ブルーグリーンアルジーのふるさとを訪ねて

ネイティブアメリカンの聖地「シャスタ」を通って

日本から飛行機でアメリカ・ロサンゼルス空港を経由してカルフォルニア州レディング空港へ飛び、そこから車で北へ約3時間ほど走ったところに、ブルーグリーンアルジー(AFA)のふるさとアッパークラマス湖はあります。

車で向かう途中には、思わず歓声をあげてしまうような美しい山が見えてきます。それは世界でも最高峰のパワースポットといわれるマウント・シャスタとマウント・シャスティータのふたつの山。ふもとの町はシャスタシティと呼ばれていますが、カルフォルニア州北部に位置するこの地域には、古くからネイティブアメリカンの部族が暮らしており、マウント・シャスタは「聖なる山」として崇められ、周辺にはネイティブアメリカンの人たちが大切に守ってきた「聖なる土地」が点在しています。美しい湖や森、滝や清流なども多く、四季を通じて色とりどりの自然を楽しむことができ、観光地としても人気です。

火山に囲まれたオレゴン州最大の淡水湖

シャスタシティからさらに北へ2時間、オレゴン州の南部まで移動するとようやくアッパークラマス湖が見えてきます。アッパークラマス湖はオレゴン州最大の淡水湖で標高1200メートルの寒冷地にあり、西には火山群で知られるカスケード山脈が連なっています。アッパークラマス湖には地下水が豊富に湧き出し、周辺の山々の地層によって濾過された雪解け水や清らかな河川の水が流れ込み、その水はクラマス川から流れ出しています。こうして水が常に入れ替わることによって高い透明度が保たれているのです。

アッパークラマス湖の湖底には周辺の火山が噴火した際に噴出した火山灰が10メートル以上も堆積しており、ミネラル分が豊富に含まれた湖底の土壌は、AFAの栄養源となっています。AFAに含まれる成分は200種類以上(現地ハーベスト会社分析)もあるといわれていますが、こうした独特の自然環境が成せる業なのでしょう。

一般的に、藻類は水の流れが停滞しているところに多く見られますが、アッパークラマス湖は例外です。AFAが豊富に育つだけではなく、それをエサとする魚などの水生生物、水鳥、タカなどの捕食性の鳥類も多く生息しています。周辺には広大な国立公園や野生動物保護区があり、産業活動などによる汚染の心配もありません。AFAだけではなく、多くの動植物にとって住みやすい環境が整い、豊かな生態系のバランスが保たれているのです。

AFAの収穫期と低温乾燥方法

AFAの収穫期は6〜10月で、もっとも質のよいものが収穫できるのは6〜7月です。その年によって収穫できる質は多少異なります。同じ会社の製品でも微妙に色の違いがあるのは、収穫時期の違いによるものです。

AFAの加工で重要なのは、乾燥方法です。「バイオアクティブ・ディハイドレーション製法」と「ハイドロドライ製法」の2種類がありますが、どちらも低温で乾燥させる方法です(24ページ参照)。なぜ低温が重要かというと、高温で加工すればAFAに含まれる酵素が壊れて酸化が激しくなり、せっかくの栄養素が失われてしまうからです。

低温で乾燥させたAFAの粉末に水を加えると、収穫されたてのときと同じ風味、香り、栄養を得ることができます。今ではほとんどの会社が低温乾燥を実施していますが、AFA製品を選ぶ際には製造方法を確認すると安心です。

製造方法や成分をしっかりとチェックして、本物のAFAのすばらしさをぜひ体感していただきたいと思います。

シャスタには他にも訪れるべき場所が沢山

①バーニー・フォールズ

ネイティブアメリカンの聖地とされてきた。全長40 メートルで迫力がある。

②キャッスル・レイク

キャンプやハイキングも楽しめ、観光地としても人気。

③シスキュー・レイク

マウント・シャスタを一望できる。地域住民の生活水としても使われている。

④サクラメント・リバーの原水

おいしいと評判で、遠くからも水を汲みにくる人が絶えない。

⑤マウント・シャスタ

聖なる山としてネイティブアメリカンに崇められ、セドナなどと並ぶパワースポットとしても注目を集めている。

⑥プルート・ケイブ

シャスタシティ周辺にはパワースポットが点在している。この洞窟もそのひとつ。ネイティブアメリカンが出産の場に使ったとされ、「聖なる地」といわれている。

⑦アッパークラマス湖

琵琶湖より少し小さい位の大きさで透明度が高く、ブルーとグリーンのコントラストがあり、グリーンの部分に一面AFA が生息しているのが見てとれる。

⑧クレーター・レイク

アッパークラマス湖の水源となっている。美しい紺碧の火山湖。

ぜひ訪れてみては。

北欧ライフを日本でまるごと体感できる「メッツァビレッジ」がオープン!

北欧のライフスタイルが楽しめる「メッツァビレッジ」が2018年11月9日(金)にオープンしました。ここは埼玉県飯能市の宮沢湖を中心とした、湖と森が広がるフィンランドのような景色を望めるエリア。

早速編集部が行ってきました!

並木が広がる道を抜け、

マーケットの入り口へ

森の妖精がフィンランドデザインの巨匠、Eero Aarnio(エーロ・アールニオ)による小宇宙をイメージしたボールチェアに座ってお出迎え!

マリメッコのショップ

フィンランド初のロバーツ・コーヒー。

ソイラテもあります。

フィンランドで大人気のオーガニックのローチョコレートGOODIO(グーディオ)。

1Fのフィンランドや北欧全般の雑貨・食材を扱うショップには、こだわりのクラフトビールも豊富!

フィンランドの選りすぐりのスーパーフードをセレクトしたBIOKIA(ビオキア)のヘルシーなスムージースタンド。

ローカル野菜のコーナー。

マーケットエリアを抜けると、クリスマス・マーケットのエリアや、ワークショップを行う建物、さらにボート乗り場などもあります。

この日は雨が降っていたせいか、空気感はまさに曇りの多いフィンランドのよう。

湖の向こう岸はまだ工事中のようです。

埼玉県の木で作ったボートを展示。

ラップランドの定番食器、ククサ。フィンランド人の間では、赤ちゃんが生まれる時にプレゼントすると、幸福になるとされ、家族全員マイククサを持っているのだとか。

メッツァからはエルシンキは、7781kmだそう。

この湖の辺り周辺がインスタスポットになりそう。

2019年3月16日(土)には待望の「ムーミンバレーパーク」もオープン予定だそうです。

施設リンク  https://metsa-hanno.com/

メッツアビレッジ・クリスマス企画

2018年11月9日(金)~ 12月25日(火)まで

〜湖畔と森 ~北欧のクリスマスマーケット~

オープン初日からクリスマスの装いで、大きなクリスマスツリーやイルミネーション、クリスマスにちなんだ雑貨や食器などが揃うクリスマスマーケットも登場!クリスマスが待ち遠しくなるイベントが盛りだくさん!

*サンタクロースと握手&記念撮影!

11月9日(金)、 12月9日(日)、 12月24日(月)の3日間

11:00、 13:00、 15:00を予定

■場所:ウーテピルス

■撮影費:無料

フィンランド北部のサンタクロースの聖地として知られるラップランド、ロヴァニエミよりサンタクロースが「メッツァビレッジ」にやってきます。貴重なこの機会をお見逃しなく!

*森の妖精“トントゥ”作りなど、 期間限定ワークショップ!

■期間:11月13日(火)~ 12月25日(火)

■場所:クラフトビブリオテック

フィンランド語で“森の妖精”を表すトントゥ。 サンタのお手伝いさんでもあり、家の中をはじめ、様々なシーンに登場するトントゥを作ってクリスマスの準備をはじめましょう!

注)天候などにより開催のない日もあるそうなので、事前にHP又は窓口で確認しましょう。

*クリスマスイベントにあわせて、 フィンランド映画を上映!

「オンネリとアンネリ」シリーズの「オンネリとアンネリのふゆ」篇を先行上映!

詳細はこちらから→ https://metsa-hanno.com/workshop/607/

ここがメッツァの入り口付近にあるバス停です。

車の場合は、必ずWEBで駐車場を予約しましょう!!

 

メッツァへの行き方


*飯能駅から行く場合
西武池袋線 「飯能駅北口」1番乗場より
「メッツァ」行き直行バス(国際興業・西武バス運行)及び「メッツァ経由武蔵高萩駅」行き路線バス(イーグルバス運行)、 メッツァ停留所(旧 宮沢湖停留所)下車(所要時間約13分)

*東飯能駅から行く場合
JR八高線「東飯能駅東口」2番乗場より
「メッツァ」行き直行バス(国際興業、 西武バス運行)、 メッツァ停留所(旧 宮沢湖停留所)下車、 (所要時間約12分)  ※東飯能駅からメッツァへの運行は土日祝日のみ

「メッツァ」までのアクセス詳細はこちら

 https://metsa-hanno.com/access/ 

埼玉県飯能市について
飯能市は都心からおよそ 50km。 埼玉県の南西部に位置する豊かな自然と清流に恵まれた“水と緑”のまち。 緑あふれる自然は、 ハイキングや公園、 水辺でのアクティビティ・レジャーのほか、子育てや余暇生活にも充実した環境として人気。古くから豊かな森林と人々との共生によって、暮らしや文化・歴史、 産業が育まれてきたことを背景に、2005年4月1日に「森林文化都市」を宣言し、 自然と都市機能が調和した、暮らしやすいまちづくりに取り組んでいる。都心から一番近い森林文化都市は、 遊びも暮らしも生き生きとした魅力にあふれている。
https://www.city.hanno.lg.jp/

公式サイト・公式SNS
「メッツァ」公式サイト                               :  https://metsa-hanno.com/
「メッツァ」公式Facebook                       :  https://www.facebook.com/metsavillage/
「メッツァ」公式Twitter                             :  https://twitter.com/Metsa_Official
「メッツァビレッジ」公式Instagram           : @metsavillage
「ムーミンバレーパーク」公式Instagram  : @moominvalleypark
「ムーミンバレーパーク」公式Facebook     :  https://www.facebook.com/moominvalleypark/

veggy的台湾ガイド ~台湾を日常に/台湾が日常に?~

1回 「60日に一度、台湾に滞在するということ」

<プロフィール>

大崎暢平

veggy副編集長

1977年、兵庫県生まれ。関西大学社会学部卒業後、『関西ウォーカー』の編集に従事。2008年にキラジェンヌ株式会社に入社。「veggy」の編集業務のかたわら、トークショーやイベントの司会者としても活躍。写真のポージングはプロインタビュアーの吉田豪氏リスペクト。民家に忍び込んで撮影したものではなく、台北にある出版社を尋ねた時のもの。

<イントロダクション>

大家好!

「veggy ONLINE」をご覧の皆さま、はじめまして!

『隔月台湾プロジェクト』が5年目に突入してしまったveggy副編集長の大崎暢平と申します。

“なんじゃそりゃ?”

そんな反応は至極ごもっとも。ですが、それはもう読んで字のごとくのこのプロジェクト。振り返れば2014年が幕を明けた年初に「奇数月には必ず台湾に滞在する」というとてつもなくざっくりした目標を立て、実行すること年6回。それを4年に渡ってやってきて、ついに5年目に入ったというだけの話です。どこにでもありふれた話です、はい。

……。嘘をつきました。こんなバカなことをやっている人は僕以外に聞いたことありません(むしろ同胞がいるなら名乗り出てほしい!)。喜びと苦労を誰かと分かち合うこともできない、とてつもなく孤独なプロジェクトです。

(筆者注:こんな風に書き出したものの、雑誌三つの締切が連続してしまったことで、この偉大なる記録は4年と9ヶ月で途絶えてしまうことに。またゼロからのリスタートです)

<かつての台湾観光の真実>

2009年9月、本誌7号で実施した台湾素食取材で初めて訪れた台湾での体験は、僕の人生を確実に変えてしまいました。その時の模様は「ベジ旅 台湾」という16ページの小冊子に結実し、さらに雑誌企画による台湾素食ツアーも実施。実は、それが日本初の台湾素食をテーマにしたものとなりました。

今からは想像もつかないかもしれませんが、「台湾へ旅行する」という選択は、当時の日本人にとってそれほど優先順位が高いものではありませんでした。日本人の旅行先ランキングでは7位前後を推移し、台湾政府が「どうにかもっと台湾に来てくれる日本人を増やすことができないものか」と頭を捻らせていたくらいです。それが今やタイとの3位争いを常に続けているのですから(1位は韓国、2位はハワイ。これは不動の2トップ)。

だからこそ、僕たちは「台湾には世界に誇る素食文化があるじゃないですか! それを特集すべきですし、それを食べるツアーを組んだら喜んでもらえるはずです。台北は間違いなく世界に誇るアジアでナンバー1のベジタリアンシティです」と熱弁したものでした(この時点で台湾に行ったことはおろか、飛行機にすら乗ったことがなかったのに、どの口が言うって感じですが……)。

「そうなんですか? 小籠包とかの方が日本人には喜ばれるのではないですか?」

「いや、僕たちはベジタリアン雑誌ですから、小籠包は無理なんです・苦笑」

「でも、あまりにもローカルすぎて、素食を日本人の方が喜んでいただけるなんて、想像もできないですよ……」

「日本各地でベジタリアンレストランが増えてきた今こそ、台湾素食という唯一無二の食文化の素晴らしさをアピールするべきなんです!」

そんなやり取りをしたことを、今でも鮮明に記憶しています。当時の台湾における日本人の観光は、主要な名所旧跡以外では、小籠包や足裏マッサージやSPA、占い等をメイン訴求にしていました。かの九份に行っても、ほとんど人がいなかったのですから。そんなこと信じられます? そして時代は変わり、あれだけ難色を示された素食店も、どのガイドブックを読んでも必ず掲載されています。そして、何よりも海外の流れを汲んだヴィーガンレストランの充実度は、まさにアジア随一であると断言できるのです。

こちらが2009年に制作した小冊子「ベジ旅 台湾」と、東日本大震災における台湾からの多大なる義捐金を受け、感謝の意味合いも込めて作られたその続編「ベジ旅  台南&高雄」。どちらも今では入手困難。ちなみに、最初の小冊子ではこの小冊子の内容が味わえる「台湾素食ツアー」も実施しました。大崎はツアーガイドとして参加。

<台湾を日常にするということ>

僕自身も、初台湾からの約10年間で、かの地を訪れた回数はのべにして37回にのぼります(2018年11月現在)。これは、好きやマニアを自称するには十分なくらいで、人に何かを伝えることができるだけの情報量を持つくらいにはなる回数だとは思います。

そんなわけで、この連載は、veggy副編集長の大崎が、台湾を愛する理由やガイドブックにもあまり載らないことや、ベジタリアン&オーガニックなレコメンドショップを気ままに書き綴るものであり、これを読んだ方が一人でも台湾に興味を抱いてくれて、あまつさえかの地を訪れてくれたらいいなと思い描くものなのです。さらに、一度行ったことがある人がリピート計画を立ててくれたら、僕のミッションはコンプリート。

1年間の滞在日数は、すでに「台湾>実家」となって久しく、トータルすると年間1ヶ月以上は台湾に滞在していることになります(数えてみたら昨年の滞在日数は36日間でした)。あまりにも台湾に行き過ぎることから社内で疑惑の目を持たれてしまったこともあり、最近は“いやぁ、実は祖父が台湾人なんですよ。だから里帰りみたいなもんです。大のおじいちゃん子だったんで、僕(笑)”と平然と嘘をついています。死人に口なしを言いことに、家系図を勝手に書き換えてしまったのだけれど、言霊って不思議なもので、台湾を訪れるたびに「実家に帰ってきたなぁ」という気分になるのです。そして東京にいる時間は、省エネモードに切り替えて極力やり過ごすという生き方を実践中。

連載タイトルは「台湾を日常に/台湾が日常に?」。多くの人は海外への旅について、非日常を感じるために行くのかもしれませんが、僕は日常を求めて足を運んでいます。つまり、東京での生活をそっくりそのまま向こうで行うということ。本屋や美術館へ行ったり、映画を観たり、ライブを観たり、服を買ったり、散歩したり、図書館で原稿を書いたり、そんな毎日を過ごしています。

ちなみにコンプレックスは、37回も行っている癖して、中国語がまだ話せないということです。

こんな僕ですが、皆さんよろしくお願いいたします。

請多多指教!

9月の滞在時は、台中へ足を伸ばして、台湾プロ野球を観戦してきました。場所は台中洲際国際棒球場(インターコンチネンタル野球場)。見事なボールパークです。数多ある台湾のガイドブックの中でも一度も紹介されたことがない(断言)、台湾プロ野球を地元のサポーターたちとゆるく観戦って、本当にオススメです。日本人も誰もいないしね。この話はまた別の回にでも。

種を知る旅〜Seeds of Life〜インド発!ヴァンダナ・シヴァのオーガニック革命

インド経済を支えるコットン産業の中にも少しずつオーガニックの大きな流れができ、貧しい人々をサポートしたり、伝統工芸を支えるフェアトレードなども少数派ながら点在するインド。そんな今日の流れのキッカケは、マハトマ・ガンディの唱えた非暴力の精神からだったのでした。

Translate »