アメリカのプラントベース肉製造会社Beyond Meat ① ~ファストフードチェーンがこぞって使いだした魅力とは~

Clean Living !!
こんにちは。料理家/Cal Vegan和菓子作家のTerumi Kogaです。上白糖を使用せず、オーガニックや自然由来の食材で作る「Cal Vegan和菓子」を考案し、食を通して和文化を発信しています。

“Clean Living”とは清潔な生活という意味だけでなく、衣食住を通して心身ともにオーガニック、エコ、サスティナブル、ドラッグフリーな生活をめざそう! というヴィーガン達のライフスタイルのことも示しています。

さて、オリンピック開幕が本格的に迫った頃から盛んに叫ばれ始めた、「ヴィーガン」や「グルテンフリー」という言葉。今や聞かない日はないほど。
私の住む南カリフォルニアにはアメリカの2大代替え肉製造・販売業社の一つである、Beyond Meatの本社があります(もうひとつはImpossible Foods社)。
今回は、Beyond Meatの紹介とスタッフへのインタビュー記事を、2回に渡ってご紹介します。


~食品業界の革命~

2009年イーサン・ブラウン氏によって設立されたBeyond Meatは、プラントベースの代替肉を作る食品製造を主としています。2013年にアメリカ全土で商品の販売を開始し、2016年にはプラントベースのハンバーガー・パテの販売も始めました。
Beyond Meatの全ての商品は、大豆、添加物、グルテンがフリー。大豆アレルギーの多いアメリカでは、大豆ミートも敬遠されがちな現状なのです。
大豆ミートに慣れている日本のヴィーガンの方々にとって、Beyond Meatの商品は触感も味も新たな発見があることでしょう。今後、日本でも広まりうる食品だと思います。

もう一つの特徴は、その販売方法。Beyond Meatの商品は、ヴィーガン食品のコーナーにあるわけではなく、スーパーの極普通の精肉コーナーに置いてあるんです。これはBeyond Meatのこだわりの一つと言っていいのではないでしょうか。

現在Beyond Meatは、前述のハンバーガー・パテの他、ビーフ挽肉、ビーフあら挽き肉、ソーセージ(オリジナルとホットイタリアン風味)を製造販売しています。冷凍食品に至っては、鶏胸肉や牛ミートソース、タコス用の牛ひき肉などバラエティーに富んでいます。これらの全てがヴィーガンやベジタリアンが行く特別なスーパーマーケットではなく、私の住む南カリフォルニアの近所のスーパーで手に入るのです!


ご存知のようにアメリカ人はBBQ大好き! 毎日BBQなんていうお宅も珍しくありません。これ、冗談かと思われると思いますがホントの話。
プラントベースの肉をグリルで焼く。10年前には考えられなかったことでしょう。それに男子がBBQピットの前でトング片手に料理している姿ってカッコいい!! そう思いませんか?(笑)

 

~ファストフードとBeyond Meat社~


現在、Beyond Meatが提携しているファストフードチェーン店は、ダンキンドーナツ、デルタコ、A&W、カールスジュニア、ベジーグリル、TGI FRIDAYS。そして、つい最近KFCも「ケンタッキー・フライド・ミラクルチキン」としてBeyond Meatの製品を使った新商品を発売開始。さらにはマクドナルドまでもが、Beyond Meatのパテで試験販売を開始したのです。
創業者のイーサン・ブラウン氏は“マクドナルドでプラントベースのバーガーが買えるようになることは、長年の夢だった”とコメントしています。

 

~ファストフードがプラントベースに注目する訳~


何故ファストフード店がプラントベースに注目するのでしょうか?

私がアメリカに渡った28年前と比べると、西部や東海岸の人々の食に関する意識は相当変わったと思っています。しかし、それはまだ一部の州都に限っているのかも知れません。未だに食を要因とする子供の肥満率や糖尿病などの問題も深刻です。そしてこれらの問題は、低所得者(なんとサンフランシスコでは、所得1,700万円以下は低所得とされています)の家で起こりやすい傾向があります。価格が安く、手軽に買えるファストフードは低所得家族の主食となっていることが多いからです。

ファストフード=不健康、肥満、成人病などのイメージはなかなか払拭されるものではありません。そんな中、Beyond Meatは、ファストフードの不健康なイメージに光を与え、この先のアメリカ国民の食生活を一気に変えるぐらいの革命を起こしたのではないか? と大げさではなくそう感じるのです。食生活に制限のある人でも、ファストフードで食べることができる! ヴィーガンやベジタリアンと、そうでない人々が、ファストフード店で食を共にできるということを叶えたのです。

Beyond Meatは、同じくプラントベースの肉を製造、開発しているImpossible Food同様、ビル・ゲイツやレオナルド・デカプリオなど多くのセレブリティや実業家に投資を受けています。


そんな波にのるBeyond Meatですが、アメリカで知名度を得られるようになるまでに
は、10年という年月がかかりました。これからは、これまでよりずっと加速しながら、世界中の人々に影響を与えて行くのでないでしょうか。

今回はアメリカの代替肉製造&販売社・Beyond Meatとは? をご紹介しました。
次回はインタビュー記事です。スタッフの声をお楽しみに!!

*Beyond Meat https://www.beyondmeat.com/

Terumi Koga
料理家/Cal Vegan和菓子作家。カリフォルニアを拠点に料理教室、レシピ開発など幅広く活動。ヴィーガンで身体に優しい和菓子、Cal Vegan和菓子(2019年商品登録取得)はスーパーフードなどを使用した和洋のエッセンスが楽しい菓子である。
料理、和菓子を通して海外に和文化を発信している。Clean Living !!
http://www.terumikoga.com/

2019年のスタートは1月27日(日)開催 【veggy New Year Festa(ニューイヤーフェスタ)】へGO!

2019年のスタートは1月27日(日)開催
【veggy New Year Festa(ニューイヤーフェスタ)】で決まり!

2018年6月10日に開催した
「veggy 10th Anniversary Festival」が大好評のうちに幕を閉じてから半年。

veggy がおくるフェスティバル第2弾の開催が決定しました!

その名も「eat,drink&veggy New Year Festa」😋 会場を「新宿アイランド アクアプラザ」に移し🏃

*会場は、新宿駅からほど近い新宿アイランドタワーの地下1階にある『アクアプラザ』。

2019年が良い年になるように皆さんとお祝いします🥂 前回同様、#ビーガングルメ祭り も同時開催!
小腹が空いた〜!と立ち寄って下さるだけでも大歓迎ですよ〜🍭🥧🍩11月or1月号veggyについてくるチケットを切り取ってご持参いただければ、入場料はフリー!

前回のイベント会場より倍近く広い会場には、
Veggy誌面でもお馴染みの商品(会社)が35店舗が出店参加!

ビーガングルメ祭りも同時開催で
美味しいベジタリアンミール(ヴィーガンミール)が会場内で楽しめます!

そのほか、健康美容意識の高い著名人、健康啓蒙家によるトークイベントもあり!

クリスタルボウルやバイオリンなどによる、チルアウトで心地よいヒーリングミュージックのライブもありますよ♬

ベジィ&ピースフルな新年を
みんなでお祝いしましょう!

ぜひ、皆さんお越しくださいね!

〔会場情報〕
新宿アイランド内 アクアプラザ
東京都新宿区西新宿6-5-1 地下1階
http://www.shinjuku-i-land.com/aqua_plaza.html

〔アクセス〕
東京メトロ丸ノ内線西新宿駅C10出口直結

〔出演者情報〕

豪華ゲストが駆けつけてくださいます🤩

#長谷川理恵 さん (タレント&ヴィーガン・パティシエ)
#吉村リナ さん(モデル・タレント)

#noma さん (モデル)
#勝田小百合 さん(アムリターラ代表)
#増川いづみ さん(栄養学・バイオ電子工学博士)

スペシャルライブ

SOUND8(今井弦一郎)

出店者情報も随時アップしますのでお見逃しなく!😉 Happy vegitalian life!

拡散も大歓迎です!😊
一緒に盛り上げ宜しくお願いします🤗
#ベジィ #2019年#新年 #ホリスティック #ホメオパシー # スーパーフード #ヴィーガン #ビーガン #ローフード #マクロビオティック #チョコレート #veggy #vegan #vegetarian #organic #natural #ethical#fairtrade #happyvegetarianlife #新宿 #アイランド #アクアプラザ#festival #tokyo

白鳥哲監督最新作 映画『蘇生Ⅱ~愛と微生物~』が今夏公開予定!!

常に時代の先を見据え、数々の感動作を世に送り出してきた白鳥哲監督の最新作『蘇生Ⅱ~愛と微生物~』が今年の夏に公開されます。

2015年に公開された『蘇生』は、地球蘇生への道筋を描いたドキュメンタリー。福島第一原発事故を皮切りに広がり続ける地球汚染の解決の糸口として、“有用微生物群”に注目した本作は、6ヶ国語に翻訳され、国内外で上映されてきました。作中には琉球大学名誉教授・比嘉照夫農学博士をはじめとする数々の研究者・著名人が出演し、微生物の未知なる可能性について言及しています。比嘉博士の回想シーンでは、微生物の力が科学的に証明できるようになるまでの困難な道程もリアルに描かれています。

 

続編となる『蘇生Ⅱ』は、果たしてどんな内容になっているのでしょうか?11月都内で行われた撮影現場に足を運び、出演者の前田耕陽さんと中村繁之さん、白鳥監督にインタビューをさせていただきました。

(取材・文/酒井悠)

 

 

前田耕陽さん

 

——前作では比嘉先生が微生物の力を世の中に広めるまでの過程を演じていらっしゃいました。

 

「自分の追い求めているもののために、身体を壊してまでもひたむきに研究し続ける姿勢、農薬中毒になり身体に激痛が走って動かないような状態になってしまってもなおやり続けるところは、本当にすごいなと思いました。その先には、皆の幸せがあって……っていう話になるわけですから。」

 

——特定の誰かのためというより、地球のため、人類のためという壮大な想いがあったからこそできたのかもしれないですね。

 

「そうだと思います。自らの研究によって、あんなにも汚染された土壌を蘇らせることができるって、とてつもないことですよね。でもまだこのことがあまり知られていないというのは、僕的にはちょっと残念だなと思います。『蘇生』という映画を通してもっと多くの人に微生物の力を知っていただきたいですね。」

 

 

中村繁之さん

 

——中村さんは今作からのご出演ですが、この作品に対してどのような印象を持たれましたか?

 

「僕らが演じている実在の人物は、立ち入り禁止区域に足を踏み入れて命がけで街や人々を救おうとしているわけですが、自分がもしその立場になったら果たしてその勇気と覚悟を持てるのか? というのは台本を見たとき強く感じました。でも、持たないとできないことで。ならばお芝居ではあるけど、その覚悟を持ってやらなければと。」

 

——命がけ、かつ孤独との闘いでもありますよね。

 

「撮影現場にはカメラがあってスタッフさんもたくさんいますが、実際は1人か2人、周りには何もなく、東京ドーム二つ分の土地に微生物を撒き続けるわけですよ。これはものすごい精神力です。そんな浮世離れした状況で、“絶対に大丈夫だ”と、信じるしかなかったんでしょうね。できるだけそういった精神状態を感じながら演じるよう心がけています。」

 

 

白鳥哲監督

 

——今回『蘇生Ⅱ』を制作することは3年前から考えていらっしゃったのですか?

 

「実は、映画という形では考えていませんでした。『蘇生』を制作するにあたり、原発事故直後から微生物を使ってボランティア活動をしている人たちを取材したわけですが、彼らのそうした活動をもっと伝えなくちゃいけないと思ってその後も取材をし続けたというのが大きなきっかけです。そしてその中で、微生物の力というのがますますわかってきたんですね。放射能をエネルギー源に変え、生き物たちも豊富になる。汚染が酷かった区域にモリアオガエルや鳥たちが還ってきて、当然そこには放射能がなくなるという現象が起きている。これは大きな希望だと思ったし、世の中に伝えなくちゃいけないということで、『蘇生Ⅱ』という映画になったんです。」

 

——なるほど。今作では、地球環境とスピリチュアリティとの関係に踏み込んで語られているとお聞きしました。

 

「私は『蘇生』の前に『祈り~サムシンググレートとの対話~』という作品も作ったのですが、そのときのお客さんの中には『蘇生』の観客にならなかった方もいらっしゃいました。スピリチュアルな意識を持つことと、地球環境の問題についての関心が直接結びつかない方もいらっしゃるのですが、この2つは実はすごく関係しています。小さな微生物たちに対して愛の想いで接すると、とても良い発酵をして環境を浄化させ、地球全体によい影響を与えてくれます。逆に“微生物なんて……”と分離意識を持ってしまうと、発酵はうまくいかないんですよ。

それから、この7年間福島でボランティアをし続けてくださっている方たちは、見返りを求めない精神を持っている。これはまさしく愛の気持ちですよね。愛の気持ちで人や生き物、地球と接することが、これからの地球を良い方向に導くカギとなります。

 

——『蘇生』にあまり馴染めなかった方にも、是非見ていただきたいですね。

 

「そうですね。スピリチュアルというとどうしてもファンタジックな印象を与えがちですが、“意識”というものが、地球環境をはじめとする“現実”にこんなにも影響しているということが、『蘇生Ⅱ』を見ていただくとよくわかると思います。」

 

——数々の素晴らしい作品を作られてきた監督ですが、最後に今後のビジョンを教えてください。

 

「私はやっぱり地球が好きなので、地球を救っていけるような作品作りをもっとしていきたいと思っています。こんなに生き物たちが豊富にいて、美しい海と空があって……宇宙から見たら本当に青く輝く星ですよ。この星を守ることが地球に生きる一人ひとりの使命であり、責任だと思うんです。その責任を、映画というものを通して私なりに果たすために、常に“今必要なテーマは何なのか?”という視点を持つようにしています。ジャンルとしてはとても幅が広いので、今も同時進行で4つほど話を進めていて。それが実際に映画になるかどうかかは、今後の世相で決まっていくという感じなんですね。

地球を救うというのは、私たち一人ひとりが健康であること、健全な心・意識であることが大前提ですから、ベジィさんが推奨しているよう食生活もとても大切ですよね。身体・心・魂が全体として健全な方向に向かっていけるような作品をこれからも作りたいと思っています。」

映画について詳しくはコチラ

ベスト・ヴィーガンアイス&パフェ in Japan Vol.3

Let’s eat out today!今日はどこへ行く?

ヴィーガンやベジタリアンの人々はもちろん、
ダイエット中の方でもOKな罪悪感のないアイスクリーム!
さらに乳製品アレルギーが心配なお子様にも安心・安全! 
ヘルシーでからだにやさしく、とびきり美味しい!! 
そして心もしっかり・ちゃっかり満たしてくれる、
ピースフルなヴィーガンアイス&パフェのあるお店を
全国各地からveggy編集部がセレクトしました!

スリランカに伝わるブッダの教え、幸せな心の育て方

お釈迦様の教えが純粋に受け継がれてきたスリランカの仏教。それはいつの時代もどんな人の心にも役立つ、実践的な教えです。感情に振りまわされず、真の豊かな心を持って生きていくために、私たちに必要なことは何なのか。数々の著作をもつスリランカ出身の僧侶・スマナサーラ長老のもとを訪れ、お話を伺いました。

ベスト・ヴィーガンアイス&パフェ in Japan Vol.1

Let’s eat out today!今日はどこへ行く?

ヴィーガンやベジタリアンの人々はもちろん、
ダイエット中の方でもOKな罪悪感のないアイスクリーム!
さらに乳製品アレルギーが心配なお子様にも安心・安全! 
ヘルシーでからだにやさしく、とびきり美味しい!! 
そして心もしっかり・ちゃっかり満たしてくれる、
ピースフルなヴィーガンアイス&パフェのあるお店を
全国各地からveggy編集部がセレクトしました!

種を知る旅〜Seeds of Life〜インド発!ヴァンダナ・シヴァのオーガニック革命

インド経済を支えるコットン産業の中にも少しずつオーガニックの大きな流れができ、貧しい人々をサポートしたり、伝統工芸を支えるフェアトレードなども少数派ながら点在するインド。そんな今日の流れのキッカケは、マハトマ・ガンディの唱えた非暴力の精神からだったのでした。

Jamie’s Food Revolution イギリス発!ジェイミーオリヴァーの食革命 Vol.3

写真/David Loftus  取材/デルガド智子 雑誌「veggy(ベジィ)」 Vol.53 掲載

*ジェイミー・オリバー(Jamie Oliver)*

1975年、イギリス・エセックス生まれ。伝統的なイギリス料理を得意とする。数々のテレビ料理番組に出演し一躍イギリスの有名シェフの一人となる。ベストセラーのレシピ本も多数。2003年にはイギリス女王陛下より飲食産業における功績を認められ大英帝国勲章MBEを受賞。2005年よりイギリス国内の学校給食改善キャンペーンに取り組んでおり、大きな成果をあげている。2012年には「子ども達に食の教育を(原題:Teach every chaild about food)」と題した講演でTED Prizeを受賞。

 

砂糖税導入キャンペーン活動を通して

これまで行ってきた砂糖税導入に対する活動で一番大切なことは、税制導入そのものよりも、この活動を通して訴えかけるメッセージだというジェイミー。「気づきが大切だ。自分の子供たちがどのようなものを食べ、どれだけの砂糖を不健康に摂取しているのか、気がつくように目を向けさせることが重要なんだ」と語る。

Jamie’s Food Revolution イギリス発!ジェイミーオリヴァーの食革命 Vol.2

写真/David Loftus  取材/デルガド智子 雑誌「veggy(ベジィ)」 Vol.53 掲載

*ジェイミー・オリバー(Jamie Oliver)*

1975年、イギリス・エセックス生まれ。伝統的なイギリス料理を得意とする。数々のテレビ料理番組に出演し一躍イギリスの有名シェフの一人となる。ベストセラーのレシピ本も多数。2003年にはイギリス女王陛下より飲食産業における功績を認められ大英帝国勲章MBEを受賞。2005年よりイギリス国内の学校給食改善キャンペーンに取り組んでおり、大きな成果をあげている。2012年には「子ども達に食の教育を(原題:Teach every chaild about food)」と題した講演でTED Prizeを受賞。

 

砂糖税導入までの道のり

 学校給食が随分改善されてきたとはいえ、イギリスの子供たちの肥満問題、過体重はいまだに増加の一途を辿っている。そんな中、子供たちの将来の健康を憂い、解決策の一案としてジェイミーが導入を強く訴えるようになったのが砂糖税だ。シュガー・ラッシュの放映以降、砂糖の過剰摂取の状況がどれほど深刻なのかをより理解できたことから、早急な解決案や具体策が必要だと強く感じたという。

Jamie’s Food Revolution イギリス発!ジェイミーオリヴァーの食革命 Vol.1

写真/David Loftus  取材/デルガド智子 雑誌「veggy(ベジィ)」 Vol.53 掲載

*ジェイミー・オリバー(Jamie Oliver)*

1975年、イギリス・エセックス生まれ。伝統的なイギリス料理を得意とする。数々のテレビ料理番組に出演し一躍イギリスの有名シェフの一人となる。ベストセラーのレシピ本も多数。2003年にはイギリス女王陛下より飲食産業における功績を認められ大英帝国勲章MBEを受賞。2005年よりイギリス国内の学校給食改善キャンペーンに取り組んでおり、大きな成果をあげている。2012年には「子ども達に食の教育を(原題:Teach every chaild about food)」と題した講演でTED Prizeを受賞。

 

日本でも絶大なファンが多いイギリスの人気シェフ、ジェイミー・オリバー。近年は爆発的ブームのスーパーフードをテーマにしたレシピ本や子育て世代のファミリー層へ向けたレシピ本、子供への食育レッスンなど、新たな活動にも精力的に取り組んでいます。今回はそんな昔と変わらずエネルギッシュで健康的なジェイミーの活動の主軸でもある、フードレボリューション&食育についてお話を伺いました。

veggy vol.61 甘くて優しいお菓子に夢中

veggy vol.61

最新号の雑誌「veggy(ベジィ)」の特集は、世界中で大人気のヴィーガン・スウィーツ! 甘くておいしいのに、食べるほど体にいいやつやカラダに優しいデザートをたくさん集めました。ベジィが選ぶヘルシー・カフェやショップのオススメ・ヴィーガン・スウィーツ、さらにお家で簡単にできるレシピやオススメ食材など、ベジタリアンでない人々でもしっかり楽しめる健康的なsweets情報満載です。

 

■Features

12 甘くて優しいお菓子に夢中

14 “ヴィーガン・パティシエ”
長谷川理恵の甘い生活

20 ヘルシーカフェの最強スウィーツ

26 魔法のお菓子をお取り寄せ

34 手作りでちょっと贅沢なひと時を!
おいしいヴィーガン焼き菓子の基本
/NAOYA

48 手作りでちょっと贅沢なひと時を!
焼かないヴィーガン・スウィーツと
ローチョコレート&ヘルシーなグラノーラ
/宮本真理子
58 勝田小百合氏インタビュー
糖化を知ることで「焦げ」から体を守る
アクティブな抗糖化をはじめよう

■Beauty, Health, Trip, and more……

62 “Miso”が開いた新しい扉
世界が絶賛する「味噌スウィーツ」

64 「羅漢果」から生まれた甘味料「ラカントS」
ギルトフリーなローカーボスウィーツ

66 糖質を“中和”する!
陽性×碱性の食事法「千坂メソッド」

68 北海道産かぼちゃをお茶で味わう 本格“かぼ茶”

71 オルタナティブミルク最前線
アーモンド特集

72 吉良編集長が現地レポート!
カリフォルニア・アーモンド紀行

74 「濃いアーモンドミルク」で味わう 絶品低糖質スウィーツ

76 有機農家の声 vol.6
アーモンド農家「リッキーランド」

77 食器洗い機「AQUA」が家族のくつろぎ時間をつくる

78 私を変えてくれた「美容食学A級・S級講座」

82 カラダを芯から温め、冷え性に別れを告げる
「ファストザイム エナジー」のチカラ

84 発酵美学から生まれたお茶
「美貌茶」は寒い季節の本命TEA

78 カラダ・ココロ すっきり! あたらしい自分になる「ミネラル・ファスティング」

88 プラントベースド・ホールフード「クロレラ」の可能性

91 美と健康のメディアサイト「HACCOBE(発酵美)」

92 ALISHAN ORGANIC LIFE TIMES NOVEMBER 2018

102 ナチュラルコスメブランド「veggy Beauty」
美のプロフェッショナルが絶賛する化粧水

104 ホームケアでキレイを再現
サロン帰りのような仕上がり叶える逸品

108 アーユルヴェーダ5000年の叡智がもたらすヘアケア革命
「アユール ヘアリペアオイル」

110 LET’S EAT OUT TODAY!! 北海道編

112 ヘルシー志向のあなたへおくる 「コーヒー」×「ココナッツ」の新提案

114 原宿のアート×お好み焼き店「さくら亭」で味わう
ジャパニーズ・スーパーフード『筑後産クロレラ』

116 TOKYO2020 veggy Action 第4回
管理栄養士が提供する“菜食”のあり方 東京衛生病院

118 パーティーシーンにも最適な「森修焼」の食器シリーズ

120 『種は誰のものか』出版記念対談 岡本よりたか×野口勲

125 INFORMATION

137 BOOK

■Regulars

7 GO! VEGGY GO! ロンドン/韓国/日本

100 ハーバリストはははるなのハーブ漫画エッセイ 見たり・聞いたり・試したり Vol.3

124 Rina’s healthy&yogi life Vol.4

126 熊谷真実のホリスティック・ビューティー・ライフ 第15回

130 世界のヴィーガンブロガー&インスタグラマー 第7回

132 「Sayuri healing foodカフェ」通信 Vol.12

134 カヒミ カリィのベジタリズモ Vol.54

136 ギルトフリーの小宇宙  第3回

138 マクロビマウスの日本ベジカフェガイド vol.27
Maron’s Room 教えて! マロンさん!! Vol.3

140 ホリスティック・スペシャリストインタビュー vol.3

142 現役大学生に聞く! エシカル・ヴィーガン事情 from Germany Vol.5

143 サウンドヒーリングの旅 新連載 Vol.1

144 絵本とめぐる“食”の世界 新連載 第1回

ご購入はこちらから
▷▷  veggy vol.61
▷▷  Amazon

Translate »