような感覚です。気持ちも軽くなった気がします。

・お料理を考えるのが楽しかったです。限られたもので、次何を作ることができるのか。ワクワクしました!

【ベジタリアン生活をしてみた感じたデメリット】

・これはデメリットというより反省点なのですが、栄養のことをまったく勉強せず『とりあえず野菜だけ食べよう!』という感じで始めてしまいました。お肉を食べない分補えない栄養素を、どう野菜たちで補っていくか。今回は1週間と期間が短かったので、悪い影響や症状は出ませんでしたが、ライフワークに取り入れていくことを考えると、きちんと栄養について勉強すべきだと感じました。

・消化が早くて、すぐにお腹がすきました。でも途中からタンパク質の代用品としてひよこ豆を取り入れると満腹感は増したので、こちらもきちんと勉強をすれば改善される部分だと思います。

ちなみに1週間の食費は合計:17.83ユーロ(約2154円)

ベジタリアン生活は、お財布にも優しかったです◎

結果的に私には野菜中心の生活の方が良いと感じたので、ベジタリアン寄りの野菜中心生活は続けていて、お肉に関しては柔軟に(友人とご飯を食べる時や、栄養バランスも考えて)また少し取り入れています。

今日もヴィーガンミートを使った、ボロネーゼをつくって食べました。食生活を気をつけると、気分も体調も穏やかになるということを実感しています。

もし気分や体調の不調が続いている方は、いきなりすべてを変えていくことは難しいかもしれませんが、是非少しずつトライしてみて欲しいです。

以上、はじめてのベジタリアン生活1週間チャレンジのレポートでした◎ありがとうございました!

西伊豆の小さな美しい村出身。京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科卒業後、同大学マンガ学科研究室にて副手として3年間勤務。その後フリーランスに。2016年夏よりベルリンに移住。例えば、私のように小さな集落で暮らしている子が旅立つ時期を迎えたとき、『世界はこんなにも広くて、こんなにも選択肢があるんだ』と気付けるようなものを残していけたら、最高だなと想いながら絵と文章をかいています。

Portfolio site : http://kiyonosaito.com/instagram : https://www.instagram.com/kikiiiiiiy/


初めてのベジタリアン生活1週間チャレンジレポート in Berlin 【前編】

こんにちは、ベルリン在住・イラストレーターのKiKiです。

1月が早くも終わってしまいますね。本当に月日が流れるのは、あっという間で焦ってしまいます。皆さんは2020年の目標は立てましたでしょうか?

私はいくつかあるのですが、そのうちの1つに『ベジタリアン生活にチャレンジする』という目標があり、1月の半ばに早速”1週間”という期間を決めてトライしてみました!

もともと野菜多めの食生活でしたが、完全なベジタリアン生活にチャレンジしたいと考えたきっかけは、実はずっと体調・精神ともに不安定なのが続いていて悩んでいて、その原因が昨年末にわかったことでした。それは病気というよりも、ずっと付き合っていかなくちゃいけないものだということもわかったので、その対策の1つとして有効かな…?と試してみたかったからです。

結果としては、だいぶ気持ちも体もすっきりして、軽やかになりました。へなちょこ自炊ですが、毎回何を作ろうか考えることも、とても楽しかったです!

とても良い感じなので、ベジタリアン寄りの野菜中心生活は続けていて、お肉に関しては柔軟に(友人とご飯を食べる時や、栄養バランスも考えて)また少し取り入れています。

今回は、そんな初めてのベジタリアン生活チャレンジレポートをお届けしたいと思います!お料理家さんではなく素人自炊なので、ご紹介するのが素敵なお料理ではないことが申し訳ないのと、もともと少食でもあるのでご紹介できるお料理の種類が少ないですが、趣味がスーパー調査と家計簿なので笑、一般庶民目線のベルリンスーパー事情なんかも交えてお届けできたらなと思っております。どうぞよろしくお願いします!

ベジタリアン生活チャレンジ1日目(土曜日)

初日の朝ごはんは、とりあえずファラフェルをつくって、簡単にトマトと一緒に食べてみました。ファラフェルとは、潰したひよこ豆やそら豆に香辛料を混ぜ合わせ丸めて食用油で揚げた中東の料理です。

こちらではベジタリアン用のケバブにお肉の代わりに入っているのをよく見かけます。満腹感もあるし、スパイシーで大好きな食べ物の1つです。写真のものはREWEという大手スーパーで売っているファラフェルの素(1.19ユーロ、約143円)で、お湯と混ぜてフライパンで焼くだけで簡単に作れます。

REWEは独自のBIO(オーガニック)食品自社ブランドを展開していて、お値段もお手頃なのでBIOのものはREWEによく買いにいきます◎

30年続く、ライフスタイルを促進する高品質のオーガニック製品だそうです。

さらに詳しくは、以下のページをご覧ください。

https://www.rewe.de/marken/eigenmarken/bio/

お昼は少し買い出しをしてきて、ココナッツカレーをつくってみました!

Lidl

こちらも大手スーパー。価格はREWEよりも少し安い気がします。

・veggyさんの記事でも何回かご紹介しているヴィーガンミート『NEXT LEVEL

HACK』(1.99ユーロ、約239円)

・マッシュルームが安かったので(0.99セント、約119円)も購入。

REWE

・ココナッツミルク (0.99セント、約119円)

・生姜(0.15セント、約18円)

・お米・Spitzenreisというのが1番量が多く入ってお買い得なのでいつもこれを購入しています。(0.99セント、約119円)

・BIO人参(なんと1袋これだけ入って0.99セント、約119円)

カレーパウダーなどは、前に購入して常備しているのでいくらだったかは忘れてしまいました…。でも全体的に安いと思いません??マッシュルームとBIO人参はお買い得の時を狙って購入しましたが、ベルリンの食品の値段は基本的にこんな感じ。とても家計に優しくて助かっています◎

1日目食費(買い出し分):7.39ユーロ、約886円

ココナッツカレーには、以前購入して冷蔵庫に入っていた、ネギも入れて具沢山に。1日目は、野菜をたっぷり食べることができたのと、ヴィーガンミートもあり、お肉がなくても不満感はありませんでした◎良い感じのスタートです!

ベジタリアン生活チャレンジ2日目(日曜日)

今私はベルリンでドイツ人女性と3人でルームシェアして生活しています。この日はルームメイトが借りている畑でつくった”HOKKAIDO”という品種のかぼちゃを使って日本食をつくってほしとリクエストをもらっていたので、日本食を作る日でした。写真、全体的に茶色くてすみません。。苦笑

定番のかぼちゃの甘煮をつくってみたのですが、日本で良く売っている皮が緑のかぼちゃとやはりちょっと違うみたいで、同じ要領でつくってみたら汁が多めになってしまいました。研究が必要そうです。

茶色い汁物は、野菜たっぷりの醤油スープです。人参、ネギ、玉ねぎ、生姜、ごまが入っています。かつおだしが使えないということに気づいて、ネットで調べて、初めて野菜の皮などから出汁をとってみました!なんだか実験をしているみたいで面白かったです。コクのある出汁が取れて、写真の見た目よりも、味は美味しかったです。笑 ルームメイトも、全部食べてくれたので安心しました◎

ご飯は、”ミルクライス”というお米を炊いています。その名前の通り、ドイツではご飯を甘い牛乳で煮込んで食べる、という日本人には衝撃的な”ミルクライス”というお料理があるのですが、それ用のお米が実は1番日本のお米に似ていて、価格も安いので(1袋0.59セント、約71円)、日本食のときはこちらを購入しています。

ちなみに気になる”ミルクライス”のお味ですが、ご飯としてではなく、”ミルクライス”という食べ物だ、という認識で食べると、なかなかいけます!とっても甘いです!

ベジタリアン生活チャレンジ2日目(月曜日)

平日は基本、家でお仕事作業なので1度に大量につくり、お腹が空いたらキッチンにつまみに行くスタイルです。土日につくった残り物もまだあるので、簡単に冷蔵庫の中に残っている野菜を切って、ヴィーガンミートをのせ、オリーブオイルと塩・コショウを変えたものをオーブンに入れてみました。とても簡単なものですが、野菜がホクホクで美味しかったです◎

ヴィーガンミートは、オーブンで焼くと一番お肉に似た食感と味になるということもわかりました!

ベジタリアン生活チャレンジ3日目(火曜日)

引き続き、残っている野菜たちを切って、ヴィーガンミートも入れて具沢山の醤油チャーハンをつくってみました。

ちなみに、お醤油はこちらでも日本のものが購入できるのですが、輸入品でやはり割高になってしまうので、最近REWEで見つけた、こちらのお醤油を使っています。

BIOとVEGANマークもあり、安心、味も美味しく問題ありません◎日本食は、こちらでもとても人気で、最近では普通のスーパーでも日本の調味料が比較的安いお値段で買えるようになってきていて、とても嬉しいです。

気になる体調の方ですが、3日目あたりから、体の中のものがすっかり消化された気分になり、軽くなってきた反面、食べてもすぐに消化されてしまって満腹感が続かなくなってきました。。

そんな3日目の夜は、前回の記事でご紹介した『廃棄食品レスキュースーパー『SIRPLUS』、ベルリンに4店舗目をオープン!』、SIRPLUSのキックオフパーティーにお邪魔してきました。

そこで振る舞われた、廃棄食材を使ったヴィーガン料理をいただきましたが、素人の自炊菜食料理とプロの菜食料理は、味も満足感もぜんっぜん違うなあと、ただただ感動しました。

そして真剣にベジタリアン生活を続けていくのなら、ただ野菜だけを食べればいいというわけではない、栄養のことも、調理方法のことも、きちんと勉強していかなくてはいけないんだということに気づきました。

そんな大切なことに気づいたベジタリアン生活1週間チャレンジ半ば。後半の食生活と体の変化については、次の記事でお伝えしたいと思います◎

※ちなみに、前編3日間の食費(常備調味料はのぞく)は合計7.98ユーロ、約961円でした。

西伊豆の小さな美しい村出身。京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科卒業後、同大学マンガ学科研究室にて副手として3年間勤務。その後フリーランスに。2016年夏よりベルリンに移住。例えば、私のように小さな集落で暮らしている子が旅立つ時期を迎えたとき、『世界はこんなにも広くて、こんなにも選択肢があるんだ』と気付けるようなものを残していけたら、最高だなと想いながら絵と文章をかいています。

Portfolio site : http://kiyonosaito.com/instagram : https://www.instagram.com/kikiiiiiiy/

Translate »